ザ・プレミアム
「鈴木亮平 “世界ミステリー遺産”に挑む! ~アドリア海縦断・7日間の大冒険~」


イタリア、スロベニア、ギリシャの3カ国、6ヶ所のミステリー遺産を巡る壮大な旅を、前後編の二週に分けてそれぞれ90分、たっぷりと紹介してくれています。

 

 


“世界ミステリー遺産”を求めて、今回アドリア海沿岸を旅するのは、世界遺産検定一級を持つ俳優・鈴木亮平。一般にはあまり知られていない世界のレガシーを伝えてくれました。


まずはイタリアへ。
かつてヴェネチア共和国が築いた城塞都市・パルマノーヴァを訪問。

鈴木は、上空から見える整然とした星型の都市の風景に驚きます。

星型9角形都市・・・30年かけて築きあげた軍事都市らしい。

420年前に出来たこの都市を訪れた鈴木享平。世界遺産マニアならではのコメントが凄い!鈴木のワクワク感が伝わる。

大好物を目の前にして、鈴木曰く「城門だけで、ごはん3杯はいけますね!」(笑)

城門の内と外では風景が一変するのは、「百聞は一見にしかず」といったところで、驚きしかない。

外から見れば城壁も見えず小高い丘にしか見えない。それもこの街の計算された構造だということが番組を見ていくうちにわかる。

なぜ?星型9角系・・・内と外から一斉に攻撃できる十字砲火という当時の最先端の戦術のために9角形が用いられた。

ほかに、キリスト教において「3」は完璧な数字という事で3の倍数にしたという。

研究者が「街を護るために神の恩恵を受けると信じられている3の倍数を至るところに採り入れた」。だから城門は3つ、環状道路は3本、広場は6角形などになっている。さらに、地下通路の存在が・・・

5,500人が暮らしているという人々の様子も紹介。歴史と伝統の上に新たな時を築いていく人々の暮らしぶりが伝わる。

 

 


隣国スロベニアでは、ブレッド湖へ。

 
その湖には、まるで湖面に浮かんでいるように見える湖上の教会。「なぜこんな場所に建てられたのか?」その秘密に迫まった。
 
 
《第2回スロベニア・ギリシャ》
 
ギリシャ西部、イオニア諸島に位置するザキントス島を訪れる。そこから“難破船”で有名なナヴァイオ海岸へ。
 
 
 
白い断崖絶壁に囲まれたビーチ。海の色が息をのむほど美しい。そのブルーとホワイトのコントラストはまさに絶景。
 
この美しい映像は必見。難破した事で砂浜が出来たという。不思議ですね。船
 
 
流れ星BSプレミアム
8月1日(火) 午後4時00分
第2弾の再放送
「鈴木亮平“世界ミステリー遺産”に挑む!~カリブ海縦断~」
 
 
AD