鉄工所の二代目社長、時々ルヒィ

福井県坂井市春江町のおさだ工業所二代目社長のボーダーレスな日記。
スチール・ステンレスの柵やフェンス、手すりや扉や階段が得意です。
たまにiPhone・Macのこと、読んだ本のことも書いてます。
従業員10名未満の鉄工所のための楽しく効率を上げるライフハックとは。


テーマ:
第0208号前半戦(達成率5.70%【目標3652号】)
「アメブロと新ブログと半分づつの更新です。」


昨日の投稿から予告させて頂きましたとおり、アメーバブログから新しいブログにお引越しします。

このアメブロの記事はそのまま残しておきますので、着の身着のまま家財道具一式置いて引っ越すような感覚です。

新しいブログでもよろしくお願い致します。


タイトルもそのまま。
リンク「鉄工所の二代目社長、時々ルヒィ」
http://terukobayashi.com/


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
第0207号
「飽きは次のステップへと進むチャンス」


ブログを始めたことで今現在、
・自分のコモディティ化(=代替えのきく人間)からの脱却の糸口が見えた
・読書量が増えた
・毎日が戦闘態勢になった

このようなメリットを感じています。

そういったメリットを感じるようになったのも、自分自身で下のような目標を過去のブログで公表をしたことでシバリをかけたからに他なりません。

リンク10年間毎日ブログを書く!

基本的に飽き症の僕がよくもまあ毎日ブログを書けているな、と自分自身を褒めてやりたいのと同時に、やはりそこには若干の飽きが出てきていることも感じております。


飽きは環境を変える天の声



今まで長い間この飽き症という持病と付き合ってきた結果、感じていることがあります。

それは、
「飽きは、次のステップに進むタイミング」
ということです。

アメブロは確かに誰でも使いやすく、横のつながりもあり、良い無料ブログサービスだと思います。
しかし今までブログを続けていて「こんなことが出来ればいいのに」とか「アメブロではこんなことができないんだ」など、楽しくブログを書く上で壁を感じるようになってきました。

どうせ続けるなら楽しく、自分の納得したブログ運営をしたい!という欲求が一方で「飽き」となって進行してきている気がします。


ここで宣言して環境を変える



flickrWordpress|Cristian Labarca


そうなってくると興味が出てきたのが「WordPress」(ワードプレス)というブログ作成ツール。
自由度が高い分、難易度が高いです。

このワードプレスというブログ作成ツールに引っ越したい!と以前から目論んではいたのですが、難しさ故になあなあになって時間だけが過ぎていく。

こんな時は宣言するに限る、ということで、
「アメブロから近いうちにお引越しします」
宣言をしたいと思います。

今までのアメブロは無料で全てやってきたのですが、これからはもっと覚悟を決めようと、出来るかわからない内から独自ドメインを作り、レンタルサーバーを借りて、すでに金銭も発生しております。

早く引っ越さないとと無駄金に・・・
(とは言っても何千円の世界ですが)



このブログ「鉄工所の二代目社長、時々ルヒィ」は残念ながら仕事の売上を上げるツールにすることは僕の性格上難しいようです。

それならば、自分自身が楽しんで勉強できるツールという位置づけで、アマチュアブロガーとしての継続王をめざしていきたいです!






※この本を買ってみようと思います。











AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
第0206号
「新幹線の中から投稿する自分に酔うとします。」



毎日ブログを始めて200記事をいつの間にか超え、7ヶ月ほど経ったでしょうか。

今回初めてiPhoneだけで投稿に挑戦しようと思います。

滅多にない県外への出張中の為、移動などで一日中パソコンの前に向かえないからです。

もしもこんな時の為のブログ更新用に!と購入しておいたMacBookAirも、少しでも荷物を減らそうとして家においてきました。

こんなに「宝の持ち腐れ」という、あまりにも使い古された言葉を実感した瞬間はありません。


PCの出荷台数が減っている



そりゃそうでしょう、と思ってはみたものの、実際の数字を見ると驚いたのがこのニュースです。


4月のPC出荷台数、前年比で30%ダウン ノートPCの落ち込み激しく
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/spv/1305/24/news153.html

>電子情報技術産業協会(JEITA)はこのほど、2013年4月の国内PC出荷台数を発表した。出荷台数は前年同月比30.8%減の64万9000台。内訳は、デスクトップPCが前年同月比18.2%減の18万8000台、ノートPCが同34.9%減の46万2000台だ。


確かにいくらなんでもひと昔前のような、とりあえずパソコンが欲しくなったおじいちゃんが、とりあえず家電量販店で、不必要な機能のついたとりあえずの最新型を買わされる時代は終わっているのでしょう。


このブログの読まれ方が変わったら



これからはワードとエクセルに代表されるように、執筆と表計算の作業以外はパソコンは必要ないんじゃないでしょうか。

しかもその作業すら軽微なものならタブレットで充分です。


現在僕が毎日ブログを書く為に、最終的にはパソコンで見た目を調節しています。

それはやはりパソコンの画面を通して読んでもらっている方が多いからです。

しかしこのブログを読んでくれる方がほとんどスマホかタブレット端末を通して見てもらえるようになったなら話は変わります。

見た目を調整するためなら、今文字を打ち込んでいるスマホ画面を確認するだけなので、この僕でもパソコンを使わなくなるようになるとか?


リアルに仕事面を考えると、今のところパソコンは欠かせないのは確かです。

でもほんの10年前はスマホやタブレットなんて想像もしていなかったことを考えると、もう10年もすれば「あんなパソコンなんてゴツイもの、よく使ってたよなー。」なんてTwitterにつぶやいている未来も想像できるような時代になり、今からワクワクしています。


でもさすがに、この新幹線で隣の乗車客が映画「マイノリティ・リポート」のように、空中に画面があって手のひらでサッサッとあっちこっちウインドウを移動させられてたら迷惑すぎる。

そんな妄想で楽しく移動時間がすぎていってます。


photo:01


http://studyingmovie.blog75.fc2.com/blog-entry-8.html


iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
第0205号
「嬉しいです。ブログネタにできて。」



昨日の福井の地方紙「福井新聞」の朝刊に「はるえイッチョライでんすけ祭り」のボランティアスタッフ募集の記事を載せて頂きました。

リンク→pkおさだ工業所、ザックリ切られるの巻

そしてあくる日の今日、福井のもうひとつの地方紙「日刊県民福井」の地域欄にも記事として取り上げて頂いております!!

__.JPG


今回は写真付き!!

__.JPG


他の新聞社は電話取材のみだったのですが、日刊県民福井の記者さんはわざわざ弊社おさだ工業所にまで来て直接取材していただきました。

ひと通りの聞き取りが終わった後に、写真も撮らせてもらいたいとのことでした。

ということで、去年の祭りのMCの衣装であるルヒィの衣装にすぐ着替えたところ、記者さんから冷静なひとことが。


「恥ずかしくないんですか?」


そ・そうですね・・・恥ずかしくないと言ったらウソになりますけど。

慣れたと言いますか・・・

-----------

撮影された時点ではまさかこんなわけのわからない写真を載せてもらえるとは思っていなかったのですが、載せていただいた上にカラー写真!!

日刊県民福井様!ありがとうございます!



ただ一点・・・

恐れ多くも文句を言わせて頂くとするならば、

やはり「おさだ工業所」の文字が全くない!

おさだ工業所の事務所で取材受けた!のに!
記事の写真の下に
「コスプレ姿でスタッフ募集のポスターを抱える小林輝之さんー坂井市春江町西長田で」
と、惜しいところまで書いてある!のに!

これではスタッフ募集なのになぜかルフィの格好をしたがるただの怪しいおじさん・・・



おさだ工業所の宣伝目的には1ミリも触れてもらえないことを経験できました。
今度は新商品などを開発して新聞におさだ工業所の文字が載るように頑張ります!



世の中にはなかなかに冷たい風が吹いています。

おちこんだりもしたけれど、私は元気です。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
第0204号(達成率5.59%【目標3652号】)
「でんすけ祭り、力を貸して。」


今朝の地方紙、「福井新聞」の地域欄で「はるえイッチョライでんすけ祭り」に関する記事を載せて頂きましたので、そのことで書かせていただきます。
(ブログネタ一日分ゲットー!)

image
※左の方は僕ではありません。



内容は、7月27日(土)28日(日)にハートピア春江にて行われる「第9回はるえイッチョライでんすけ祭り」のボランティアスタッフの募集です。

「祭りの来場者は年々増え、1万人規模の春江を代表するイベントに成長。しかし現スタッフが世代交代を迎える5年後、10年後を考え『今から地元大学生ら若手プランナーを育てる必要がある』と募集することにした。」

福井新聞の記者さんによる電話取材での僕のつたない答えを、「祭り実行委員はしっかり考えてるんだなー」と思ってもらえるような文章に見事に変換されております。

感謝です。
新聞記者さんの文章の展開力ってスゴイです。




ただ一点、恐れ多くも文句を言わせて頂くとするならば、記事の最後の
「応募・問い合わせは実行委人事担当部・小林さん」
の部分。


確か電話取材で、
「お!さ!だ!工業所の!!小林です!」
と、会社名を入れてもらえるかなー?と念押ししたと思ったんですけど、見事にカットされました(涙)


今思うと、確かに限られた紙面で全く記事とは関係ない「おさだ工業所」の文字は余計ですよね(笑)

ちょっとでも宣伝になるかなー、と思った自分が恥ずかしいです。












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。