上辺だけのsummer

「その口内炎は奇怪なものか!!?」

人間は口々にそう言った

俺の心を見透かしそう言った


「あ~、便利な掃除機も買っていいのかい?」

ここまでが去年の話だ


時は幾億もの人の心を乗せて流れていく
そう、決して掴むことのできない光のように
おさかなさんのように


「これが原価150円!?これが原価150円!?これが原価150円!?これが原価150円!?これが原価150円!?これが原価150円!?これが原価150円!?これが原価150円!?これが原価150円!?これが原価150円!?これが原価150円!?これが原価150円!?これが原価150円!?これが原価150円!?これが原価150円!?これが原価150円!?」

狂ってしまった彼はよく熟れたトマトを指差しそう言った。
彼はいつもよく熟れたトマトを原価150円と決め付けてしまう
旅人故に


あなたは今すぐ次の言葉を唱えるでしょう

シニア向けビジネス
AD

タイトル

テーマ:
今日から12月ですね
いやー参った参った-っつって


今日「超怖い話ガム」
っていうのもらったんですけど

超怖いなあって
フフ


僕が好きな四季のうち二つは日本の四季なんですよねw
まあ


あ、あと今日から普通のブログとしても使うんでwお父さんによろしく伝えといてくださいw

っつって

いやー口内炎いてえなあー

っつって



AD

人間

「おい人間」

黄色い声でカマキリは言った。


それはさておき

「人は死んだらどこへ行くのだろう」
とか
「人は何のために生きるのだろう」
とか

そんなことを通販で買ったまだ新しい木魚を土鍋で茹でながらあなたは言ったね。
今も覚えてる。

「ワニ、キャベツ、ワニ」
あなたはそう言い放ち家を出た。



劇的な進化を遂げた人間と、その行く末を永遠とも言える時の中で見守る私、カマキリ。




WERNER MYCAL CINEMAS




映画館







AD

泡沫

魂を燃やせ
心を燃やせ
悲しみは力に変えろ
有限の時を超えろ
したたかなる心はやがてあなたに勇気をくれる
力に盲目になった者は滅びる

あなたが飼っているイグアナたちが口々に私にそう言ったね
あなたはもう覚えていない・・
ずば抜けて記憶力が乏しかったから

あなたは言った
「人ってさ、海草と同じだよね」

なんで?と私は問いかける

あなたは最後まで教えてくれなかったね
あの時のことまだ怒ってます

母より


世界は美しい。

って言っておけばちょっと詩的でそれっぽい。


本音
俺のポエムが震えているのは誰もが知っている。

震えを知らないポエムは悲しみとともに闇の黙示録へと召されるであろう。

柔道の王様は言う。

「言葉が言葉を生み、やがてそれは一つの物語(サーガ)となる。」


俺はそのもれを太陽の眼(スターライト・フォース・スターライト・フォース)と称し

踏んだり、叩きつけたりした。太陽の眼(スターライト・フォース・スターライト・フォース)と称した所以か


それとも心の行く末か?

not

それはNOだね。




「土瓶蒸し土瓶蒸し」


俺の母が誕生日にくれた言葉だ。

その言葉を胸にこれからも偉大なるポエムを書いていきたいと思う。偉大でひと欠片の闇もない、どこまでもまっさらで、神々しさを帯びていて、それでいてどこかノスタルジーも感じさせる、どこか懐かしくて、儚い、人々の心に残り続け、永遠に語り継がれるのは確実とも言える、ポエムのみで年収1000万円ほど稼いでいそうな、そんな俺の俺による、富と名誉をすべて手にしたような、そんな俺のポエムをまた書いていこうと思う


みんな、今日は来てくれてありがとう。
最後に



CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.





Amebaの
下のほうに書いてあった英語。