赤ちゃんの寝かしつけレッスンで、働くママ&働きたいママを応援☆

赤ちゃんの夜泣きは当たり前じゃない!
寝かしつけが要らず、生後3ヶ月以降なら夜通し寝てくれる「南アフリカ式スリープレッスン」をお教えします。
子育てと仕事の両立、新しい働き方などのお悩みにお答えする「ママの働き方相談」も受け付け中!


テーマ:
こんにちは!
集客ライター・プロモーションプランナーのまさよです



先日読んだWebライティングの本の中で、
セールスレターの書き方を、営業トークに例えて説明していました。


世の営業マンは必ず、
「初めまして」からクロージングまでのストーリーを、
自分で作って持っています。


お客様の反論も想定しながら、
(経験を積むと、どんな断り文句が来るかある程度わかるので)
それをクリアしていく材料を並べる、受注までのシナリオ。


セールスレターの流れは、まさに営業トークのシナリオなんですよね


営業に力を入れている会社では、
現場を想定して交渉の練習をする、「ロールプレイ(=ロープレ)」が盛んに行われます。

私が勤めていたリクルートという会社でも、
ロープレは当たり前。
新人の頃は毎日先輩に何度も何度も付き合ってもらうし、
「ロープレ大会」なるものも、定期的に開催されます。

ロープレ大会の必勝法は、いかに隙の無いストーリーを作るかという事なんですが、
私はその「シナリオ作り」が得意で、
ロープレ大会ではいつも上位を取っていました。
(あ、実際の営業成績もトップクラスでしたよ(笑


「確かにブログの告知記事を書くときも、
 自然と、同じことをしているな~」


と、今回この本を読んで気付きました。


お客様の「やらない理由」を想定し、クリアする材料を並べる。

「想定」にちょっぴりセンスが要るのかもしれませんが、
私は、約8年という営業職経験の中で、
それを養ってきました。


良いセールスレターには、強い営業力があります。

告知記事のストーリーを作る時に必要なのは、
文章力よりむしろ営業センス。



営業に厳しい会社で鍛えられ、
営業力と文章力、どちらも身に付けてきた過去がある。

だから、営業力の高いセールスレターが書ける


それが、

「営業マンあがりのライター」である、私の強み。

かなっ

{EDDF3743-C48A-44F8-A41F-39C540E59027:01}



ベル現在ご提供中のサービス一覧ベル

セミナー・イベント
  ●
売上UP勉強会~集客できる記事の作り方から営業戦略まで~ 5/14(木) 募集中

宝石緑個別サービス
  集客・プロモーションコンサルティング
  取材付き!売れる告知記事作成サービス
  ●プロフィール・コンセプト記事作成サービス
  セミナー・レッスンレポ&プロモーション動画作成サービス

 
リボンMasayo's Managementリボン

おとめ座ヒナココさん
  ●自己プロデュースコース 大阪Ⅱ期 4/18(土)・4/19(日)・5/17(日) 残1
  
個別ビジネスコンサルティング 4/20(月) 大阪梅田 満席
  
ヒナココさんを囲んでカジュアルランチ会 4/20(月) 11:30~14:00 募集中

サンダル
井手口雅恵さん
  ●トータルフットケア 1dayセミナー 3/3(火) 大阪堺筋本町 満席御礼

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!
集客ライター・プロモーションプランナーのまさよです




私は以前、「ホットペッパー」というフリーペーパーを作る仕事をしていました。


担当していたのは、ホットペッパーの中ではマイナージャンル()の、
「スクール」

いわゆる町のお教室です。


営業をかけて広告掲載の契約を取り、
取材、撮影、原稿作成、効果測定まで、
全て自分でやっていました。


クーポン紙というのは、
テレビCMや電車の吊広告などに比べて、
効果が明確。

「この広告を見て、何人が動いたか」
測定出来てしまうのです。


だから、「集客」という効果にとことんこだわってやってきました。

そうじゃないと、
「高い掲載料払っているのに、全然戻りがないっ
と、
クライアントからクレームになるからです。


担当した事があるのは、

・お料理教室
・パン、お菓子教室
・ヨガ教室
・スポーツジム
・フラワー教室
・ガラス細工教室
・ヴォーカルスクール
・ミュージックスクール
・MCスクール
・ダンス教室
・ウォーキングスクール
・陶芸教室
・スキンケア教室
・ヘアメイクスクール
・ネイルスクール
・外国語教室(英語・中国語・韓国語など)
・ダイビングスクール
・ゴルフスクール
・書道教室
・彫金教室
・着付教室

など


スクールのオーナーに、広報担当者に、
時には生徒さんたちに話を聞き、
お教室とお客様のマッチングを目指して、
日々奮闘していました。



集客を上手くいかせるためには、
まず一人、どうやって目の前にお客様を連れてくるかだなと感じています。


やっぱりお客様ありき。
一人のお客様を獲得できれば、
そこに、次なる集客のヒントが隠されています。



ってなことを3年半やってきたから、
あなたのお店にとって、その「一人」が誰なのかを考えるのが得意です


集客の方向性や、次なる一手をお考えの方は、
ご相談下さい

リンク【ご案内】集客・プロモーションコンサルティング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!
「予期せぬ成功de委員会」関西支部長のまさよですニコニコ


前回の続きです。


リクルートで勤めていた時にやっていたのは、
ホットペッパーの営業&制作。

受注した先の広告を、自分で作っていました。

その時、広告マンとして鍛えられた、
ホットペッパー特有の要素があります




世の中には色々な広告があります。

テレビCMや電車の中吊り、雑誌掲載など。

街で見かける多くは、
認知をひろげるために打っているものであって、
その効果がどうだったのかを計るのは、
簡単ではありません。


でも、

利用した事ある方はお分かり頂けると思いますが、
ホットペッパーの場合は、
「ホットペッパーのクーポンで」
と言って、お客様はお店に行く形になります

ホットペッパーを見て来た人が、
いたのか、いなかったのか。

効果が明確なのです。

それゆえ、クライアントさんからは、
常に目に見える「来客数」を求められていました。


記事を読んでくれた人が、
いかに、実際お店に足を運んでくれるか。

毎日そのことばかり考えて仕事をしていました。


広告や、人の行動心理についても学びました。

お店側は、時に自分のこだわりばかりを打ち出そうとしていますが、
読者が求めていない場合があります。
そうすると、お客様の数が集まりません。

逆に、
読者の声だけに寄せた記事を書くと、
お店側の気持ちが置いてけぼりになり、
お店とお客様のミスマッチを起こす事になります。

どちらかに偏り過ぎると、
双方が満足いく結果が出ないのです。


クライアントの想いと、
読者の欲求をどう繋げるか。

それぞれのお店に合ったお客様の足を、
いかに実際お店に運ばせるか。


それが、
ホットペッパーの仕事を通じて、
私が鍛えられたポイントです。



その鍛えられた力を使い、

ブログという「広告」を書いている女性起業家さんと、
読んでいる読者さんを、
マッチングさせるお手伝いをしていこうと思っています。


ブログやFacebookという、
お金をかけずに出来る「広告」を通して、
良い集客が出来る起業家さんが、
ひとりでも増えますようにアップ
{A3DE695E-9E80-4003-9839-F987485F57DF:01}



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!
「予期せぬ成功de委員会」関西支部長のまさよです



私は以前、リクルートという会社で働いていました
そこでの経験を経て、
今、ライターという仕事に辿り着いています。


前回は、入社動機について書きましたが、(こちらの記事をご覧下さい
今日は、実際にリクルートでどんな仕事をしてきて、
何が今に繋がっているのかを、ご紹介します





リクルートって、部署がいっぱいあるんです
(現在は分社化しています


ゼクシィ、じゃらん、タウンワーク、フロムA、SUMO、ケイコとマナブ、カーセンサー、ポンパレ、
などなど…

これ、全部リクルートの媒体なんですよ


私はそんな中で、ホットペッパーの事業部に居ました


ホットペッパーって、皆さんご存知ですか
街に無料で置いてあって、中に色んなお店のクーポンが載っているヤツです


それぞれのお店の紹介は、記事風に作ってありますが、
実はあれは全て広告。
お店が、リクルートにお金を払って掲載している訳です。

(本全部から広告収入があるから、無料で配ることが出来るんですね~)


リクルートの中でも、他の部署は基本的に、
・広告掲載してくれるお店を探す営業マン
・実際に広告記事を作成する制作マン
・その人たちをサポートする事務

の、3職種の人間が居ます。


が、
ホットペッパーには制作マンが居ません。
営業マンと事務のみ。

営業マンが、営業と制作と、どっちもするからです

ええ、私もそれをやっていました。



お店に飛び込みで営業かけて、
掲載してくれるってなったら、次は取材


載せるメニューや打ち出し方を先方担当者とすり合わせ。
広告に使用する写真撮影。
お店の営業時間や住所などの基本項目を打ち込み、地図作成。
そして、
キャッチコピーからボディコピー、写真のキャプションまで全て文章を考え、
何百枚も撮った写真の中から1、2枚を選んで全体を組み立てて、
お店側と何度か確認、修正のやりとりをして、入稿



これ、全部一人でやります



作業として書いただけでもボリューミーですが、
中身がまたミソ



記事を作るスキルは、
数をこなすことで身につく部分もあるのですが、

ホットペッパーには、
担当者が「広告マン」として鍛えられる、
特有の要素があるんです。


それがあったから、
私は広告やコピーライトについて勉強もしたし、
日々実践する中で、理論を実感することも出来ました。

また、自分なりのポリシーやメソッドも、
この時に身に付けられていた気もします。

そしてそれが、「今」に繋がっているんですね。



「広告マンとして鍛えられた、ホットペッパー特有の要素」
詳細は、次回に続きます…
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!
「予期せぬ成功de委員会」関西支部長のまさよです


キャッシュポイントプロデューサー蔦田てるよさんとの出会いを経て、
ファイナンシャルプランナーからライターへ、
180度、方向転換することにした私

(詳しくは、こちらの記事を読んでね



「ライター」がピンときたのは、
リクルートに入社した動機と、
リクルートでしてきた仕事への情熱を、
思い出したから。


どんな動機かと言うと。



編集の仕事がしたかったのです


私が入社希望したのは、
「ホットペッパー」の企画営業


無料のクーポン雑誌を作るお仕事です


大学の時にアルバイトしていたレストランがホットペッパーに載せていて、
毎月、内容の打ち合わせしたり撮影したりしてるのを見て、
私もやってみたいなぁと思って見ていました。


もともと文章を書くのは結構好きだった。

で、編集の仕事に憧れがあったんだけど、


リクルートって、営業が基本の会社なんですよ

ホットペッパーも営業マンが記事制作をするの

仕事の8割は実は営業


もちろん、「営業がしたいー」なんて気持ちはなかったのですが、
リクルートの前に入った会社でちょっと色々あって(笑

「営業職リベンジしたい
って気持ちはあったんです



そんな当時の私には、
営業と編集が両方出来るホットペッパーの企画営業は、
まさに、やりたい仕事だったのです


そして念願叶って、リクルートに入社


社会人としての考え方や振る舞いも、
提案営業のいろはも、
広告制作の基本も、

相当鍛えられることになりました



では実際、「今」に活きているホットペッパーでの仕事がどんなものだったのか。


次回へ続く…

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。