お産の学校

富山県氷見市で、自然なお産ができる助産院の開設をめざして、日々がんばっています!(^^)!


テーマ:
お産の学校ささのです。

こうせいくんを無認可の保育園に入れましたが、めちゃめちゃこわがって、朝から泣いて大変なので、かわいそうなので、11月までうちで見ることにしました。

ようすけが幼稚園に通い出したときも、朝は泣いていて、でも行けば幼稚園で楽しんでる風だったので、たぶんお母さんと離れるのがいやなのだろうと、行かせ続けました。

わたしは、別に、幼稚園も学校も、本人がそこに居場所を感じられなければ、行かなくてもいいと思っています。身を守るのが先決です。

だから、しばらく迷ったけど、幼稚園をやめるのはいつでもできる、やめると今後のようすけの人生の選択肢もせばまる(もしかしたら幼稚園とか保育園に行った方がせばまるかも?(笑))と思って、行かせてみました。

何とか幼稚園の生活に慣れ、お友だちもたくさん増え、今ではとっても楽しんで通っています。

よかった、よかった(^-^)


こうせいくんの場合は、天真爛漫な表情が、朝になると、こわばって、恐怖でおびえていて、あ、これ、この子の今後の長い人生そのものによくない影響あるなと思いました。

1週間心を鬼にして通わせてみましたが、ますますひどくなるので、もう行くのはやめにしました。


そうそう、子どもって、もし親が、「だいじょうぶかしら?」と子どもを心配すると、その心配が子どもに飛んでって伝わって、結果的に子どもが幼稚園でなかなか楽しめないという事態が起こります。

だから、子どもを信じて、幼稚園の先生を信じて、にこにことして送り出し、その後は自分モードに入って、子どものことから注意をはずす。

しかも、例えばその間お母さんがお仕事をしているとしたら、そのお仕事を楽しむ。自分のことを楽しむ。そうすると、子どもにもそれは伝わって、子どもも幼稚園で安心して楽しむことができます。

子どもって、その場に適応する力をちゃんと持っています。

でもその子の性質で、適応する力が低い子もいます。それは別に、いいとか悪いとかの話ではなく、その子の性質の1つです。そんな時はまた、その子にとって何が一番いいか、考えなくてはいけないです。


こうせいは1週間でやめさせて、ようすけは泣いても通わせ続けた。


これはなんでかな?と考えて、それを文章化してみんなと共有したかったのだけど、やっぱその見極め難しいですよね。

先生の言うことではなく、子どもの言うこと、その言葉の裏の気持ち、表情に注意を向けて、母の勘を使って寄り添ってみる。


その子の幼稚園での様子は、推測しなくてもいい。むしろ推測しない。

その子が自分と向き合っているその時間のみに集中する。

「かわいそう」とか、大人側の心配や不安をひとまず置いて、その子に寄り添って、その子にとって一番ベストな選択は何か、頭ではなく、心で感じてみる。


すると、答えが浮かんできます。

その答えは、親の選択ではなく、子どもの選択。

そして、どんな選択をしても、まちがいなんかはなく、あとでいくらでも取り返しがつきます。



・・・ということで、先週1週間は、ブログもストップ、本書く作業もストップでした。

と、言い訳が長いところで本題です(笑)


でも、このことも、タイトルに関係してましたね。

「推測」についての考察。このタイトルで書きたいなと思ってました。


「推測」は、人間のみの能力。だと思う。

犬にこっち行くと電気が走るみたいなことすると、そこに行かなくなるのは、推測ではなく学習能力。

数学的に、グラフがこうだから、次はおそらくこうとか、

車の運転とかで、「もしかしたら子どもが出てくるかもしれないからここはゆっくり走ろう。」とか、

そういう場合に「推測」を使うのはいいけれども、人生の中ではあまり使わない方がいいんじゃないかなぁと思います。


目の前にある出来事にただただ向き合う。「淡々と生きる」。ただそれだけ。

重ね煮の山岡さんも、「念を入れていきる」という言葉が好きと言っておられます。

念とは、念力でうーん・・・ではなく、分解すると「今」の「心」。

今に心を置いて生きる。

「淡々と生きる」も「念を入れて生きる」も、小林正観さんのお言葉です。


お友だちが、わけあってだんなさまと別居していて、週末だけ会うそうです。子どもはだんなさまの方にいる。

子どもと離れている間、子どものこと心配じゃないですか?と質問しました。

そしたら、「最初は心配だったけど、そこを想像すると悪い想像しか出てこないので、自分が見ていない時のことを考えるのはやめました。会った時に子どもが元気なら、それでいい。」

と言われて、すごーい!と思いました。

これって、かなり奥の深い言葉だよなと思って、それでこのタイトルで書きたかったのです。


見ていない世界は存在しません。

またこれ、変な話ですが、自分の今目に見えているものだけが本当で、見えていない後ろの世界は実はないのです。推測はできますが。

うすさま塾(トイレ掃除の話)のせいこちゃんは、排水溝のその先は宇宙と言っていますが、それも同じ。

人間が目で観測してはじめて、その世界は成り立つのです。観測者がいないと、世界は成り立たないのです。


変な世界ですが、信じるも信じないも、自由です。


なので、なのでって、だいぶ話し飛んで、「なので」でいいかわかりませんが(笑)


見えていないものは心配しなくてもいい。楽しい妄想ならいいかなー??それが結晶化するかもしれない♪

恐れ、不安を推測すると、それが結晶化します。


目の前に起こったこと、ものを大事に、丁寧に向き合って、対処していく。


あな吉手帳って、薄いんです。今週と来週くらいしかはさまっていないからです。月間や年間スケジュールはついてますが。

これってすごーいと感動しました。「今」しかないんです。


手帳って、過去も一緒に持ち歩いているんですよね。

過去はもう、いらないというか、存在しない。ちなみに未来も存在しない。



言い方きついかなー。


過去の積み重ねで今の自分があるかもしれません。

その過去のどれがなくても、つらいことも悲しいことも、うれしいことも全部なければ、今の自分はいない。

出会いに大小はないという話も、過去に書いたと思います。小さい出会いが伏線となって、大きい出会いに結び付く。

小さい出会いがなければ、大きい出会いはなかったわけで、なので、出会いに大小はなく、どの出会いも全部大事、全部必然。


でも、過去は全部捨ててもいい。持っときたければ持ってていい。

毎日新しい自分だと、逆になんでもできる。


「今」の連続で、いつのまにか道ができて人生になる。


だから、推測なしで、毎日どんなことが起こるかわくわくして、目の前に起きたことに真摯に向き合って対処して、淡々と生きる。念を入れて生きる。


・・・と、楽だし、楽しくなってきます(*^_^*)


どこで誰がわたしの悪口言っててもいいんです。全然平気。

それはわたしの現実ではなく、悪口言っている人と聞いている人の現実。


直接言われたら、それはわたしの現実なので、その時にどうするか考える。


長々書きましたが、推測してもいいです。でも、推測のない生き方もあるよと、提案したかっただけです。


自分がどうしたら楽に生きられるか、ちょこっとでも参考にしてもらえるとうれしいです♪



余談。

こないだは小矢部に布おむつ講座でせいこちゃんと行きましたが、道中の会話、楽しすぎる!
せいこちゃんすごいと思う!

録音したら、いつか販売できるんじゃないかな(笑)


ほんとねぇ、2人で開く、布ナプ、布おむつワークショップ、宇宙の法則に沿ったスケールのとても大きい話をしています。

1万円くらいとってもいいよねと話しています。


自己啓発系のセミナーなんて、30万とか、ざらです。実はわたしも何十万、いや100万超えてるわ・・・も、かけて、学んでいます。

後悔はまったくなく、財産です。そこで夫もゲットしましたし(笑)


その辺の自己啓発系のセミナーよりも、質の高い話してると思う。

また、せいこちゃんもすごいから、相乗効果です。


一度受けた方も、また来てみてくださいね。再受講・・・安くしたいなと思っています。



でわでわ、長々と読んでくださって、本当にありがとうございます!!









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

お産の学校さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。