押川雲太朗の万事いいかげん

漫画家 押川雲太朗のブログ。日々の何でもない事や、たまに仕事の告知など、書いていきます


テーマ:

「お別れの話」というブログを残して、

マーザンはこのブログからいなくなってしまいました。


実は、去年の年末からブログを書かなくなってしまいました。


書く余裕がなかったのかもしれません。


それで、「お別れだけは書いてくれ。」と、彼に言ったのです。


それでマーザンのブログは終わりにすることにしました。


少し突然なので、その事情を説明します。


マーザンは韓国人です。


「漫画家になりたい。」という気持ちで、5年ほど前、

何のツテもない日本に一人でやって来ました。


最初は焼肉屋でバイトをしていたのですが、

漫画家になるためには漫画家のアシスタントをする方が

近道であることは彼もわかっていたのでしょう。


たまたまアシスタントを募集していた私のところに応募してきました。


そのときの話は、このブログの最初の方に書いたと思います。


彼は、その後ワーキングホリデーで1年、

日本語学校の学生ビザで2年、計3年日本に滞在し

雲プロで働きました。


ところが、アシスタントは

技術の必要な仕事であると入国管理局に認めてもらえず、

帰国することとなりました。


それから半年ぐらいして、再び日本にやってきた、

ということもこのブログで書きました。


自分の目指す仕事が韓国では見つからなかったのだと思います。


今度はゲーム制作の学校に入って

日本で就職したい、と言うのです。


それじゃあ、ということで雲プロで働く貰うことにしました。


しかし、今度の学校は日本語学校と違い、夕方まで授業があります。


これではマーザンにとって、十分な収入が得られるほど

働くことができないのです。


雲プロの仕事は、毎日働くという仕事ではありません。


作画作業のあるときに集中して働き、

月の半分は休みです。


そこで私は、空いた時間にバイトをした方が良いと伝えました。


生活が成り行かなければ話にならないですし、

今はゲーム業界で働くことを目指す彼にとって、

漫画家のアシスタントをすることは

それほど意味のあることではないと思ったからです。


それでマーザンは、中華料理屋で

学校が終わってから夜までバイトをすることにしました。


そして、土日は休みなので、その日に雲プロで仕事をあれば

働きたいと言ってくれました。


雲プロの仕事は、土日も祭日もありません。


作画作業のあるときには、いつでも仕事をします。


ところがあいにく、土日に仕事がない週が続いたある日、

マーザンに連絡を取ると

「中華料理屋のバイトはやめました。」と言ったのです。


どうやら月~金の中華料理屋のバイトでも

時間が短く、彼の生活を支えることが出来なかったようです。


「それで、今どうしてるの?」と聞くと

「焼肉屋で働いています。」との答え。


深夜までやっている焼肉屋です。


学校が終わった夕方からでも、十分な時間働けます。


土日も休みではありません。


学業にさわるのではないかと心配しましたが、

仕方ありません。


異国で学校へ行き、生活をするということは大変なことなのです。


「頑張れよ。

また状況が変わったら手伝ってもらうよ。」


私はそう言うしかありませんでした。


その頃からブログも欠席するようになりました。


それも彼の状況を考えれば仕方のないことです。


こうして、焼肉屋からやってきた青年は、

焼肉屋に戻って行きました。


人は生まれや育ちが思った以上に影響する存在です。


自分の意思だけではどうにもならないことが多いのが人生です。


それでもいつかマーザンが、自分の思いえがいた人になり

私の前に現れることを願ってやみません。

AD
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。