TOKIO・長瀬智也さんが、7月期スタートのTBS「日曜劇場」の『ごめん、愛してる』で同枠初主演を務めることがわかった。

 

同ドラマは2004年に韓国KBSテレビで放送された作品の日本版。脚本は浅野妙子氏。代表作にはNHK連続テレビ小説『純情きらり』などがある。

 

キャスティングは長瀬のほかにヒロイン役で吉岡里帆、弟役で坂口健太郎、母親役で大竹しのぶの出演が決まっている。

 

TBSの看板ドラマ枠である「日曜劇場」は、ここ最近では阿部寛主演『下町ロケット』や嵐・松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士-』といったヒット作を生んでいる。

 

15年10月期以降で、平均視聴率が2ケタに乗らなかったのは香取慎吾主演『家族ノカタチ』の1作のみ。

 

長瀬さん主演作は、10年以降で見ると、

『うぬぼれ刑事』(TBS系)が平均8.2%

(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)

『泣くな、はらちゃん』(日本テレビ系)が10.2%、

『クロコーチ』(TBS系)が9.6%、

『フラジャイル』が9.8%といった具合で、

 

2ケタ台に乗せたのは『泣くな、はらちゃん』の1作のみらしい。

 

芸能メディアでは“低視聴率男”と酷評されているところから、今回のドラマ専門枠で汚名を挽回したいところですね。ウインク

 

 

 

ブログランキングに参加しております。 

ポチッとしていただけると幸せですm(_ _)m 

↓↓↓↓↓↓ 

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ  

 

 

 

AD