押川雲太朗の万事いいかげん

漫画家 押川雲太朗のブログ。日々の何でもない事や、たまに仕事の告知など、書いていきます


テーマ:

ちょっと前なら覚えちゃいるが、半年前だとちとわからねえな。

 

なんていわれるまでもなく、

ひと月前にも、なにしていたのかわかりません。

 

ども、村田です。

 

台風なども来たりして、まだ夏だったような気もしますが、

いつのまにか上着が欲しい外出時。

 

いったい夏と秋の区切りはどこになってしまったのでしょうか?

 

誰しもが疑問に思う永遠の命題ですが、

 

ズバリ、いうわよ!

 

「おでんを食べたくなった時」から、秋なのです。

 

白秋を迎えた私にも、季節としての秋がやってきました。

 

「おでん、食べたいな」

 

しかし! です。

お鍋の中から、食べたいものをちょいちょいと好きなだけツツくのが

おでんの、だいご味。

いろいろな具材を炊き込んでおかなければなりません。

いざ、ウチの鍋でおでんを炊くことになれば、

それは、私とおでんとの、どちらかが倒れるまで続く

デスマッチになることは火を見るように明らかです。

 

私がいかにふらふらと暮らしているかは別として、

おでんにはまだまだ負けるわけにはいきません。

 

人間だもの。

 

しかしまた、

でんは急げ、ともいいますので、

秋になったその日から、お鍋がコトコトといい音をたてるようになりました。

 

ちくわに、丸天、はんぺん、ちくわ、ごぼう天。

 

安かったので、ちくわはダブルで入れてしまいました。

 

しばらく続くであろう、おでんとのランデブー、鍋もさみしくなっちゃいけないよな。

 

閉店間際のスーパーに煮込み足す具材を物色しに行った時のことです。

 

魚屋さんから、

「おまけおまけ、おまけだよ~!」

との声が。

 

今度とおまけは出てこないともいいますので、

興味本位でのぞきに行ったところ!

 

「アンコウ鍋セット」が3つで1000円の閉店特売が!!

 

その夜から、ちくわの隣にあんこうの切り身と白ネギがはいることになりました。

 

はたして、これは「おでん」といっても良いのかな。

 

悩みが増えた秋の夜長です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、「ロン」という雀荘で

麻雀プロの梶本琢程さんとサンマをしました。

 
梶本さんは私の作品、「Let's Go なまけもの」を
メールで読んでくれていて、
「こないだの『なまけもの』東天紅やってたでしょ。」
と笑っていました。
 
私の漫画には、たまにサンマも出てきます。
 
サンマを題材にして描いたのは
「根こそぎフランケン」の1巻その3「金なら返せん」
の回だけだと思いますが…。
 
ただし、半荘サンマに関しては、
一度も描いたことが無いように思います。
 
最近は、こっちのサンマの方が
世間に浸透しているようです。
 
ネット麻雀などでも、必ず半荘サンマのコーナーがあります。
 
この麻雀は、関西で広まった麻雀ですが、
最近では、東京にも半荘サンマの店が
ちらほらと出てきているようです。
 
私が描いているサンマは、一局サンマと言われるものです。
 
一局単位で清算が行われ、
トップとかウマとかがないサンマです。
 
梶本さんが言った「東天紅」というのは、
この一局サンマの一つの呼び方です。
 
その昔、「東天紅」という雀荘で行われていたので
この名がつきました。
 
サンマというのは、四麻以上に様々なルールがあります。
 
そこで行われる場所の名前がつくことが多いようです。
 
麻雀大学で行われているから「大学サンマ」、
長門さんのところで行われるから「長門サンマ」などです。
 
そのうち「梶本サンマ」なるものも出現するかもしれません。
 
 
 
ところで、先に書いた「ロン」という雀荘は
現在梶本さんがオーナーです。
 
私が打ったのは平日の昼間でしたが、
まだ卓はあいておりました。
 
ぜひ使ってあげてください。
 
場所は目白通り、飯田橋と九段下の間、
竹書房の隣にあるビルの2階です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ぶる、

 

ぶるぶるっ

 

ブルドッグソーーォス♪

 

コブシをきかせて歌ってごまかそうとしましたが、

白シャツ一枚には風がしみこむ季節になりました。

 

先日、深夜のコンビニのお惣菜冷蔵庫前で、

 

「これかな、いや…違うんだよなぁ」

と、ひとりごちていた作業服姿のおじいさんを見てから、

 

ああ、私もコンビニに買い物に来れるほどの

りっぱな老人になれるのだろうか、

と、思いにふける人生秋色、ども村田です。

 

ひとりで思い悩んでいても仕方がないです。

 

×こうなったら押川さんにたかりに、

 

〇こうなったら押川さんと酒を酌み交わすしかありません。

 

発見したばかりの赤ちょうちんに出撃です。

 

「もう、熱燗の季節だよね」

 

串焼きの店ですが、焼き鳥も食べずに

あっついトックリで、相互お酌です。

 

まさに、

徳利 or 鳥 eat、

トックリ or トリィート

 

と、ハロウィンも近いので季節のネタを混ぜてみました。

 

「我々が飲みだすと際限がないからね」

 

うんうん。

 

「徳利も本数を決めておかないといけない」

 

うんうん、ぐびぐび。

 

「一日、ふたりで5本が適量というものだよ」

 

ぐびぐび、ぐび。

そうだよね。

 

「君は人がしゃべっている間にも飲んでばかりいるね。

 いま、4本目だからね」

 

まあまあ、そういわずに押川さんもどうぞ、

と注ごうとすると徳利からは酒のしずくが

 

ぽたり、ぽたり。

 

あれ?2合徳利とあるのに、

もうなくなってしまった。

 

二人「もしかして!」

 

徳利の中身が!

 

二人「入れ替わってる~~?」

 

おもわず声をあわせてしまいましたが、

そんなことは、あるはずありません。

 

こうなったら、もう一本追加するしかありません(謎風に)

 

「5本目なんだから、大切に飲もう。ぐびり」

 

そうだね。ぐび。

しかし、どこか道端に3億円くらい落ちていないものかねえ。

 

などと、日本の経済を憂いていたところで、

事件は起こりました!

 

なんと、注文したけれどすっかり忘れていた

さつま揚げがテーブルに届いたのです!

 

ほかのツマミはすでにたいらげていたので、

このさつま揚げだけに恥をかかすわけにはいきません。

 

酒とツマミのバランスはとても大事だというのに、

徳利の中身は、残りあとわずか。

そして、一日5本という男の約束も守らねばなりません。

 

ふたりして酔っぱらかっているにもかかわらず、

私のスーパーコンピューターがフル回転しはじめました。

 

すると、そのときでした。

私の真向かいにすわっている男が、

おごそかに、こういったのでした。

 

「これ4本目だから、もう1本頼もうか」

 

あれ?

タイムスリップしたかな?

 

まあ、いいか。

ぐびぐび。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。