お喋り笛吹きの音楽&ベルギー見聞録 #4

ヨーロッパの小王国ベルギーに住む笛吹き、神田望美の海外生活&音楽活動記。フルート&篠笛吹き。ヨーロッパ中心に時々日本で活動中。演奏活動のほか、音楽祭、コンサートやフルート&篠笛教室の企画運営をしています。


テーマ:

その2の続き

 

控え室に戻ると、たまたまオーケストラ(Namur Chamber Orchestra)団員に奥様がいらっしゃるということで、良くフェスティバルで弾いて頂いたりしてるピアニストのEBさんがいらっしゃいました。

 

「えー、オケで吹くんですか?」なんて笑顔で声を掛けていただきつつも、「えーそうなんです(汗)」なんて、挨拶もそこそこに、猛烈練習を始める私。

 

練習中、EBさんと目が合うと戸惑いの笑顔。フルートの高音域で速いフレーズを焦って練習しているほど、端から見て面白い(又は苛立つ)ものはないと思います。

 

弦楽器の人たちは割とノンビリしてましたが、私は受験生控え室モード。何度吹いても出来る!!大丈夫!!集中!!

 

あとは真剣に数える!

 

そもそも1日中運営のことも考えて、慣れないオケだからね。そりゃー大変だよ。と言い訳が頭に浮かんでくるのを打ち消し、ひたすら「あなた(自分)は絶対出来る」「集中!!」と言い聞かせ。

 

控えから会場に移る直前

 

「先程のゲネプロは時間もなく、慌しかったので、皆さん集中出来ませんでしたし、テンポがすごく速くなってバラバラになってしまいましたが、本番は集中出来ます。あそこまで速くしないので落ち着いて楽しみましょう!」

 

と指揮者さん。団員を安心させるということは、指揮者さんの大事な能力の一つですよねぇ。若いのに感心。

 

とはいえ、舞台の裏廊下で管楽器は割と集中モード。ソロぶっつけ本番組とゲネ崩壊なので。

 

本番は全集中力を集中。多分、孫悟空のスーパーサイヤ人化並み(古い)のオーラ出てたと思います。サイヤ人パワーでどうにか本番は事なきを得て無事終了。

 

無事に終わればあの慌てぶりも、リハ崩壊も、笑いのネタです。でも、崩壊したその瞬間〜本番の間は笑えなかったですよねぇ。

 

本当合わせ1日半の現代音楽”鯨の声”、独奏で始まるコンサートとかの方がまだ心臓に良い。やはり慣れてる分野っていうのがあるのでしょうかね。

 

 

 

コンサートはニコラ・バクリさんの曲の評判も良く、王子とエリヤン&ジャン=クロードさんのデュオ協奏曲も大変な評判の中終了しました。演奏会後にも人が残ってワイワイとしてることは珍しかったので、楽しかった証拠?

 

 

フェスティバルもたった1日で終わると、なんとなく拍子抜けな気もしましたが、たった1日でも疲れるかな。ということで、来年に向けて・・・(^^)

 

 


応援お願いします♪
お喋り笛吹き@Twitter 
KANDA NOZOMI MUSIC  @ Facebook
KANDA NOZOMI MUSIC ホームページ
フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!(フルートブログ)

-----------------------

Atelier de flûte

Guarneri Productions

------------------------------------------------------------------

今後の予定

Festival de Wallonie ファミリーコンサートプロジェクト”Yôkai"   
9月24日 @ La Louvière     
10月2日 @ Palais des Beaux-Arts in Charleroi     
10月9日 @ Théâtre de Liège 
  

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フェスティバル当日。

 

 

前のブログの通り、朝に別の本番もあるし、運営もあるし、忙しいから細かいこと考えてる時間無し。

 

 

迎えた夜!

 

 

夜の会にはテレビクルーが入りました。

 

音楽ホールじゃないのでセッティングを考えなくてはならず、テレビ用ライト、ソロ用ピアノのセッティング、オケ(オーケストラ)のセッティング…時間が思ったより掛かりゲネプロの予定時間は押せ押せに。

 

バクリさんの曲のほか、王子のコンチェルト、エリヤンさんと、ジャン=クロードさんのコンチェルトとあり(というかそっちがメインです)、セッティングの関係上、バクリさんの曲はプログラム最初だけれどゲネプロの最後。

 

忙しさに紛れてゲネ出席損ねるなんてことがないように(有り得ないけど)緊張しつつ、運営用事を片付ける私。

 

押しに押されるゲネプロ時間。開演時間は迫る一方。一向に始まらないバクリさんの曲ゲネ(ゲネプロ)。

 

外にはお客さんが溢れて、ドアの外でまだ入れないの〜?みたいなお客さん。その中をいろんな用事であっち行ったりこっち行ったりしている私。

 

王子のゲネが終わって、よっしゃ!と慌てるようにフルート席に着席。予定より四十分位押している状態。

 

 

セッティングの人も慌ててるのか、ホルンの人椅子無し。「椅子ないよー。僕ソリストー?」とホルンご当人は和やかに言ってたけど、全体的には時間ない焦りで「ちっ、椅子どこだよ」といった雰囲気。

 

 

「通しする時間はないので、145小節目から!」

 

 

と指揮者さん。通しないのか・・・ま、ここ数えやすい所だしいっか。と思う私に反して、クラリネットの大ソロで始まるこの曲、クラリネット奏者は「最初やらないのか・・・」とボソ。

 

指揮者も若いのにとっても落ち着き払っているけど、会場も人が出たり入ったりと、なんとなく全体的には慌ただしい雰囲気のまま始まるリハ。と、椅子の配置が悪いのか管楽器集団にはオケの細かい音が聞こえない…。

 

そして我が快速ソロ部に入ると、時間が押してる焦燥感からか更なる快速テンポに。オケが全然何してるか分からず、合ってるの私???とか思っていたら、難ソロはド派手に崩壊ガーン誰が聞いても分かる程にド派手に崩壊・・・ガーン

 

 

と、直後にオケが止まったので即座に「オケが全く聞こえないです!」と言うと、皆同意見だったらしく椅子の配置変更をすることに。

 

ますます押す時間。

 

では続きから…と指揮者さん。あー、ソロやり直したいんですけど!と思いつつ、そうも言えず。その続きをちょっと合わせて、お互い聞こえることが確認されると、指揮者さんは、

 

 

「それではみなさん、本番集中して頑張りましょう。おしまい。」

 

 

冒頭に大ソロがあるクラリネット奏者

 

「冒頭部分ちょっとだけでもやってもらえませんか!」

 

と叫ぶも、弦楽器集団が席を立つ音にかき消され…。

 

「ぶっつけ本番か」とクラリネット奏者。オーボエ奏者も「私のソロ出来なかったぁ」とボソッ。私はソロ出来たけど大崩壊だし(汗)他の部分も確認したかったしなぁ。ゲネに賭けてたんですけど…

 

控え室に戻ってとりあえず練習しよ。

 

 

続く・・・


 

 


応援お願いします♪
お喋り笛吹き@Twitter 
KANDA NOZOMI MUSIC  @ Facebook
KANDA NOZOMI MUSIC ホームページ
フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!(フルートブログ)

-----------------------

Atelier de flûte

Guarneri Productions

------------------------------------------------------------------

今後の予定

Festival de Wallonie ファミリーコンサートプロジェクト”Yôkai"   
9月24日 @ La Louvière     
10月2日 @ Palais des Beaux-Arts in Charleroi     
10月9日 @ Théâtre de Liège 
  

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回、久しぶりにオーケストラで吹きました。去年も演奏したバクリさんのオペラ曲Cosi Fanciulliの第2組曲(オーケストラ版)。

 

モーツアルトのオペラ、コシファンテュッティの前話(ドン・アルフォンソが何故意地悪な課題を出すのかというのを説明するオペラ)で、そのオペラのオーケストラ編成組曲版を今回のフェスティバルのために作成。

 

室内オーケストラに管楽器フルート1、オーボエ1、クラリネット2本、バソーン2本、ホルン2本。

 

今回のために書き換えられたので音源なし(オペラの音源もYoutube上だけ)。MP3も無し、スコアも無し。本番前々日に探検発見のリハーサル口笛

 

オケ(オーケストラ)って本番当日、リハ(リハーサル)当日に楽譜が置いてあったりするけど、私は初見が苦手、楽譜は早めに入手で練習したい派。

 

 

今回は新曲だったので、楽譜はさすがに事前に送られてきました。常に弾いてる弦楽器集団と違って、管楽器は休みが多い。なんだ暇で良いなぁとか思う人もいるかと思うのですが、カウントに集中しないと落ちて(現在演奏地が分からなくなる)しまう。

 

例えば13小節間休みだと、楽譜に音符の代わりにー13ーと書いてあり、自分で13小節数えるのです。意外とこれが難しいのですよ。音楽が頭に入ってれば良いけれど、今回は新曲で、音源もなかったので、その間の音楽が想像つかない。短時間(計3時間程)リハで音楽が頭に入るかなぁと迎えた、練習の日。

 

 

音楽は調性音楽なのでリズムが難しくて数えられん…とかはなく、割と順調に吹き、全然ソロと書かれていない十六分音符集団が、実はすごい大きなソロで吹きながらビックリしたりしながらも、すごく素敵な曲だったので楽しく練習1日目終了。

 

次の日はニコラ・バクリさん迎えての練習。

 

 

とりあえず通し(全曲を止まらず演奏)

 

 

するとニコラさん「いやいや、ここは、もっとずっとずっと速いテンポだね」と…。なに〜〜。私の連符ソロのところじゃないですかー滝汗 似たような音形が続くので目が回るんですよねぇ…でも作曲家がもっと速くって言ってるので…。

 

マッハ快速になった黒目のソロパートは大集中でどうにか突破。ニコラさんのオッケーサイングッで、その部分は2度通して終了。2度目は1度目程上手くいかず、うーん次はゲネプロ(本番前の通し)で本番かぁ…。

 

 

ゲネに賭けよ!

 

 

と思いながら、本番当日を迎えたのでありました。・・・続く

 

ニコラ・バクリさん交えて練習中

 


応援お願いします♪
お喋り笛吹き@Twitter 
KANDA NOZOMI MUSIC  @ Facebook
KANDA NOZOMI MUSIC ホームページ
フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!(フルートブログ)

-----------------------

Atelier de flûte

Guarneri Productions

------------------------------------------------------------------

今後の予定

Festival de Wallonie ファミリーコンサートプロジェクト”Yôkai"   
9月24日 @ La Louvière     
10月2日 @ Palais des Beaux-Arts in Charleroi     
10月9日 @ Théâtre de Liège 
  

--------  

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第21回フェスティバル・モーツアルト終了。

 

今年は初めての「音楽の日曜日」と題した小さいフェスティバル。

 

昨日の夜からワーテルロー入りして朝からリハーサル。モーツアルトのフルートと弦楽のための四重奏曲を、タティアナ・サムイルさんと、ディディエ・ポスカンさんと、ラフェエル・オブリさんというフランス人のヴィオラの方と演奏しました。

 

出だしの8小節が寝起きのラジオ体操的硬さがあったけど、後は楽しく吹けたかな。モーツアルトは女心と秋の空。ころころ変わる雰囲気が楽しい。

 


お昼の部はブリュッセルノーカーデーなので来ることが出来ない人続出。本当に人が来るのか心配の塊で、20人いるかいないかかも・・・なんて前日まで焦ってました。

 

とは言っても、当日には当日の運びのことで忙しいのですっかり忘れててあっちに指示、こっちに指示、リハーサル。あっちこっち回りながら、演奏直前に裏で待機中は演奏の事だけ考えて…。

 

コンサートはまず王子の挨拶があり、王子が会場から出てくると「うん、いい感じに入ってるよ」って。

 

そうだ!お客さんいないんじゃないかって心配してたんだった!!!

 

と思い出しました。でも入ってると聞いて安心。感謝!

 

直前までフェスティバル運営(お客さんの数とか、売り物とか、食料とか!)考えてるので、切り替え集中力の勝負なんです。ヨガの呼吸法の本に書いてあったのですよね。出来る人は切り替えが早いと。なるほど〜。

 

自分の演奏が終わるとまた他の準備。お手伝いの人達と確認。大好きなブラームスのクラリネット五重奏をちょっとだけ聴くことが出来ました。

 

ダネル・カルテットの人達や、アンサンブル・メンデルスゾーンの人達(東京ブリュッセルトリオのニコラとか)とご飯を食べて少しだけ息抜き。


そして夜の部はオーケストラの一員として演奏。こちらの方が自分的には難しかったですね。普段オーケストラで吹いてないのもあるかな。結果、コンサートでは無事に吹けたので、演奏会後に笑い話として皆んなに話してましが、本番前は控え室で舞台裏で「本番に強くなるための本」に書かれてる呪文を唱える心境でした(汗)この話は長くなるのでまた別途。

 

こういうフェスティバル運営とかしながら演奏って大変だけど、逆に言えば、愛も深いので、音楽にすごく気持ちが込もる気がしてます。込めるじゃなくて、込もる。

 

招待されて演奏に行くのはもちろん喜び、何から何まで準備されてて、考えるのは演奏の事だけで良いというのは素晴らしい事で有り難や〜と思うのですが、こうして自分でイベントを考えて作ると、イベントそのものに情が湧くので、招待された時とはまた全然別の強さが演奏にも与えられる(気がする)

 

他の音楽家の人達に喜んでもらえるような、お客さんから見たらどういうのが楽しいのかな(演奏以外の面で)とか、どうしたらお客さんに来てもらえるかとか…色々考えるのも楽しい。一年に一回位こういうのがあるのは素敵かな。

 

当日にお手伝いをしてくれる子達・人達が立候補して集まって来てくれて、チラシ配りも突然のお願いにも関わらず手伝ってくれる子が現れて…。感謝感謝です。

 

 

ではそろそろ来年の準備を始めます(笑)

 


応援お願いします♪
お喋り笛吹き@Twitter 
KANDA NOZOMI MUSIC  @ Facebook
KANDA NOZOMI MUSIC ホームページ
フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!(フルートブログ)

-----------------------

Atelier de flûte

Guarneri Productions

------------------------------------------------------------------

今後の予定

Festival de Wallonie ファミリーコンサートプロジェクト”Yôkai"   
9月24日 @ La Louvière     
10月2日 @ Palais des Beaux-Arts in Charleroi     
10月9日 @ Théâtre de Liège 
  

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フェスティバルまで後4日!

 

今回は本当に本当に恐ろしい程に色んな事が重なって…大変(><)。ご興味のある方、ブリュッセル在住でもワーテルロー駅からシャトルあるので、是非いらして下さい。詳しくはホームページフェイスブックへ。

 

今日もチラシ配り手伝ってもらったり、色々しましたが、天気が良いので救われております。天気が良ければ全てが楽しい!

 

 

お昼の部(12時15分〜)のブラームスのクラリネット五重奏は”綺麗”という言葉が陳腐に思えるほどの美しい名曲です。

 

 

私はというと今日は初の合わせ。モーツアルトのフルート四重奏(フルート+ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)のハ長調。

 

合わせは巷で噂のモーレンベーク区。あまりそちらの方の地下鉄駅には行かないんですが、なんとなくうちの方(南東部)とは雰囲気が違いますが、駅は新しかったり、改装したりで、良い感じの駅が多いです。

 

 

モーツアルト、頻繁に聴いているし、生徒に教えたりはしていますが、自分が吹くのは久しぶり。単純にとても楽しい。オンリー弦楽器と演奏したのも何だか随分久しぶり。いつもピアノ、ハープ、何かしらが入っているので。ふわーっとした響きが久しぶりで気持ち良かったです。

 

他のことが大変過ぎて、音楽する時はもう嬉しさしかないです。各方面で活躍されている音楽家の方達とご一緒出来る機会。私はダントツの最年少ですが、フルートという楽器柄、引っ張ていく立場なので気合い(^^)

 

15時15分の部はフランス中心に世界で活躍中のダネルカルテット。そして17時15分〜は王子が参加のアンサンブル・メンデルスゾーン

 

夜20時15分の部では、私はこちらも久しぶりにオーケストラに乗ります(リハ後日)。モーツアルトのコシファンテュッティのもじりの、コシファンフリィ…。ニコラ・バクリさんの曲です。王子もモーツアルトのアダージョを弾いたり、二台ピアノのための協奏曲などです(って、ついでみたいに書きましたが、こちらがメインですけどね)

 

ご興味のある方はこちらからチケットをご購入ください!

 


応援お願いします♪
お喋り笛吹き@Twitter 
KANDA NOZOMI MUSIC  @ Facebook
KANDA NOZOMI MUSIC ホームページ
フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!(フルートブログ)

-----------------------

Atelier de flûte

Guarneri Productions

------------------------------------------------------------------

今後の予定

Festival de Wallonie ファミリーコンサートプロジェクト”Yôkai"   
9月24日 @ La Louvière     
10月2日 @ Palais des Beaux-Arts in Charleroi     
10月9日 @ Théâtre de Liège 
  

--------  

フェスティバル・モーツアルト

9月18日(日)@ Château d'Argenteuil  - Waterloo

プログラム ー チケット チケット

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。