~このblogは~黄金井脩(唄い手&作詞作曲家)のツアー魂唄(TamaUta)の記録です

個人名は特例を除き表記せず親しさを感じる方程困った紹介をしておりますが

悪意なきことご了承くださいませ。

当初国内ツアーの舞台裏のみの記事でしたが現在は色々。

各地の愛すべき人々と景色。それではどうぞお楽しみ遊ばせ(^^r

尚新しいインフォメーションはHPにて確認をお願いします

http://www.blueasia.jp

色んな道、色んな景色。そして半年ぶりの阿蘇は地震を経験していた。

 

『南阿蘇の集い』お世話になった皆さんへ演奏後、空には幻想的な月。

 

今は線路が錆びてるが、ねこは元気そうだ。

 

『キルプ書店』みんな立派でした↓おいらもちょっと立派なふりをし↑

控え室はだだっ広い。子猫はギター好き。

翌日は阿蘇を見て回ったけど福島同様、安易な報道の風評被害があって

 

全然大丈夫な地域で、普段は予約いっぱいの行きつけの店にお客さんは一組。

 

『黎明』灯り消すの忘れてない(^^?熊本を夜のうちにたって、空のダイアモンドの下に停泊

 

すると夜明け前、隣にカウンタックが来た。また道中昼休みしてると前にフェラーリが来た。

間違いなく見せびらかされる旅だった(^^)さあ、気を取り直してラストスパート!

 

『清水寺』寺側の関係者は猫のみで住職さえ居ない中、手前供スタッフ活躍の愛知県(^^)

 

『ノベンバーイレブンス』東京赤坂10年ぶり?もっとかな。くらいにやってきましたよ~(^^!

 

函館まで新幹線使ってみました。予定のに乗り遅れたら青森まで立ちでした、景色も寒い!

 

でも一仕事終えて室蘭あたりかな、世紀のスーパームーン前日、空のご褒美(^^!

 

翌日札幌でスーパームーン!数年前のブルームーンも偶然函館港であの光を浴びたなあ。

 

スタッフが時計台ライブのチラシ置くの断られたそうだがいいホテルだったよ~!で琴似~!

 

『PATOS』琴似って不思議な町だな、面白い(^^)

 

翌日札幌の長ぁ~いお付き合いの魔界の生き物が社長になったので表敬訪問してみると

 

レトロな社員と、レトロな販売コーナーとレトロなトラックまでそろっていてたまげた。

 

子供だった友人の娘はカメラマンになり翌日フォトセッション。信頼のスタッフも増えた!

 

『なないろアルシェ』札幌にもまだ知らなかった楽しい空間がまだあったんだね~(^^!

 

『某函館ライブハウス』チャーターライブで白亜の城↑の主と遊ぶ(この白い建物が年明けの函館リーフライブの会場です♪)今回はショートだけど今年3度目の北海道ツアー(^^!

 

          

久しぶりの伊豆ライブだからとなるべく早く出たが冬の一日は早いね~。湯河原で暮れかけ

 

なんだかんだとオイラを呼んでくれた人達の顔が目に浮かぶ道中。夜の会食には間に合った。翌日の本番前、いで湯の町を散策。また演奏に来れて幸せだなぁ。

 

『暖香園』伊東温泉で年越しの押し迫った夜、それもロビーでのコンサートなのに

100人を軽く超えるお客さん!老舗旅館の底力。

会場に溢れた皆さんの笑顔にこちらが癒されてしまうねぇ。

そしてライブに来てくれたハートフルな芸者さん達からの御屠蘇で2017年開始!

旧年も沢山の方のお世話になりました。ありがとうございますm( )m

2017年一人残らず良い年でありますように(^^r

AD

~このblogは~黄金井脩(唄い手&作詞作曲家)のツアー魂唄(TamaUta)の記録です

個人名は特例を除き表記せず親しさを感じる方程困った紹介をしておりますが

悪意なきことご了承くださいませ。

当初国内ツアーの舞台裏のみの記事でしたが現在は色々。

各地の愛すべき人々と景色。それではどうぞお楽しみ遊ばせ(^^r

尚新しいインフォメーションはHPにて確認をお願いします

http://www.blueasia.jp

 

『都』2016年最後の旅はここ尼崎からスタート、翌日は神戸で翌々日のリハもして

 

『浄土宗総本山誓願寺』今年も大きな仏様に見守られて演奏させてもらえました

 

衣装も替えてm( )m翌日は工業地帯の海を横目に

 

哀愁の町、和歌山へ(どこが哀愁かはわからん)

 

『天空』はじゃんじゃん横丁のランドマークですが下から普通には見えない。

 

打ち上げの金魚で店のスタッフ、大阪に来て喫茶店マスターをつかむ花魁!

 

『もりもり』今回の関西のうち三か所で花魁熟が駆け付けてくれたんですよ。

だから今回のもりもりチラシ、またまた傑作であります。

もりもりのカウンターの一部分の某高橋先生作ですm( )m

一路、奈良に向かい、歴史的な家屋での宿泊施設にお世話になり

 

『HOTEIYA』どこか懐かしい砂糖細工のカフェの美女連に病人が拉致され

 

楽しい旅路はその夜のうちから始まり今は山中~今は浜~♪日本海側へGO!

 

『木綿街道交流館』初めて出雲で招いてくれた時の会場の傍で♪で岡山へ

 

『CAFEsayuriLA cachette』ライブ後はフェラリスト達の集会。懐かしのフェラーリの姿も

 

イイ赤だ。オイラの乗ってたフェラーリと同じ赤(^^)今は珍しいテスタロッサの事を

思い浮かべた翌日から道でもすれ違いそしてまた会場で会い。夜のうちに四国へ

『ルフラン』ではまたまたマダムのピアノをフューチャー頂き、あ~ここはパリかソレントか♪

 

天気予報は暴風雨だが外は空に星のパラダイス☆また夜のうちに徳島へ

 

『CafeCAAAN』こんな素敵なハーバーありましたっけ?ではまた夜のうちに兵庫へ戻り

 

『♭フラミンゴ』がまだ小さな小さな店だった時にはカウンターに乗って演奏しましたが

 

こんな大きな店に!と驚きつつ神戸に邁進。テッド、会いたかったぜ!

 

『チキンジョージ』恒例のぬいぐるみ達によるいじめにあいながらも協力ヘルパー達のお蔭で

 

ありがと~!ではまた夜のうちに関門海峡へ向かいます。すると朝の海峡に

 

デッカイ客船。これ豪華というより団地に見えた、、。で後ろにフェラーリ停車

 

長崎ではお馴染み名物社長がまた怪しい座談会をしておりましたので参加したらば

オイラが単車の中で一番好きな、世にも珍しいドゥカッティ900ssデスモ持ってる方が

おりまして、今回は好きな物見せびらかされ続けられる旅でした(^^)

 

翌日は朝から社員を連れまわし散策。会場は稲付のステージまで用意されて

 

『833スタジオ』は今年も七変化でごした。よかよか。

 

『馬酔木ALBOROQUE』で今期も豪華フラメンコとの饗宴をさせていただき

 

朝もやの鹿児島でひと眠りしたらばちょっとブルージーな桜島を越えて天文館へ

 

何かといつも賑やかなこの町を楽しみつつ会場へ

 

『LiveHeaven』意地でもオイラの年2ライブを続けてくれた鹿児島チームに感謝!

 

月夜の下、久しぶりに打ち上げに箇所梯子させていただきましたm( )m

 

朝、幻想の桜島を眺めつつ噂のしゃぶしゃぶ屋さんへお招きいただき

 

『月が見る夢に唄う2016』前半終了。さあ、北海道まで北上だぜ~(^^!

AD

~このblogは~黄金井脩(唄い手&作詞作曲家)のツアー魂唄(TamaUta)の記録です

個人名は特例を除き表記せず親しさを感じる方程困った紹介をしておりますが

悪意なきことご了承くださいませ。

当初国内ツアーの舞台裏のみの記事でしたが現在は色々。

各地の愛すべき人々と景色。それではどうぞお楽しみ遊ばせ(^^r

尚新しいインフォメーションはHPにて確認をお願いします

http://www.blueasia.jp

『Claps』東京は六本木、翌日は愛しの『Cristobal』湘南は逗子♪

 

一路、北北東に(適当)進路をとり東北の南部は材木町へ

『酒買地蔵尊大祭』岩手は懐かしいイーハトーブミュージックの人達が呼んでくれました。

尺八の御大にいきなりセッションも頼んでしまった(^^r酒屋唄♪ありがとございますm( )m

ライブ後は懐かしの玄武温泉「ロッジたちばな」へ 先が崩れて行き止まりだった。

集落は色々変わってましたが変わらないイイお湯と素敵な人達の宿っす!

翌朝は地熱発電所のあるお湯の滝を見て出発!

全く水のない、まるで賽の河原の様子を見ながら青森へ

台風の風待ちか、債権の問題か、函館港の手前で貨物船の渋滞。

『ST』サロンでの演奏。何度か店の前の砂浜を散歩した時に気になっていた店だった(^^)

函館の栄養を吸収して翌日『Leaf』へ。まだ早すぎたがやはり栄養補給。

蕎麦の海に浮かぶ羊蹄山を見ながら倶知安『ラポール』素敵なご夫婦の歌広場♪

『Day&Night』札幌は打ち上げがドンドン派手になってきて嬉しい。

『Pastel』琴似のイタリアンで豪華絢爛なショータイム(^^)積丹に御一行様

↑よ~く見ると、、。高所恐怖症の僕には信じられない業ですm( )m

滝川では村祭りの準備に大わらわ、ラジオ行ったり看板作ってたり、なんかウキウキ。

美味しい匂いが外も中もしていて気が散って仕方ない。

そんな中、町一番の幸せを独占する音響隊長が素晴らしいセッティングしちゃいます。ので

『自然の家』安心して唄っていた黄金井脩、今は打ち上げで荼毘に付されています。

なんかのんびりしていますが、出発せねば!

美瑛の花畑を左に、太陽のスポットライトが山肌に落ちるのを見て美術館を目指し

大雪山に上り夏休みの宿題は終了しました。

『木楽輪』ライブ後に黄昏れて、廃列車を見つけて語りあう。

『RimCafe』終了後はみんなで旭川の夜を満喫(ファミレスだが)

宿ではトンボさん来客。さて、今年も日本一好きな道路だ、オホ~~ツク!

なんか年一このアングル撮らないとダメな気がしちゃうんだな。利尻さま、ごきげんよう。

宿の眼下に日本最北の駅に走る列車の姿。さぁ~そろそろライブ開始!

『BarRestGrandB』ホテルと同じ敷地だと楽です!打ち上げは稚内の町へ~!

港では黄金井脩ライブ祝賀花火(と思ってれば幸せさ)

ダイナミックな山川から可愛いレトロバスまで、飽きない道中です。

『CrossRoad』北見は初めてのライブハウス!音響が楽だ(^^!

苫小牧港では月とジェット機と松のコラボレーション。

アミダサマはクセの塊のような店で、今もみんなの心にありますから。つるさん。

『Jam』移転、クーラー稼働初ライブ!イエイ!

室蘭の港は必ず車を停めてしまうんだな。昭和新山も見えてきて

伊達で一呼吸、函館に向かいまする。

国際ホテルから港を見ているとバタバタした下での行動を忘れるなぁ。真下は見れぬが。

津軽海峡を渡って津軽富士を越えて、田んぼが輝く季節かな。

峠の分岐は間違えると目的地にたどり着かないんだ、昔失敗した。

『どまっこ』今年も黒石の大御所が作ったひょうたんの灯りで始まり始まり。

岩木山に差す光がなんか言っているようでした。

『松緑会』今年も満月?みたいな月が輝いておりました。

『すぺいん倶楽部』ライブ前定例食事会。行儀の悪い子供達とそれに慣れてる母さん。

東京に戻ると今回も素敵なセレブレーションが、太陽と富士山のコラボレーションでテンプテーションな、、、。

駐車場ではヤモリもお出迎え!皇居にチョコッと里帰りして

『鹿島セントラルホテル』今年もゴージャスな茨城、、あ、チップが唸ってる!

2Daysは舞台が変わりますがやはりチップが!凄ぉ~い久しぶりのコラボ、ありがと!

翌日はお世話になった鹿島神宮にお参り。ここに来ると素敵な光景に遭遇します。

2016年も水満ちる緑に唄わせてくれて、ありがとう。

AD