<<収めるしくみ研究所>>大切なモノとココロの整理収納術

忙しい毎日だから、自分らしい収めるしくみを知って人生のゆとりを見つけてみませんか?


テーマ:
使わないけど取っておきたいものって、ありますよね?
どのように保管してますか?

第二の人生空間をつくる研究家☆かみて理恵子です。
これからの人生をもっとプレミアムに暮らしていくためのしくみを研究しています。

アルバムとか思い出の品とか、
旅行のお土産とか、
いつか使いたい、使うかもというようなシナモノ、
結構ありますよね。
ワタシもありました。

過去形です。笑
先日、踏ん切りのときがきて、それぞれ、手放しました。

どうして手放すという見極めができたかというと、
秘訣があるのですよ。
それは、たまにそれらのモノを見るということです。


いつか使うだろうと思うものをどうするかはとても
悩ましい問題です。

そういうものは、
いつか使うわけではないので、すぐ使える場所には置きません。
でも、奥のほうにしまっておくと、何が入っていたか忘れちゃいます。

ワタシの場合は、借りていたトランクルームに入っていました。
11年前の引っ越しで、家の広さが半分になったので、
使わないものだけど、取っておきたいもののためにトランクルームを借りたのです。

置いていたのは、

季節外の洋服、着物。
1ダース揃いの食器
毛糸

アルバム、写真
卒業アルバム
お酒
旅行用バゲージ
などなど。
畳、約二枚分に、棚やら洋服ハンガーとかがびっちり置かれてたのですよ。

長年の間で必要なものは、順番にトランクルームから取り出したり、
本当にいらないと思うものは処分したりしていたので、
残っているのは、すぐに使わないものばかり。

どうしようかと考えると、

①家にあるものを手放して、これらを家に置く。
②これらを全部手放す。
③このまま置いておく。

のどれか。
②かなーとはかなり前から思い始めていたけれど、
踏ん切りがつかないというか、まだ手放したいと思えなかったのですよ。


でもね、ワタシはトランクルームに行ったときには、
かならず、そこにあるものを全部、箱を開けて、
チラ見なり、じっくり見なりをする。ということを繰り返してました。
必ずなにがあるのかを見ると、
これかー。こんなん、とっておいたんだー。とか。
思うわけですよ。

もともと、買って取っておくことを決めてから時間が経っているので、
自分の気持も移り変わっている場合もあります。

もちろん、変わらないから手放したくないモノもあります。

それをね、確かめるために自分の持ちモノが何かを確認するために見るのです。


ワタシの場合、見ることを繰り返していたら、
手放してもいいかなと思えるモノが増えていき、
残しておきたいモノが、これくらいなら、うちに保管できるなと思えたので、
トランクルームを引き払いました。

いろいろなモノ、どう手放していったか、次回以降お話したいと思います。

自分の持ちモノ、把握してますか?
全部わかってますか?

いつもご訪問ありがとうございます♪
今日も、あなたらしい上質な生活を愉しみましょう。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも使うわけじゃないけれど、必ずあるのが、アルバムや写真。
その整理はどうしてますか?

 

{84F2C0C8-EAAB-4F5D-9628-1FE31A115686}

第二の人生空間をつくる研究家☆かみて理恵子です。
これからの人生をもっと自分らしく暮らしていくためのしくみを研究しています。

今は写真と言えばデジタルですが、ちょっと前までフイルムで紙の写真でしたね。
人生のながいワタクシは、かなりの数持ってます。笑

アルバムをどこに置くのか、どのように保管するのか
気になっている方、結構いらっしゃいますよね。
アルバムになっていればまだしも,,,,バラバラの写真たちのままだと、
その整理と言ったら、気が遠くなりますね。
スモールハウスの我が家でも、結構重要な問題です。

この夏、目をそむけていたその重要な問題に対峙しなくてはならなくなったのです。
*対峙しなくてはならなくなった理由は、また詳しく後ほど。

で、どうしたかと言いますと.....

全部スキャンして、捨てちゃいました。

過去の思い出より、今なんですねー、ワタシ。
もちろん、思い出も大切です。
でも、限られたスペースに、置けるモノは限られるわけです。
そうなると、アルバムや写真より、自分の大切な他のモノを
置きたいなと思ったのです。
それに、アルバム、ほとんど普段見ないじゃないですか。
重いので、出すのも大変だし。

だったら、デジタル化して、
スマホやPCなどから気楽に見れたほうがいいなと思いまして、がんばりました。

それに、我が家は、二人家族。
ワタシたちだけが写真を見て楽しめればいいのかなと思ったのです。


赤ちゃんから小学生くらいまでは、ちゃんとした厚い台紙のアルバムで、場合によっては上から糊のついたセロファンみたいのに挟まれていたりして、
剥がすのが大変でした。
処分すると思えば、多少裏が薄くなっても気になりません。
沢山のうちの一枚だから、破れても、まっいいかなーと。笑

結婚式や成人式の八つ切、六つ切りの写真は、プリンターのスキャン機能を使い、
ごく普通の写真は、ScanSnapで連続読み込み。

とりあえず、全部、スキャンして、外付けハードディスクに保管しました。
今は、google photoを使って、仕分けして、見たいときにみれるように
整えている最中です。
そこまでいって、ゴールですね。
まだ少しありますが、紙の写真が散乱しているのを考えると気が楽です。


紙の写真を捨ててしまっても、
まったく、写真を見れなくなったわけではないですし、
空間として余裕ができたという満足感もあります。

そして、大切な思い出を自分なりに片づけたという達成感を感じ、
未来に向かうモチベーションも盛り上がりました。
片づくと気持ちいいですね。


いつもご訪問ありがとうございます♪
今日も、あなたらしい生活を大切に愉しみましょう。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
*他人への執着を手放す
 
9/9にモノヒトコトお片付けCAFEにて、
「しなやかに生きる心の片づけ」の読書会 M-cafeを行いました。
またもや、気付きのシェアで自分だけでは気付けないことを気付かされました。
共同学習ってすごいですね。
image
今回は、「しなやかに生きる心の片づけ」人気のPart5、
他人への執着を手放すでした。

 

他人への執着とは...

 
あの人を変えたい。あの人の考え方を変えたい。
あの人とは関わりたくない。
あの人への過剰な期待。
あの人とは関わりたくない。
あの人は癇に障る。
あの人と比べてしまう。
 
というようなことですね。
なにかひとつくらい、あてはまることあったりします..か?
 
このPartでは、そんな一つ一つの手放し方を
色々な視点から説明してくれています。
 
みんなで、うんうん、そんなことあるわーと読み進めるのですが、
他の人の気付きのシェアを聞くと、そうだなーって新たな思いが浮かんだり、
または、そうなのか.、だったらこれはどうなの?...と新たな疑問が生まれたりして。
この本の内容の深さを改めて感じる。ということの繰り返しでした。
 
わかるんだけれど、わかならい。
こう思っていたんだけれど、もしかしたら違う解釈なのかもしれない。
 
決して、統一した答えを出そうとしているわけではないのですけどね。
それだけ、心の中は人によって違うし、広いんだということなんでしょうね。
 
 
 
じゃ、ワタシの場合は.......というと、
 
 
癇に障っちゃう...というところで、スイッチが入りました。苦笑。
 
 
実は最近、いけないと思っていても癇に障っちゃうときがありまして...
ときというかひとというか......
それをどうにかしなくちゃいけないなって思っていたのです。
 
 
いつもじゃないんだけれど、たまに癇に障る....
 
なんでそう感じちゃうんだろう。って、思ってました。
いけない、いけないって思ってたんです。
 
どうしてなんだろう、どういうときなんだろうって、
客観的にその時を見つめなおすと、どうやら、
自分にスイッチが入るポイントがあるということに気がつく。苦笑。
 
先方はきっと、そんなつもりじゃないはずなんですよね。
だから、やめて。とは言いづらい。
それは、
あの人を変えたい。あの人の考え方を変えたい。←他者への執着
ということになってしまいますからね。
 
どうするものかなーと考えていたわけです。
 
そしたら、M-cafeで答えを見つけました。
 
「しなやかに生きる心の片づけ」のなかにこう書いてあります。
********************
許すということは.....(略)
ただ、心の中で固くしこりのようになっていただわりを手放すと決めることです。
********************
 
こだわりを手放す。
確かにそうですね。
癇に障るポイントのこだわりを手放す。
そうしたら、ポイントにひっかからないわけなので、
癇に障らなくなるってことなんだと納得。
 
こうやって、心が片づいていくんですね。
 
一緒に参加してくださった方のご感想もシェアします。
*************************
読書会への参加は今日で3回目となりますが、
毎回その内容の濃さに参加できてよかった~とものすごい達成感とも満足感とも思えるような感情を抱いて帰宅できます。
今回は特にとってもタイムリーな内容に、輪読中何度も唸ってしまいました。
自分が相手を思うが故にいかに自分本意の考え方で物事を見ていたか、自分の言動を客観的に気付ける貴重な学びになりました。

マグちゃん、トヨピョンのリラックスした雰囲気づくりのおかげで、初対面の方とも安心して自分の思いを吐露できて、気付きをシェアできました。
ありがとうございました!! (A.Sさま)
**************************
一ヶ月に一度みんなで読んで、考えて、実践する。
M-cafeの可能性のすごさを感じます。
初めての方も大歓迎。
一度も読んでない方も大丈夫。
ご都合あうようでしたら、ぜひ。
次回は、10月12日(水)です。
みなさまにお会いできるのを楽しみにしてます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)