押川雲太朗の万事いいかげん

漫画家 押川雲太朗のブログ。日々の何でもない事や、たまに仕事の告知など、書いていきます


テーマ:

プロリーグを再開して、今回はB2で12回打ちました。


結果は、+73.5ポイントの170位で

残留という結果になりました。


最終戦を迎えて、トップなら昇格出来そうでした。


その東3局、ぐしゃぐしゃな展開からミスもあったのですが、

こんなアガりを拾います。







上家がソーズの一色をやっていて、

なんでも切るので喰ったらアガれました。


しかし内容はひどい麻雀です。


トップ目ではあるものの、

こういうときは注意しなければなりません。


やはり南1局に報いが来ました。





ドラの(5)を引けば三色もあり、申し分のないイーシャンテンです。


しかしピンズが場に高いです。


そこへ上家が2枚目の三。


かなり迷いましたが、この手は

「(5)さえ引けばタンピン三色ドラ三のテンパイ」という思いがあり、

見送りました。


しかし、今見てみるとこの時点で三は最後、

六はあと1枚でした。






4巡後、形の変わらないまま7を引かされます。


「456の三色があるんだから。」と思ってツモ切ると、

親のタンピン三色ドラ1、ド高めに放銃です。


こっちの安めが敵の高め、というのもありがちなら

よくわからないアガりはすぐになくなる、というのもありがちです。


結局この半荘は2着に終わり、昇格は夢と消えました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年のカレンダーも最後の一枚になりました。

もう3年にもなるでしょうか。

 

毎週土曜日に書き連ねてきたこの村田ブログですが、

今回はみなさんに重大な発表をしなくてはなりません。

 

マスコミにすっぱ抜かれる前に、

自らご報告させていただきます。

 

じつは。

 

先週から、またキャベツと暮らし始めておりました。

キャベツとのつらい別れから幾星霜。

いろんな野菜との出会いもありましたが、

あれは数十年ぶりかという11月の初雪の日でした。

「フるけれど、ツモらない」

こんな雪のようなやつとマージャンを打ちたいものだ。

そんなことを考えながら。

 

私はひとつの決意をもって八百屋に向かっていたのです。

 

キャベツだ。今日こそキャベツを迎えに行くのだ。

おもいおこせばキャベツと食卓をともにしなくなってから、

どうもお腹がすっきりとしてこないのです。

きけばキャベツには整腸効果があるとのこと。

 

なんでもないようなことが、しあわせだったとおもう。

 

少々高価でもいい。

やっぱりキャベツとは別れることはできないのだ。

 

そんな心づもりでの登八でした。

(※八百屋に向かうこと)

 

キャベツは。

キャベツは私を待っていてくれました。

 

顔に246、と書いて。

 

246といえば青山通り。

幼き日、家族で出かけたスーパーマーケット、

 

「ママー、キャベツは僕が持つ~」

両手いっぱいにキャベツを抱いた私の姿が

フラッシュバックしましたが、妄想だったかもしれません。

 

今ではお腹がぎゅるるとなって目が覚めます。

今年の流行語大賞では惜しくもノミネートを逃した

「キャベツ」でしたが、今後も末永く、

ともに幸せな食卓を作っていく所存ですので、

ファンのみなさん、週刊文春さんにもあたたかく見守っていただければ幸いです。

 

ああ、腹へった。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

です。


 

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。


 

今回の成績は………

(2),(2),(4),(4),(1),(2),(3),(4),(4),(2)と

4回ラスと、ひどい成績でした……。


 

前回は良い成績だったのに、凄まじく微妙な成績です。


 

通算成績は以下のとおりです。


 

  四段 790/ 1600pt R1755
1位率 .287 対戦数   1090  和了率.243
2位率 .218 平均得点 +2.51 放銃率.154
3位率 .262 平均順位  2.43 副露率.344
4位率 .232             立直率.193
飛び率 .023


 

さて、今回はうかれて失敗したこの局面を紹介します。


 

東4局、23800点持ちの北家。


 

現在、オーラスで3着目です。


 

とはいえ、微差3着目。


 

2着目が24000点で、ラス目も21100点と

競り合っています。


 

トップ目は、31100点持ち。


 

7700をアガれば、トップです。


 

少しでも振り込めばラスになってしまう点差ですが、

のんびり眺めてるわけにも行きません。


 

この局で、一気に決めたいと思います。


 

7巡目、こんな手牌になりました。




 




 

絶好の(4)を引き、好形の一向聴です。


 

まだまだ手替わりもあり、この手なら期待出来そうです。


 

ドラが八萬で、このままだとリーチ平和ドラ1で3900か、

リーチ平和ドラ1一盃口で7700という手になりそうです。


 

とりあえず、東切り。


 




 

すると、早速下家の親に鳴かれてしまい、まずい状況です。


 

あまり下家に対してアシストしたくないのですが、

この状況では前に進むしかありません。


 

そこへ、9巡目ドラの八萬を引きました。


 

一瞬迷うツモですが、ドラなだけに

ここは九萬を切って、タンヤオを目指したいと思います。


 


ドラを頭に固定し、まさかのドラポンにも構えられる形です。


 

準備は万全です。


 

後は、この手をテンパるだけです。


 




 

すると、11巡目、(6)を引き待望のテンパイ。


 

四萬を切って、五八待ちテンパイ、間違いありません。


 

自信満々で、リーチ!!


 




 

「ん……?リーチ…?」


 

なんだか自分でしておきながら違和感を感じます。


 

必死に指を折り、数える私。


 

タンヤオ、平和、ドラ2……。


 

なんと、ダマテンでも7700十分逆転できる手です。


 

しかも、自分で3枚使っているドラスジの五、八。


 

とても出にくそうなリーチです。


 

テンパイしたことにうかれて、

無駄なリーチをしてしまいました…。


 

しかし、これでもアガれないとは限りません。


 

自分のツモる山にいてくれれば、文句なく逆転トップです。


 

しかし……。


 




 

あれから7巡、もう終盤間際で

まったくツモることはありません。


 

さらには親に暗槓までされて、ぐいぐい来ています。


 

そして、ついにはハイテイツモ。


 

このまま流局で、次局に持ち越しかと思っていると……


 


 




 


 

最後に引いた7が通らず、

親に大放銃してしまいました……。


 

ハイテイもついて、トイトイダブ東ドラ1ハイテイの18000点です。


 

不要なリーチをして、ひどい結果になってしまいました…。


 

とほほ。


 


 

親の待ちは、7と五萬のシャボ。


 

待ちの五萬を殺されてしまっています。


 

さらには、八萬も対面の手に対子であり、

結局、この手のアガリ目はありませんでしたね…。


 

終盤、対面が五萬を引いて降りていたのですが、

リーチをかけなければ、まだ可能性はあったかもしれません。


 

テンパイしたらリーチしてアガる、というのはカッコいいですが

気持ちだけでは、アガるのは難しいですね…。


 

まだまだです。


 


 

さて、今回は全体的に不調で-160という負けっぷり。


 

せっかく増えたレートも、またさがってしまいました。


 

次回は、プラスで終われるように頑張りたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。