スポーツの最大の祭典に出場し、

自分を出し切った結果が1番でなくても構わない。


敗者には敗者の美しさがあり、敗者には次の明確な目標ができ、

迷うことなく前を向き進むことができます。



でもスポーツに政治を持ち込むのは困ったものです。

後味の悪さだけが残りますね。

日本が多くのアジア諸国の発展に貢献し、多くの国に感謝されていますが、

逆に恨まれてしまう国があるのも事実です。

それは歴史背景と政治事情による教育によるものなのでしょうか。



愚かな政治家や軍の暴走が引き起こす争いは後が絶えません。

世界一平和な日本は僅かな優れた政治家のリーダーシップにより

日本人特有の勤勉さと優しさで創り上げたものです。



無差別爆撃や原爆を投下され悲惨な敗戦国となったことで、

明日の成すべき事が明らかになり、他国を怨むことなく,潔く敗北を認め、

政治的思惑は別にしても、寧ろ民主化を推進し

戦後の復興に尽力した米国に感謝し、

全員で頑張った日本人だから言えることは

「平和の祭典が365日続きますように」


会長 趣味のブログ

AD