史上最年少の14歳2カ月でプロ入りした将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(14)が18日、大阪市福島区の関西将棋会館であった対局に勝ち、自らがもつデビューからの公式戦連勝記録を「18」に伸ばしました。

 

どちらが勝ってもおかしくないスリリングな展開に、藤井四段は「終盤はあまり自信がなく、最後まで分からなかった」と振り返り、「かなりきわどいと思ったが、凌げてよかった」と胸をなで下ろしたということです。

 

写真は、杉本四段と師匠の杉本七段

 

 

この日は12日を上回るテレビカメラ15台を含む60人を越える報道陣が殺到した。ちょっと過熱しすぎで、静かに見守ってあげたいですね。

 

スポーツ紙などのよれば、この周囲の大騒ぎとは対照的に、本人は笑顔も浮かれる様子もなく快挙にも「自分の実力からすれば出来過ぎの結果と思います」とコメントしています。

 

 

 

将棋 歴代の連勝記録(段位・称号は達成時)

 

①28連勝 神谷広志五段(1987年) 

 

②24連勝 丸山忠久五段(1994年) 

 

③22連勝 

塚田泰明六段(1986年) 

羽生善治棋王(1992年) 

山崎隆之五段(2003年) 

 

⑥20連勝 有吉道夫九段(1984年)

 

⑦18連勝 羽生善治五段(1988年) 

中田宏樹五段(1991年) 

丸山忠久八段(1999年) 

羽生善治四冠(2006年) 

永瀬拓矢四段(2011年) 

藤井聡太四段(2017年)

 

 

ブログランキングに参加しております。 

ポチッとしていただけると幸せですm(_ _)m 

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ   

 

 

 

 

AD