$カメラマン長谷川修のブログ



東京都内(文京区)に撮影スタジオがあるフリーカメラマン です。

企業広告(コマーシャル)や広報、雑誌を中心に活動しています。

ポートレート(人物)、静物(商品)、料理、スナップなど幅広いジャンルで写真撮影しているプロカメラマン です。

写真撮影は何でもご依頼ください。
東京都内(文京区)に撮影スタジオがあります。
スタジオ撮影はもちろん、ロケ撮影や出張撮影にも対応いたします。






「これからはじめる商品撮影の教科書」(技術評論社)という書籍を出版しました。
こういう写真撮影の解説書籍は、今回で5冊目で初めての単独著書です。
今までは共著助太刀的手伝いの立場 での著書のものでしたが、5冊目にして初の単独著書になるのです。


そして、「このような内容で」という最初の原案や構成を考え、作例写真を全て考えて撮影し解説文を書き綴ったことでもあり、まるで宝物のような思いの一冊です。


内容は、タイトルにあるように商品撮影の基本について解説したものですが、大型ストロボやスタンド、ポール、ディフューザーなどプロ用の撮影機材ではなく、電球型蛍光灯とディフューズボックスを使うセッティングの解説を主にしました。
また、基本的なセッティング、もっとも大切な考え方である「光の質」と「光の方向」について、質や形状の異なる商品ごとの作例など、スタジオ撮影の基礎から応用までをわかりやすく解説しています。


せひ、お買い求めの上、ご一読ください。



また、ボクのホームページでは、作品写真や仕事履歴などを掲載しています。
ホームページは、<
こちら >か次のアドレスをクリックしてください。

http://hco.nomaki.jp/


それと、作品撮りにご協力くださる方がいらっしゃいましたら、ぜひお声掛けください。
力を合わせて、いい作品をつくりませんか。
詳しくは、このホームページをご覧ください。
http://hco.nomaki.jp/bosyu/index.html

個人向け撮影の「窪町スタジオ 」もご利用ください。


メッセージやコメント、読者登録、アメンバー登録、ペタなども、

どうぞよろしくお願いいたします。



$カメラマン長谷川修のブログ(フェースブック) も始めましたので「友達になる」をぜひプチッとクリックしてください。ぜひ!







1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月09日(金) 08時08分08秒

ポプラの秋(著・湯本香樹実)

テーマ:読書感想文

 

 

湯本香樹実さんの「ポプラの秋」を読みました。
恋愛が破綻し、勤務先だった看護師の女性の少女時代を過ごした小さなアパートの、大家のおばあさんとの思い出を語っていく構成の作品です。
このおばあさんの姿かたちは醜いようですが、気持ちの奥底が温かく、素敵です。
こういう大人がそばにいると、きっと、子どもは素直にたくましく育つのだろうなあと思います。
ボクも、そういう大人になりたいと思えてくるストーリーでした。
 

 

ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/
 

 

窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/

 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年12月08日(木) 08時08分08秒

徳島

テーマ:日常のできごと

 

週の真ん中の昨日、水曜日は、徳島へ行ってきました。
徳島行きが決まったときに航空券を手配するとき、窓側を予約しました。
きっと、おそらく駿河湾上空を飛ぶルートで、冬晴れの富士山が望めるのでは、と思ったのです。
 

 

昨日の朝は曇りぎみだったので富士山は見えないかなあと、あきらめかけていました。
でも、雲を貫くように、雲をまとうような姿の富士山が見えました。
とても美しかったです。
 

 

徳島では、阿波尾鶏(あわおどり)をいただきました。
とっても美味しかったです。
 

 

今回の全国遠征も、日程的に、ちょうど折り返しくらいです。
曇りで見えないかなあとあきらめても、こういうふうに、思い描いたとおりに富士山が見えたというのは、まさに吉兆で順調ということだと思います。
 

 

ただ、こういう順調なときは、案外とイージーミスしやすいので、気を引き締めていきます。
今日は、スタジオ(事務所)で撮影です。

 

 

ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/
 

 

窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/
 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月07日(水) 08時08分08秒

長崎、ながさき!

テーマ:日常のできごと

 

 

先週の木曜日から日曜日まで、長崎へ行ってきました。
佐世保で感動的な風景の中で過ごし、週末は障害者乗馬のメンバーとのひと時があり、日曜日は平和公園や原爆資料館へ行きました。
原爆資料館で黒く炭化してしまった、本来だったら14歳の少女が食べるはずだったお弁当に胸が詰まり、平和祈念の像の姿かたちの意味をあらためて心に刻みました。
 

 

 

 

歴史博物館は、時間をかけてじっくり見ました。
ただ、なぜ門戸を開いた出島が長崎だったのか、なぜ中世の人たちは見たことのないキリシタンを受け入れたのかなどが、どうもしっくり理解できないのが残念でした。
けっして、キリスト教を排他するのではないのですが、中世の人たちにとって、人相も髪や肌の色も自分たちとはまったく違う、見たこともない南蛮人って、まさに未知との遭遇だったと思うのです。
ということは、現代のボクらにとっては火星人のようなもんだと思うんです。
火星人と友好関係を築き、火星人が信じる宗教を受け入れるって、なかなか難しいと思うのです。
となると、中世の人たちが南蛮人やキリスト教を受け入れたのは、なぜなのだろうかと、不思議なのです。
そのことが、いまいちわからなかったのが、ちょっと残念です。

 

 

 

 

坂本龍馬がいろは丸号を沈められた後処理の会談場所だったといわれる聖福寺にも行きました。
立派な山門と本堂が、往時をしのばせます。
 

 

 

 

土曜日の夕方には、対岸から軍艦島を望みました。
ちょうど日没時間で、オレンジ色でグラデーションになる空を背景に、軍艦島がシルエットになり、とても印象的な風景でした。
波の音、潮の香り、冷たくなっていく空気。
そういうものが寄り添って重なり、さらに見事な風景を見せてくれました。
 

 

ほんと、良い4日間でした。
さてさて、次は、どこへ行こうかなあと思い始めています。
 

 

ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/
 

 

窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/
 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月03日(土) 08時08分08秒

佐世保ッ! 2

テーマ:日常のできごと

 

いやー。
やはり、佐世保は良い町でした。
昨日は、朝起きたら、朝市へ行きました。
魚や野菜などの生鮮品が主ですから、お土産に持って帰れそうにないのが残念です。
朝市をぶらぶらしてホテルへ帰る途中、雲間から太陽が出てきて、朝日が港町を眩しく照らし始めました。
潮の香りと静かな波音に港町らしさを感じます。

 

 

 

レンタカーで向かったのは、九十九島です。
リゾート地だそうで、ヨットがたくさん停泊しています。
208もある島を望める展望台に行く途中、猫に出会いました。
見かけて目が合ったときに、「逃げるかな」と思ったのですが、警戒はしているようですが逃げることなく、まわりに体をこすりつけてマーキングしています。
島々を背景にしようと「写真を撮らせてね」「いい子だね」などと話しかけながらアングルを変えていると、なんか岩合光昭さんみたいだなあ、と笑ってしまいました。
ただ、散歩でやってきた人が犬を連れていて、目についた瞬間、まさに脱兎のごとく逃げていきました。

 

 

九十九島に棲む動物たちの解説版がありましたが、猫も加えるべきと思いました。
だって、けっこう人懐っこい猫が多くいました。
人を嫌いではない猫が多いというのは、優しい人が多いということと思います。
 

 

 

 

島々を巡るフェリーが、ちょうど出発時間だったので乗船しました。
潮風を受けながら進む島巡りは、面白く楽しかったです。
島というより岩のようだったり、ライオンや潜水艦に似た島だったり、「たくさんの島」という意味があるという九十九島の名前のとおり、いろいろな島がりました。
 

 

 

 

佐世保バーガーも食べました。
口を大きく開けないと、食べられないくらい厚いです。
うまかったです。
佐世保の街並みを眺められる展望台からは、アメリカ海軍の戦艦や佐世保重工業のドックなどが見えるパノラマの風景が広がっていました。
 

 

いやー。
佐世保は、ほんと、良い町でした。

 

 

ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/
 

 

窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/
 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月02日(金) 08時08分08秒

佐世保ッ!

テーマ:日常のできごと

 

いやー。
やはり、佐世保は良い町でした。
午後3時くらいに佐世保に着いて、駅周辺を歩いたのですが、のんびりしていて、それでいて、きちんと活発で歩いていて気持ち良いです。
全国、いろんなところに行かせていただいている経験上、こういう町は、間違いなく良い町なんです。
 

 

不信心で穢れが多かろうの身として、いささか抵抗がありましたが、三浦教会の中を見させていただきました。
高いドーム天井が連なり、足音が反響し合い、厳かです。
 

 

 

近くに「とんねる横丁」というのがあると聞き、行ってみました。
「防空壕を利用した商店街」とのことだったので、トンネルの中に店が並んでいるのかと思ったら、「防空壕の穴が店になって通りに面している」ということのようです。
いやー。
こういうのは、行ってみないとわからないし、行ってみて、なるほどと思うのも面白さです。
 

 

 

夕食は、レモンステーキです。
鉄板から、はみ出すくらい大きい肉は、レモン効果なのか甘く柔らかかったです。
いやー。
こういうふうな美味しいものを食べられるなんて、佐世保の人たちが羨ましいです。
 

 

 

街の中のイルミネーションも、ホッとしました。
長崎旅の一日目から、良いスタートです。

 

 

ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/
 

 

窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/
 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。