押川雲太朗の万事いいかげん

漫画家 押川雲太朗のブログ。日々の何でもない事や、たまに仕事の告知など、書いていきます


テーマ:

「根こそぎフランケン」の連載が終わった後、

近代麻雀に連載したのが「頑固なペンチーピン」です。


編集者から「何か好きなものを描いてください。」と言われたので、

今までとは全く違うエッセイ風の漫画を描いてみることにしました。


マニア向けの地味な漫画で、あまり人気がなく、

10話で終わりとなってしまいました。


私の漫画はすべてマニアックなのですが、

これは特にマニアック過ぎたのでしょう。


ただし、「好きなものを描いてくれ。」と言われて描いたのですから

私自身は好きなものを描いたつもりです。


ただ、好きなものだけに筆が進まず苦労しました。


そういうものなのです。


好きなものだと、良いものを作りたくなります。


この良いものというのがくせ者で、

「もっと面白く出来ないか。」と考えているうちに

筆が止まってしまうのです。


物を作るということは、そういうものなのかもしれません。


漫画家は漫画を描いて原稿料をもらいます。


当然、締め切りがあります。


「面白いものが出来るまで待ってくれ。」

というわけには行きません。


だから、締め切りを守るためには

ある程度のところで考えるのをやめて、こだわりを捨て、

締め切りを守るということを優先して作品を仕上げます。


しかし好きなものだと、このこだわりが強く出てしまうのです。


実際私は「頑固なペンチーピン」の出来に関して、

満足していません。


「もっと時間があれば。」

というのは言い訳であることはよくわかっているのですが、

「もっと良いものが作れたはずだ。」

という思いが今も消えません。


こだわればこだわるほど、マニアックになり

人気のない作品になってしまうのでしょうけれどもね…。


「頑固なペンチーピン」が終わってから、

十数年が過ぎました。


しかし、私の中で

「このようなタイプの作品でもっといいものを作ってみたい。」

という気持ちは今も消えません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



じりり、じりりり。

目覚まし時計の音ではありません。

どうにも太陽が照り付ける季節になりましたね。

少し歩くだけでも、
ダラダラと汗も流れようというものです。


先週はおいしいビールを求めて、
うっかり1時間45分も歩いてしまった私でしたが、


「流した汗の分だけ、幸せに近づける」


そんな誰かの名言もあったかもしれません。

なければ、私のものにしといてください。


そんな中、熱中症にならなかったのも
おいしいビールのおかげだったのかも。


と、おもいきや。

どうもアルコールでは水分補給ができないとの情報が入ってきました。


ビールは、アルコール5パーセントほど。

のこりの95パーセントの水のようなものは、いったいなんなのだろうか。


たぶん、「幸せ」ってやつなのかもしれません。


さて、かねてから懸案でありました、1号の腹回り。

なんとボタンを修復することができました。


ブログを見た女流プロが、


「村田さん、ズボンのボタンなら私がつけてあげますよ」


と。


思った方もいるでしょう。


が、しかし。


そんな声をも待たずに、お金で解決してしまったのです。


324円。


ボタンひとつけ、324円。


家の近所にババア、じゃなくて、妙齢のお姉さんが営む
「裁縫屋」があったのです。


私の台所でもある、ゆで太郎でのモーニングセットが340円。

少々迷うところでもありましたが、

洗濯物の増える季節、2号ばかりを履いているわけにはいけません。


ここは銭に腹は代えられぬ、といったところです。


おかげで当初の目的通りに、2本のズボンをローテーション
できるようになりました。


ああ、間に合わなかった。

私が村田さんのズボンのとりつけをしたかったのに、

と、悲しい思いをしてしまった女性がいましたら、


そのむねコメントをお待ちしています。


ビールで鍛えて張り出した腹筋を駆使して、
またボタンを弾き飛ばすことをお約束しますよ。


ぐびぐび。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

です。







今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。







今回の成績は…




(4),(4),(2),(2),(3),(1),(1),(3),(4),(3)と


4位、3着続きの微妙な成績でした……。




相変わらず、成績が停滞しております。





通算成績は以下の通りです。


 三段 650/ 1200pt R1711


1位率 .282 対戦数    900  和了率.243


2位率 .226 平均得点 +2.28 放銃率.157


3位率 .252 平均順位  2.44 副露率.340


4位率 .238             立直率.193


飛び率 .024








さて、今回は誘惑にまけて失敗したこの局面を紹介します。





東2局、27500点持ちの北家。





まだ特に大きな動きもなく、平たい状況です。





トップ目は、32300点持ちの上家。





私は2着目です。





1000点でもいいので、加点して局を進めたいところです。

















さっそく、私はこんな形になりました。



配牌からあった北の役牌をポン。





ドラもあり、好形です。





この2000点をサクっとアガって、次局に行きたいと思います。





しかし…




















いきなり、対面が九萬をポン。





しかも、いきなり一萬を捨てております。





まだ2巡目でいまいち何をやっているのかわかりませんが、


役牌のバックかトイトイでしょうか。





ドラが三萬ということもあり、注意が必要です。




















さらに、次順この(9)もポンです。





何やら、きな臭い雰囲気になってきました。





これで、ホンイツではなくトイトイということはわかりましたが


どうも嫌な雰囲気がします。





九も(9)もポンということは、


三色同刻の可能性があります。





珍しい役ですが、既に9を二つもポンしていて、


相当危険な匂いです。





さらに、まだ混老頭の可能性も残っています。





まだ3巡目なので、大丈夫だとは思いますが


どうにも9は捨てづらいです。

















そして9巡目、対面がまさかの加槓です。




 


対面は自信満々のようです。





一方、私の手牌はこんな形になりました。





ようやく好形の一向聴になったのですが、


やはり9が捨てづらく


足踏みしております。





テンパったら、行きたいところなのですが…。



















しかし、なんと次順(2)もポン。





混老頭が消えたのはいいのですが、既に三副露。





もうテンパっていてもおかしくありません。





ますます9が行きづらい雰囲気です。





9が行けない以上、この手は降りるしかありませんが、


どうも降りるのももったいないような気がします。





せめて、誰かがリーチをかけてくれれば


降りる決心もつくのですが…。




















しかし、それ以降誰も仕掛ける様子もなく、


ついには13巡目になってしまいました。





私の手も進まないまま、一向聴で足踏みしております。





そこへ、上家から二萬が出ます。





この二を鳴けば、聴牌出来るのですが


出す牌は問題の9です。





ポンされるのならまだしも、放銃したら最低満貫、


手の中にドラの対子があればハネ満です。





鳴くかどうか、ひたすら迷っていると……。

















「!」





なんと、この二を対面がポンです。





意外なところからポンの発声が来て、びっくりしています。





これで、間違いなく聴牌。





ですが、9の三色同刻は消え、


ただのトイトイのみです。





「ふっ、さんざんビビらせやがって…


これなら、強気に押せるぜ!」





と、途端にイケイケな私。





すると……

















今度は、上家から2が出ます。





これも、鳴ける牌。





しかし、9は変わらず危険牌です。


 


途中まで対面が三色同刻を狙っていたのなら、


あの手は9の単騎待ちということは十分にあります。





しかも、待ちの二-五は、


対面がポン、ドラ表示牌に1枚と4枚切れ。





残るは、五が3枚のみです。





とても、危険な9を切ってまで


勝負する手ではないのですが…。





「その手はただのトイトイのみ。


三色同刻を匂わしていたが、待ちは別の単騎だ。


なにより、聴牌出来る牌が出てるのに、


今更退けるか~~~!





と、こちらも強気にチー。





打9で、勝負です。





結果は…。




















「!!!」





やはり、これが通らず


見事放銃してしまいました……。





カンも含めて、トイトイのみの3200点。





この放銃が響いたのか、最後に逆転されてしまい、


結果ラスで終了してしまいました……。






とほほ。





それほど押す手でもないのに、


やはり、気づくといつも押してしまいます。





危険だとわかっていたのに、誘惑に勝てず


失敗してしまいました……。





「通るかもしれない」という幻想に、


いつも負けてしまっています。





あるいは、押すにしても、危険な9を切らず


(3)の対子落としという手もあるのですが、


まったく柔軟性が足りていません。





精神的にも、柔軟的にもまだまだですね……。








さて、そんな今回は成績が良くなく、


結果-50ポイントで終局となりました。





まだまだ、全然前にすすめていません。





次回こそ、良い結果を残せるよう頑張りたいと思います。











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。