薬害オンブズパースン会議(鈴木利廣代表)は4月5日、未承認の医療機器の使用実態を調査し、公表することなどを求める長妻昭厚生労働相あての要望書を厚労省医薬食品局の担当者に提出した。

 提出後に記者会見した鈴木代表は、近視矯正のレーシック手術で使用する医療機器を調査したところ、複数の医療機関で未承認の機器が使用されていたと説明。個人で輸入した未承認医療機器の使用については規制されておらず、患者への危険性があることなどから、「業務使用については、安全対策の枠組みの中に入れることが必要」と指摘した。
 要望書では、▽未承認医療機器の使用実態について調査し、その結果を公表する▽未承認医療機器について、不適切な管理や使用に関連した問題事例が予測された場合に迅速な対応を取るため、使用患者を直ちに特定できる体制を整える▽業としての未承認医療機器の使用行為そのものを薬事法の規制対象にする―ことなどを要望している。

 また同会議は、日本眼科学会と日本眼科医会に対しても同日付で要望書を送付した。


【関連記事】
薬害再発防止策で医療機関の薬剤師増員など明記―厚労省検討委
未承認薬・適応外薬検討会議で保険支払い検討を
医薬品行政の「現場の生の声」、アンケート結果を公表―厚労省検討委
医薬品行政の監視・評価組織の運営で議論―厚労省
一般用医薬品のネット販売、原則禁止を―野田担当相に要望

2年間で230回=インド洋給油・給水(時事通信)
坂本龍馬像 迫力、展望台で大接近…高知(毎日新聞)
普天間移設、月内一本化困難 首相が発言後退(産経新聞)
燃えた車に3人の遺体=ダム沿いの市道、事件の可能性も-富山(時事通信)
海砂採取業者を告発=1億円余脱税容疑-福岡国税局(時事通信)
AD