【ヒューストン時事】米航空宇宙局(NASA)は9日午後(日本時間10日午前)、山崎直子さん(39)の宇宙滞在が1日延び、計14日間のミッションになると発表した。具体的な帰還時刻は決まっていない。
 NASAによると、山崎さんが乗り組んだスペースシャトル「ディスカバリー」は打ち上げ後、地上管制センターとの高速通信などに使う「Kuバンドアンテナ」の故障が判明。機体点検のデータを国際宇宙ステーション(ISS)から送信する必要が生じ、シャトル分離が予定より遅れるため乗員の滞在期間が延びるという。 

ギャンブルに給与を全額投入、詐欺容疑の元課長(読売新聞)
個人情報5人分 ケアマネが紛失(産経新聞)
<両親殺傷>容疑で無職の23歳男逮捕 北海道・北見(毎日新聞)
たちあがれ日本「10議席目指す」 夏の参院選(産経新聞)
子宮頸がん原因ウイルスの感染経路、認知度は3割未満(医療介護CBニュース)
AD