さて、ガイドブックにはのっていない裏情報やハプニングです。


海外旅行を1.1倍(2倍とか言えない・・・)楽しんでいただけたら幸いです飛行機


今回は~ロシアより愛を込めて~こんなに突っ込みどころが多い国はない!です。


もう4、5年前のことなので、変わっていることも多いかと思いますが、そこらへんはご勘弁を。


いや、もう、いろいろアンビリーバボーなことやハプニングがそれはもう多かったのですよヽ(;´Д`)ノ勘弁しちくり。



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


まず最初の都市はウラジオストク。日本にとっても近いところにある都市です。


私はいつもツアー旅行なので、まず空港で添乗員さんの下に集合します。


添乗員さんからご挨拶があります。


「皆様おはようございます。ところで、大変申し訳ありませんが、現在ウラジオストクに台風台風がきていまして、飛行機が着陸できないそうです。いつになるかわかりませんが飛行機が飛べるようになるまでお待ちいただくことになります。最悪の場合は渡航できないかもしれません。」


のぇぇぇぇぇえええええ!!!


まぢでつか。


ロシアにも台風が来るなんて知りませんでした。どうにか飛行機飛んでくれるといいなぁ。もし今日飛べなかったら空港で夜を明かすのかなぁ・・・。


なんて考えながら4時間ほど待ちました。


添乗員さん「皆さん、お待たせいたしました。飛行機が飛べるようになったそうです。」


よかった~。なんとか今日中に行けるのね!


と、早速飛行機に乗り込み、数時間のフライト。


現地に着いたのは夜の12時頃でした。眠いよ~。


その日は寝るだけで、観光は次の日からです。


ところでウラジオストクは坂道が多く、そのため「ロシアのサンフランシスコ」と呼ばれているそうです。


「サンフランシスコって、おい・・・汗


確かに坂道は多いんですが、道路のアスファルトはバキバキに割れ、建物もなんかくすんで廃墟風味です。う~ん。


ウラジオストクを訪れている観光客の多くは中国人です。やっぱ近いからね。


それにしても、どこに行っても中国の人ってしゃべり声が大きいんだよね。なんでかな。


午前中観光して、お昼ご飯を食べにレストランへ。


お料理が次々と運ばれてきます。


そうするとどこからともなく2~3匹のハエがブ~ン。あら嫌だ。


そう。ロシアにはハエが多いんです


大体どこの都市で食事しても、必ずハエさんは訪れます。


・・・飛行機の中にもいるからね。


なんとか追っ払いながら食事を済ませ、バスの中で待機していると、3人の少年がこちらを見ています。


「観光客が珍しいのかな?」と思ってにっこりスマイルを返し、手を振りましたらば、その少年たちはしきりに目を細める動作をします。


むっ、アジア人を小馬鹿にしておるな。


そして、あげくの果てに中指を立てるポーズ


(ムカーーーーッ!!!DASH!


これは完全に「アレ」です。


子供のやることだ、とは思ってもなかなか怒りは治まりませんでした。ムキー( ̄∩ ̄#


気を取り直して、午後の観光を終えましたらば(観光のこと書かなくてすみません・・・)


ホテルのそばに物売りのお兄さんたちがおりまして、バッチを売ろうとしています。


「あー、いらんいらん。」と無視してたのですが、同じツアーの人が買ったようなので、どんなものか見せてもらいました。


「これ、いくらでしたか?」


「実はね、これ物々交換してもらったの。」


えーーーーっっ!!!物々交換・・・。


ボールペンとタバコとで交換してもらったそうです。


それなら・・・と、同じツアーで仲良くなった女性と一緒に交渉に出かけてみました。


もう商品をしまいかけてたお兄さんたちに声をかけて、交渉開始。


もちろんロシア語は話せませんし、英語も通じません。ほとんど身振り手振りで交渉です。


私は2色ボールペンで交渉しましたが、それだと1シートの半分しかダメだと言われ、ガムはないかと言うのでもう封をあけてあるチューインガムを出すと、それでいいということで1シート分と交換してもらえました。


バッチ

これです。旧ソ連時代の記念バッチか何かだと思うけど詳細はわからず・・・。


一緒に行った人はタバコと交換してもらいました。


ところが、タバコをさしだすと、そのケースもくれっていうんです。


・・・それヴィトンなんですけど・・・。これでそのバッチ何十万個買えると思ってんのよー!


どうやらヴィトンを知らないみたいでした。必死に死守しましたが、けっこうしつこかったです・・・。


ところでモスクワなどの大きな都市に行くと、軍の帽子にこのバッチをたくさんつけたものを売っています。


帽子ひとつ1,000円です。


こっちは2色ボールペン1本とチューインガム数枚・・・。


原価すごい安いんだろうなー。


というわけで、帽子を売ってるお兄さんたちはぼろ儲けしてると思うので、


バッチはウラジオストク物々交換にて手に入れるべし!


ちなみに交換してくれる物品は、タバコ、チューインガム、ペン、カード式電卓、ハンカチなどです。


交換できるものを探すのにバッグのなかを覗いたりされるので気をつけてね。



注:もう5年も前のことなので、この情報が必ずしも現在にも適用できる訳ではありません。



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


クリックお願いしまうま。

人気ブログランキング

AD