心のままに

押方新一の経営者応援ブログです。経営者にとって大事だと思うことを、誰にも遠慮せず、好きなように書いていきます。


テーマ:

ビジネスにおいて人から嫌われることは悪いことではありません。それどころか場合によっては、特定の層からは積極的に嫌われるべきだと思います。

 

 

自社の商品・サービスを好きになってもらってお得意様になっていただくことが素晴らしいことは言うまでもありません。

 

 

一方、自社の商品・サービスを知ってもらった上で嫌われたのであれば、これはかなりいい線までいっていると考えるべきです。

 

 

iPhoneやポカリスエットのように広く知られている商品やサービスは、ほんのひと握りです。そもそも自社の商品・サービスを認知してもらうこと自体が非常に難しいのです。

 

 

ですので認知してもらえた上で嫌われたのであれば、これは「優秀賞」とは言わないまでも「入選」や「佳作」とはいえる成果だと思います。

 

 

また、特定の層には積極的に嫌われた方がいい場合もあります。

 

 

例えば非常に急いでいる人がスターバックスでコーヒーを注文するとどうなるでしょうか。

 

スターバックスはコーヒーが出てくるまで時間がかかりますので、注文した人はイライラして「早くしろ!」と怒鳴るかもしれません。そうなると、せっかくゆっくりしようとしていた他のお客さんは大変迷惑に思うでしょう。

 

 

つまり、スターバックスはバタバタ急いでいる人からは嫌われる方がいいのです。

 

 

これはどんなビジネスにもあてはまります。自社の商品がいいものであっても、相手の趣味嗜好は千差万別ですので嫌いになる人は必ず出てきますし、むしろ嫌われるべき人からははっきり嫌われた方がいいのです。

 

 

また、その時は嫌われたとしても認知さえされていればチャンスはあります。

 

 

先ほどのバタバタした人も時間がある時には、「今日はスターバックスでゆっくりしようか」と利用することもありえるのです。

 

 

好きと嫌いは反対の意味ではなく、「関心がある」「知っている」という点でかなり近い関係にあります。

 

 

「知られていない」「知ってるけど関心がない」という状態と比べると、「知られていて嫌われている」という状態はかなり好ましい状態だと思います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)