おさるの読書ネタ・資格ネタ・日々あれこれ

会社役員⇒個人事業代表⇒システム責任者兼新規事業開発室長⇒平社員⇒ニート ⇒個人事業代表そしてまた平社員に。次は何でしょう? ※当ブログのAmazonのリンクから本を購入していただけると本代の足しになるので助かります~


テーマ:
【インド人の「力」】
山下 博司 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4062883546/

インド人の「力」


○この本を一言で表すと?
 インド思想の専門家によるインド人論の本


○この本を読んで興味深かった点・考えたこと
・著者の直接知っているインド人との付き合いや、インド滞在の経験を交えて、著者の専門のインド思想を絡めてインド人について論じられていました。

・徹底した暗記を求められる教育で、ある意味日本と似ていますが、その暗記で得た知識で教師とインタラクティブなやり取りを重ねることで知識を有効活用できるところが違うというは、日本と全く異なるなと思いました。ビジネスマンになってもメモを取らず、記憶して仕事できるというのはかなり有利な能力だと思いました。(第一章 インド式教育とインド人の数学力)

・昔インド人から片手で20数えると聞いてすごいなと思ったことがありましたが、一種のネタだったというのは初めて知りました。(第一章 インド式教育とインド人の数学力)

・世界で最も英語を使える人口が多い国はインドであることは知っていましたが、どのようにして英語を使っているか、その様子が詳しく述べられていました。かなりの数の言語が存在し、国内ながら共通語として英語が使われているというのは面白いなと思いました。(第二章 インド人の言語力と英語能力―インド英語で世界へ)

・英語が当たり前の環境であること自体が、欧米圏で仕事をするにあたって有利で、また欧米圏のニュースや書籍にオンタイムで接することができるというのは、確かに強みだなと思いました。(第二章 インド人の言語力と英語能力―インド英語で世界へ)

・以前インド人にヒンドゥー語の日常会話を少しだけ教えてもらった時、所々に英語が混じっていて、この本で書かれているコード・ミキシングという言葉はまさにそうだったなと腑に落ちました。(第二章 インド人の言語力と英語能力―インド英語で世界へ)

・インド人がとことん議論好き、過ちを認めないなどの資質は別の本でも読んだことがあります。(第三章 自己を貫き通す力―インド人の発信力と交渉力)

・私が知っているインド人は全員占いで相手を選んで結婚していて、文化が違うなと感じたことがありましたが、話し合いでの決定が困難で、親族が何かと口を挟んで収拾がつかなくなるというのはなるほどと思いました。占いで選んだ後、結局親族が口を挟むという話も聞きましたが。(第三章 自己を貫き通す力―インド人の発信力と交渉力)

・疑うことが基本の文化で、オレオレ詐欺などが成功する余地がないというのは面白いなと思いました。(第三章 自己を貫き通す力―インド人の発信力と交渉力)

・図示する習慣がなく、全て文章で説明する文化だというのはあまり知りませんでしたが、図示・ポンチ絵での説明はあるていど背景が共通していないと理解できないため、一から説明するのが普通というのは多様な人々が入り乱れている国で背景が異なる人同士だとそうなるのかと気付かされました。(第三章 自己を貫き通す力―インド人の発信力と交渉力)

・インド人が数十人集まって数人のインド人を糾弾するためにやってきた現場に居合わせたことがありますが、この本に書いている通り、どれだけ険悪になっても手を出さず、口論で留まっていて驚いた記憶があります。(第三章 自己を貫き通す力―インド人の発信力と交渉力)

・インド人が強調することが苦手でチームプレイに弱いことはあまり知りませんでした。オリンピックのメダルの数などにはっきり出ていますが、スポーツをする余裕がないこと、体を動かすことに価値を置かないことを考慮しても人口が世界2番目の国としては少なすぎるなと思いました。(第四章 多様性大国の光と影―「個の力」がせめぎ合う国の人間模様)

・インド人経営者のなかでもトップ企業で働いている人たちについて簡単な説明が書かれていました。(第五章 混沌を力に―グローバル企業とインド人経営者たち)


○つっこみどころ
・忍耐や持論の主張などの特質はともかく、この本で挙げられている「力」と言えるほどの教育を受け、能力を有しているインド人がどれほどの割合で存在しているかというと、ごく一部であるように思えました。一部だけを切り取って「インド人はこうだ」と一般論のように展開していることには違和感がありました。インドから日本に来るには、技術者とコックとしてしかビザが取れないらしく、技術者のインド人の知り合いはおらず、コックのインド人を知っているだけですが、この本で述べられている長所の特徴で思い当たるのは一部のみでした。

・第五章でインド人経営者とその特質について触れられていますが、第四章までに述べられているインド人の姿と異なり過ぎていて、「インド人だから」と説明されてもあまり説得力を感じませんでした。「イエスと言えない持論を貫く、協力して物事を達成することが苦手なインド人・・・を束ねることができる」というのは、かなり苦しい繋ぎ方だと思えました。シャーリン・リーのオープン・リーダーシップの5要素をインド人経営者が持っていると書かれていましたが、その通りだとしてもあくまで各人の資質であり、「インド人だから」とは言えない要素だと思いました。



【古代インドの思想: 自然・文明・宗教】
山下 博司 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4480068023/

古代インドの思想


○この本を一言で表すと?
 古代インドの史跡・文書・気候から文化・思想の源流を探った本


○この本を読んで興味深かった点・考えたこと
・自然を含めた環境が文化に与える影響など、発見された史跡・文書の枠だけでなく広い範囲で当時の様子を検討していて、かなり多面的に研究されているなと感じました。環境が文化を決めるという環境決定論に囚われないようにしたとしながらも、環境が大きな影響を占める古代インドの文化について、異説も含めて丁寧に説明されていました。

・インドという地域が熱帯から亜寒帯までのほとんどの気候を包含していること、山脈や砂漠によってインドの外からアクセスする経路がかなり限定されていること、モンスーンによる雨季とそれ以外の乾季で雨量がはっきりと分かれていることなど、地域の特殊性について述べられていました。自然の厳しさと豊かさによって生かされる環境から、作為より無為、生産より分配に重点が置かれる思考・思想になっていること、低緯度に位置する地域として勤勉さや生産性を尊ぶ文化ではないこと、同じ低緯度地域でも東南アジア地域の人々に比べると何かにつけ耐え忍ぶ資質に優れていることなども述べられていました。(第一章 インドの大地と自然―思想と宗教を育んだ風土)

・インダス文明についての研究結果が述べられていました。インダス文明以前からそれ以後に関わる宗教の源流というようなものが存在したこと、遺跡が点在して広範囲に分布していたこと、インダス文明はアーリヤ人に滅ぼされたという説があったが、アーリヤ人がインドに来るより前にインダス文明の地域が乾燥化により衰退していたことなどが書かれていました。(第二章 インダス文明と原ヒンドゥー教―半乾燥地域の先史文明)

・アーリヤ人も環境変化により民族移動してインドに侵入したこと、それまでも乾燥地域にいたアーリヤ人がモンスーンによる雨季に衝撃を受けたこと、その衝撃からアーリヤ人最古の文献ヴェーダで神々として崇めることになったことなどが書かれていました。アーリヤ人がインドに来る前から作成されていたヴェーダの内容が、インド侵入以降影響されて降雨に関することに重点が置かれるようになったことなど、神話もその時々の民族が置かれた環境に大きな影響を受けることが良く分かりました。(第三章 アーリヤ人の侵入とヴェーダの神々―モンスーンとの出会いと衝撃)

・インドの北西から侵入してきたアーリヤ人が、侵入した地域の乾燥化などにより東漸し、森林に出会ったことによってまた宗教観に影響があったことが書かれていました。バラモン教でバラモン男子が生涯に経るべき階梯である住期(アーシュラマ)で、学生記、家住期、林棲期、遊行期の四住期が定められ、森で自己を見つめ続けるなど、神への祭祀から自己への沈潜へ、外から内へ信仰の対象が変わっていったことなど、環境の変化から宗教観まで変わっているのは興味深いなと思いました。遊牧から農耕に生活がシフトしたことで余剰ができたこと、生産しない階層も存在できるようになったことも大きな影響がありそうだと思いました。(第四章 ウパニシャッドから仏教・ジャイナ教へ―ガンジス平原と森林の思考)

・カルマ(業)の考え方について、善因善果・悪因悪果の因果応報の考え方から、一生だけでは善き行いに善い結果が返ってくるとは限らないので輪廻・転生という考え方で帳尻を合わせたというのは、若干強引な気がしますが面白いなと思いました。因果応報の考え方から自助的・自律的な考え方になりそうなものですが、行為の結果を受けない、余計な輪廻をしたくないという発想から無為の方に流れたというのも面白い流れだなと思いました。(第四章 ウパニシャッドから仏教・ジャイナ教へ―ガンジス平原と森林の思考)

・初期仏教の修行僧のあり方などについて書かれていました。神話や物語から修行僧の置かれた環境を類推する手法で、修行する森が集落の近くにあったこと、修行する地域はある程度安全が確認されている場所であることなどが解き明かされていて面白いなと思いました。(第五章 仏教と雨―修行者の暮らしと教団の成立)

・雨季と乾季では乾季の方が辛そうに考えていましたが、修行僧にとっては雨季の方が辛かったというのは意外でした。不殺生を貫くためには、雨季で様々な生物が路上に出てくる方が困難だったようです。そのために雨季は雨安居といって修行を休む時期に充てたというのは柔軟だと思いました。(第五章 仏教と雨―修行者の暮らしと教団の成立)


○つっこみどころ
・「インド的なもの」の源流として古代インドの思想を持ってくる流れが若干強引に感じました。現代まで共通する思想・思考は間違いなくあると思いますが、「一貫して現代に至る」という枠を著者が決めて、その枠に着地するように書かれているようにも思いました。



【すごいインドビジネス】
サンジーヴ・スィンハ (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4532263158/

すごいインドビジネス


○この本を一言で表すと?
 インド人のインド推薦の本


○この本を読んで興味深かった点・考えたこと
・「人口が多いからこそ、インドは成長できない」という問題意識については、別の本で知ったインディラ・ガンディーの採った強引な少子化対策などで知っていましたが、そのインディラ・ガンディーが進めた学校の建設が、メディアの発展や携帯電話の普及によって教育の重要性について認識させることでようやく花開き、初等教育の充実に繋がったというのは興味深いなと思いました。(第1章 成長を支える社会・経済インフラ)

・グジャラート州の首相時代に成功した経験を持つ現在のインド首相のナレンドラ・モディについて紹介されていました。ストイックでクリーンな政治家だそうですが、ヒンドゥー原理主義的な経歴を持つ人物でもあったはず。グジャラート動乱以降は特にそれっぽい行動を取っていないようですが、冷徹に自分をコントロールできる人物かもしれないなと思いました。(第2章 モディ政権の特徴を知る)

・インドのニーズと日本製品・サービスが適合していないこと、ローカライズすることが大事なことについて触れられていました。(第3章 有望市場へ参入する方法)

・日本のインド支援の内容や、日印共同プロジェクトについて触れられていました。(第4章 進行する数々のプロジェクト)

・インドの課題というよりは、日本とインドの認識や意思決定の違いからすれ違っていることに触れられていました。(第5章 インドビジネス 6つの課題)

・インドは組織よりも個人の力が大きく、その力の大きな個人との人脈が重要であることについて触れられていました。(第6章 インドビジネス 成功の条件)


○つっこみどころ
・著者の人工知能研究開発、証券会社やコンサルティング会社への勤務経験、日印パートナーシップ支援等の経歴があまり関係のない内容だと思えました。

・インドの良い点やインドビジネスのメリットを無批判に挙げているだけのように思えました。一部課題を挙げてはいるものの、大した課題ではないように書かれていて、全体としてインド推し一辺倒の内容だと思いました。



【インド財閥のすべて】
須貝信一 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4582856047/

インド財閥のすべて


○この本を一言で表すと?
 インド財閥の成り立ちから現代に至るまで解説した本


○この本を読んで興味深かった点・考えたこと
・インド財閥の成り立ちから、イギリスの植民地支配への対応、戦後の対応など、時代を超えてどのように存在してきたかが書かれていて分かりやすく、面白かったです。

・3大財閥の家系図が挿入されていて、誰が引き継いで続いてきたのかなどが分かりやすくてよかったです。

・東インド会社による植民地化により、最初に植民地となったベンガル地域の中心地カルカッタと、植民地となる前から東インド会社の商館がおかれていたボンベイで急激に商業が栄えたこと、カルカッタではイギリスが支配的でインド商人が従属的、ボンベイでは対等という対比などは興味深かったです。財閥化した「パルシー(ゾロアスター教徒の商人コミュニティ)」「グジャラーティ(グジャラート出身者の商人コミュニティ)」「マルワリ(ラジャスタン出身者の商人コミュニティ)」がそれぞれインドの西の方が出身ながら、パルシーとグジャラーティがボンベイ、マルワリがカルカッタと場所を変えて基盤を築いていたのも興味深いなと思いました。(第一章 財閥の起源と発展)

・イギリスのインド征服完了後、東インド会社の規模が縮小され、インド商人と元東インド会社社員との取引に移行し、経営代理会社をイギリス人が設立し、現地事業会社を運営し、その経営代理会社がインド資本に変わっていったという流れも興味深いなと思いました。(第一章 財閥の起源と発展)

・財閥がインド独立運動を支援したのは分かりますが、社会主義の導入も支援していたというのは不思議な気がしました。結果的に国家政策に食い込むことで社会主義化の恩恵をタタ・ビルラの両財閥が受けていたというのは見事な立ち回りだなと思いました。社会主義化が進んで財閥規制が進められたり、経済開放路線になったりと国の路線変更に左右されながら、それに乗り切った大手財閥の運営手腕はすごいなと思いました。(第一章 財閥の起源と発展)

・自動車産業、鉄鋼産業、IT産業の3産業を軸に様々な事業に進出しているタタ財閥の歴史についてまとめられていました。パルシーとして阿片と綿花の商人から始めて、大商人の基で働き、その大商人が失脚した後をうまくまとめ、綿工業に進出したというのはどの国でもありそうな立志伝だと思いました。タタが日本郵船と共闘して植民地支配者のイギリスに対抗して海運事業を始めていたというのは初めて知りました。その後ホテル業、不動産業、鉄鋼業に進出し、第二次世界大戦のイギリスの戦中需要に対応して躍進し、社会主義化した戦後インドにいくつか事業を国有化されながらも社会主義が行き過ぎないようにコントロールして対応し、2008年のリーマンショックで打撃を受けながらも「金利10パーセントの定期預金募集」を打ち出して資金を集めて乗り切ったという現代までの流れはすごいなと思いました。(第二章 君臨する最大の財閥、タタ財閥)

・後継者問題でタタ一族のノエルが継ぐ可能性もあるが、五代目会長のラタン・タタは一族にこだわっていないと書かれていました。ノエルの妻がミストリ家の者で、ミストリ家はタタグループ中核会社の2割弱の株式を有していると書かれていましたが、この本が書かれた当時の著者の読み通り、ミストリ家のサイラス・パーロンジ・ミストリが六代目会長になっていました。(第二章 君臨する最大の財閥、タタ財閥)

・非鉄産業、セメント産業、化学産業の3産業を軸にしているビルラ財閥についてまとめられていました。ヒンダルコ・インダストリーズがアルミで最大手、銅で二位の企業で名前は聞いたことがありましたが、ビルラ財閥のグループ会社というのは初めて知りました。マルワリとして後発ながらカルカッタ中心に阿片商人として資本を築き、ジュート(黄麻)産業へ進出して第一次世界大戦の軍需で大稼ぎし、インド商工会議所を解説してインド経済界を代表する存在になり、世界恐慌でイギリス資本が弱ったことに乗じて事業拡大し、政府により鉄鋼業進出を阻止されて非鉄産業に進出し、成功していったというのは時代の流れにもうまく乗ったのだなと思いました。(第三章 復権を狙う、ビルラ財閥)

・マハトマ・ガンディーが暗殺されたのがビルラ邸だったこと、GDビルラはマハトマ・ガンディーの側近として独立運動に参加していたこと、インディラ・ガンディーの財閥規制と拠点としていた西ベンガル州で共産主義の攻撃の的になったことなど、GDビルラの時代に苦難があったことが書かれていました。(第三章 復権を狙う、ビルラ財閥)

・GDビルラの後にGDビルラに期待されていたアディティヤが癌で早くに亡くなったこと、アディティヤの息子クマールがビルラ財閥を継いで、父アディティヤの名前から「アディティヤ・ビクラム・ビルラ・グループ」と名付けて刷新し、会長就任時の売上高15億ドルから15年で300億ドルまで成長させたこと、アディティヤ・ビルラ以外は没落していったことなど、大財閥でもいろいろ波があるなと思いました。(第三章 復権を狙う、ビルラ財閥)

・石油化学産業を中心に発展した現在でまだ二代目の新興財閥リライアンス財閥についてまとめられていました。創業者のディルバイはインド独立時に高校生で、中東で働いている兄の斡旋でフランスの商社に就職し、石油製品の部門の事務と営業を経てインドに戻ったこと、インドに戻って貿易商社を開始したこと、顧客の要望に何でも応える商社として事業拡大したこと、化学繊維に目をつけて繊維商社へ転換し、工場を設立して自社生産するようになったこと、さらに化学産業に拡大していったことが書かれていました。(第四章 急成長を続ける、リライアンス財閥)

・創業者のディルバイが脳卒中で2002年に死亡した後、遺書が残されていなかったために二人の息子が争い、その争いに首相を含めた政府運営者が会合するほどの騒ぎになり、母親の仲裁で事業を分けたことも印象的でした。現在では兄のムケシュが弟のアニルを大きく上回り、事業を侵食しているようです。(第四章 急成長を続ける、リライアンス財閥)

・中堅の財閥についてそれぞれ中核事業を中心にまとめられていました。ほとんど知らない名前でしたが、自動車産業で有名なマヒンドラ財閥や名前がわかりやすくて憶えていた二輪車事業のヒーロー財閥についても触れられていました。(第五章 群雄割拠の中堅財閥)


○つっこみどころ
・本の帯でラバイル財閥を「ライバル」と間違えていました。読み終えた後で目に留まってヒーロー財閥があるので出版社が間違えたのかなと笑いました。



【インドビジネス40年戦記】
中島 敬二 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4822251462/

インドビジネス40年戦記


○この本を一言で表すと?
 インドと関わり続けた商社マンの自伝の本


○この本を読んで興味深かった点・考えたこと
・住友商事の社員だった著者の入社数年目から定年退職後までにあった様々なことに触れられていてどのエピソードも面白く、一気に最初から最後まで読み通しました。著者のいかにも日本人サラリーマンといった思考と行動とインド人とのぶつかり合いなど臨場感があって面白かったです。

・著者の初めてのインド担当になった時から早期定年退職で会社を辞めようとしたところまでがダイジェスト版で書かれていました。一番自伝的な内容で読み応えのある章でした。ヒンドゥー教徒にとって、異教徒は不可触賎民(アンタッチャブル)という認識で、著者がインド人達とエレベーターに乗った時に話しかけるだけで「お前は失礼な奴だ!」と怒られた理由が、不可触賎民の吐いた息をできるだけ吸いたくないからだというのは印象的でした。(第1章 インド市場開拓)

・インドで日常的な役人への賄賂や税関の通し方について書かれていて面白かったです。特に、取引先のインド在住日本人社員にスキヤキをごちそうするために牛肉や卵など合計130kgを運んだ時の話は臨場感がありました。(第1章 インド市場開拓)

・インドで苦労した著者が努力したポイントやインド人と接する時の注意点等について述べられていました。インド人の特性として、人種や宗教などとにかく多彩で、考え方を変えることを気にせず、相手をなかなか信じず、人脈の形成に力を注ぎ、謝らず、約束の時間を気にせず、権威に対しては忠実で、ダメモトで何でも頼んできて、驚くべき聴力・視力・記憶力を有していることなどが書かれていました。日本人がインド人と接する時に気を付けることとして、誰にでも平等に接すること、くどいくらい確認すること、正しいと思ったことは妥協しないこと、暴力は絶対に避けることなどが書かれていました。(第2章 インドビジネス成功法)

・著者が商社を辞めた後に始めたいくつかのビジネスについて触れられていました。割と行き当たりばったりで、第2章で述べられていたインド人の特徴に著者も染まって行動しているようにも思えました。著者が商社時代に築き上げた人脈の力で、数ある壁を乗り越えていったことは、著者が第2章でも述べていた人脈の大切さの実例として重要性が良く伝わってきました。(第3章 インドでの起業)

・インド人が人を信用しない分、友だちと思っている人にはとことん気を許すことが、著者の誕生日を祝ってくれた友人のパーティーに参加することで他の友人が「自分はベストフレンドではなかったのか」と嫉妬して離れていった話でより伝わってきたように思いました。(第4章 インド人の真実)

・著者の「お貰いさん」に対しての考えが興味深かったです。お金を上げた途端に車いすから立って歩き出したり、毎回違う子供を抱えていたりする施しを渡して後悔したお貰いさんに対して、仕事に対する報酬と考えて自分を納得させているのは、見事な自分の心への対応だなと思いました。(第4章 インド人の真実)


○つっこみどころ
・最後がサイババとの出会いで〆られていたのが意外過ぎて笑いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。