舌苔ってなに?

テーマ:
こんにちは!

訪問診療部 歯科衛生士の中村です。

皆さん、ご自身の今の舌の状態がどうなっているか確認していますか⁉️

舌の汚れは、正常な状態でも舌の表面はうっすらと白い舌苔が少し付着しています。
通常、食べたり話したりする時に舌が動く事である程度はとれます。

加齢とともに舌の動きが鈍くなったり唾液の量が減ったりすると、汚れがとれにくくなります。
そして、汚れがついたままになると舌の接する上あごも汚れやすくなるのです。

☆舌苔(ぜったい)がつくと
1.口臭の原因になる
2.食べ物の味が分かりにくく、
おいしく感じられなくなる
3.細菌の温床となり誤嚥性肺炎や経口感染症にかかり やすくなる

舌苔は、舌につく汚れの事で、細菌・唾液の成分、口に残った食べかすの集合体で、口腔乾燥、全身疾患、薬の服用、疲労などによっても増えます。
抵抗力が落ちている高齢者にとって、細菌が多く含まれている舌苔がたくさん付着していると『誤嚥性肺炎』の危険性が高まり、全身疾患の予防のためにも舌苔のケアが必要になってくるのです。

舌はデリケートなので舌ブラシを使ってケアをしていきましょう‼️
AD