帰国

テーマ:

タイより帰国しました。

バンコクで友人と会い、

旧交を温めつつ彼の地の事情を探り、

その後、プーケットに移動して

ゆるりと楽しみました。

 

タイは飛行機で六時間ちょっとの距離ですし、

日本との時差はわずか二時間ですので、

日常に復帰するまでそれほど時間がかからないのが

ありがたいです。

 

とはいえ、今日は雪が降るほど寒く、

気温の差があまりに激しくて、

難儀しました。

 

プーケットの緯度は7度で、

実はハワイよりも赤道に近く、

一年中温かいそうです。

 

冬の間はできれば

南の島で過ごしたいなあ、

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

タイ取材

テーマ:
タイに取材旅行に行ってきます。

しばらく電話はつながらなくなりますが、
メール等はつながりますので、
ご用の際はそちらにお願いします。

最高気温は30度らしいです。
しばし寒さから逃れられるのは、
ありがたいなー、と思います。

大塩
AD

ヴァルハイトライジング

テーマ:
バンダイナムコさんが手掛けられた
「ヴァルハイトライジング」という
スマホゲームを
ちょこちょこプレイしている。

国産のスマホゲームを
プレイするなんて
パズドラ以来だ。

りんかい線の中吊り広告に
表示されていた
キャッチコピーが引っ掛かり、
ダウンロードしてみる気になった。

コピーの内容はうろ覚えだが、
「最近のゲームは日本の
古き良きRPGの伝統を
忘れていないか」
とかなんとか、
まあそんな感じの内容だった。

俺は80年代前半の生まれだけど、
俺と同じか、少し上ぐらいの
世代が、日本の古き良きRPGを
もっとも楽しんだ層ではないかと思う。
ドラゴンクエスト5、
ファイナルファンタジー7、
クロノトリガー、ペルソナ、
幻想水滸伝、ワイルドアームズ……
いわゆるJRPG の黄金期に
少年時代を過ごしたのだから。

俺はファミコンを買ってもらえなかった
側の人間なので、
ゲームをやり始めた時期は遅いが、
それでもRPGには少なからず
思い入れがある。

そんな訳で、
先だってのキャッチコピーが
気になってしまった。

ヴァルハイトライジングは、
スマホゲームには珍しく、
作り込まれた世界観がある。

グラフィックも、
今時手のかかるドット絵を採用しており、
どことなく温かみを感じる。

あと、雰囲気が全体的に
田舎っぽい。

この「田舎っぽさ」は
実はJRPGのキモだったりする。
昔のゲームはとにかく、
村を旅して回るものだった。
街ではダメで、村じゃなきゃいけない。
村のタンスを漁り、
世間話から情報を得て、
夜はパブに繰り出す…。
そんな田舎っぽさが、
デジタルなキャラクターたちに
息吹を与えていたのだ。

現代では、こうした田舎っぽさは
もはや貴重なので、
積極的に応援していこうと思う。









AD

なんだかすっかり告知ブログと化してしまいましたが。

 

明日26日、漫画「オーバーロード」第五巻が発売されます。

 

本巻より、アニメ版では語られなかったリザードマン編に

いよいよ突入いたします!

 

また、皆さまのご愛顧のおかげで、年末に

ドラマCD&スペシャル手帳付きの

第六巻特装版を発売させていただくこととなりました!

 

こちら、本当にスペシャルな仕様となりますので、

どうかご期待くださればと思います。

 

引き続き、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

いよいよ配信されましたね。
ポケモンGO。

俺はいわゆるポケモン世代から
ちょっとずれているので、
正直それほど愛着はないのですが、
試しにダウンロードしてみたら、
世界中で愛されている理由が良く分かりました。

目の前にある風景が、
アプリを通して見ると、
まったく違って見えてくるんですよ。

異世界感とでも言えばいいんでしょうか。
現実のすぐ隣の世界で、
生態系の異なる生物が本当に生きているんじゃないか。
ゲームをプレイしていると
そんな風に思えてくるんです。

昨日歩きすぎたせいで、
今日は足が痛いです。

それはそれとして、
本日より「Crow's blood」配信開始となります。
また、本日25時30分より
日テレにて第一話がOAされます。

魅力的な俳優さんが多数出演されていますので、
よろしければチェックしてみてください!

http://eiga.com/news/20160710/12/