本当のところ

主に見たり食べたり触ったりしたものの感想を書いていきます!
個人的なメモのつもりなので、さらっと読み流してくださると幸いです。


テーマ:

はい、遅れまして大変申し訳ないのですが

今日は映画パプリカの感想でございます!!

やっとだよ!

電車のなかで情報収集する日々にさよならだよっ!!!






ぱぱっと説明すると、『perfect blue』『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』などの監督、今 敏さんの映画。

今さんの魅力と言えば、鮮やかな色使い、混ざり合う現実と幻……。

見てる側も何が何だかわかんなくなっちゃう!そんなカオスさです!!!!wwww




パプリカのパッケージを見ればわかると思うのですが、

爽やかさや、感動の押し売りといったものはないです。


私の、見る前のイメージといいますか、

実は放映したころに、告知か何かを見ていまして、

そのときのイメージでは、



【私の大好物である、人間の心理の世界を描いた仄かにグロい・エグい雰囲気の映画。

パプリカという、赤い髪の少女である主人公が、ファンタジー世界を駆けまわる!】


と、言った感じでした。しかし本当は


パプリカちゃんは“現実”側ではありません。(`・д・´)




主人公はパプリカというより敦子、あっちゃんです。

あっちゃんは一つ一つの動きにすごい色気を含んでいます。

あっちゃああああああああああんんn


敦子の声優である林原めぐみさんの演技力にも感服。


PERFECT BLUEの、追いかけっこのように(こっちは怖い)

パプリカの身の動かし方も、軽やかでいい。

いたずらっ子の妖精みたいで、ふわふわしててさw


挑発するように覗き込んでくる猫目とか、なんて私得ですか?








ではストーリーの感想に入りますが、まず最初に【不満だった点】から。



・ストーリーや進行・展開が不自然で、まったくもって理屈で理解できないこと。



何故、夢のなかの存在であるものが現実世界に?

パプリカは敦子で、敦子はパプリカだというのに、

まるで別人のように隣で助言したりする。


これが頭で理解できないから、混乱するのです。


夢と現実の区別がつかなくなったところまでは理解できるが、

現実世界に夢が干渉してきたり、不思議な出来事が現実で巻き起こってることの、

説明をちゃんとにしてほしかったといいますか……。

「アニメだから」といえばそこまでなんだけどね。




・あっちゃんの裸ばっか出てくるもんで、目の行き場がなかったりするwww







【満足だった点】



・細部までの映像の美しさ!


パレードのシーンは兎に角、細かくて見ているだけで楽しい!

一コマ一コマ全部みたくなります!


ストーリーについていけなくても、それだけでもう充分だと思えるような映像美です。




・全体的にもう頭おかしくて狂気に溢れてるところが好きでたまらない。


何が現実なのか、幻なのかわからなくなって、

くるくる変わる画面に酔うくらいに混乱して、

もうわけわかんないよね!!楽しいよ!


敦子が、日本人形を追いかけて遊園地(?)まで行って、

柵を乗りこえようとしたら、ベランダに入れ替わって敦子が飛びおりそうになってて……



鳥肌が全身にぶわっと巻き起こりました。


そこからはもう何も信じられなくなって、敦子の行動にびくびくして、

全部が「夢だったら?」ってなってこわかった。

でも騙されてる感じがもう快感。www







序盤の島所長のセリフ。



「またそのお話でしたか。DCミニは精神治療の新地平を照らす太陽の王子様です」


このときの敦子の表情がすごいw何言ってるんだこいつ。みたいなw




「ふぅむ。必ずしも泥棒が悪いとは、お地蔵さんも言わなかった。



パプリカのビキニよりDCミニの回収にこぎ出すことが幸せの秩序です。

五人官女だってです!!

蛙たちの笛や太鼓に合わせて、回収中の不燃ごみがふきだしてくる様は圧巻で、

まるでコンピュータグラフィックスなんだそれが!




総天然色の青春グラフィティや一億総プチプルを私が許さないことくらい

オセアニアじゃあ常識なんだよ!!!



いまこそ、青空に向かって凱旋だあ!



絢爛たる紙吹雪は鳥居をくぐり、周波数を同じくするポストと冷蔵庫は先鋒をつかさどれ!

賞味期限を気にする無頼の輩は、花電車の進む道にさながらシミとなってはばかることはない!


思い知るがいい!三角定規たちの肝臓を!




さあ!この祭典こそ内なる小学3年生が決めた遙かなる望遠カメラ!



進め!集まれ!


私こそがッお代官様!!!!


すぐだ!すぐにもだ!!

私を迎え入れるのだあああああああああ

あーっはっはっはっ!!!」





バリーン!

(所長が窓から飛びおりました)

頭 が い か れ て い や が る 。

最初は、まだストーリーを理解していなくて、

伏線的なものなのかと思っていましたが

ようするに、このセリフが伝えたかったのは頭がおかしいってことです。

意味があるようで、意味のなしていない言葉。

この語彙の多さには脱帽というか、見習いたいものですね。









・音楽が素晴らしかった。


聞いてるだけでおかしくなりそうなパレード中の音楽。


恥ずかしながら私はこの映画で平沢進さんを知ったのですが、

とても人間技とは思えません。w



・声優陣は総じていい印象を受けました。



・敦子は最初から最後までモテモテですね。

おっさんから肥満児(……)まで。


しかし粉川が映画のラストシーンさながらにキスをしたところは納得がいかない。w





小山内の、台に張り付いたパプリカの下腹部にぐっと力を入れるシーン。

体内に入った小山内の手がそのまま上に動いて、

パプリカの顔面がぐちゃぐちゃにされて、皮膚がやぶけたと思ったら

そこから、まるでパプリカが皮だったかのように、

敦子が出てくる。



きちがいぶりがすごいというか、私は女なので、子宮が痛かった。

こわかった……。たぶん「ひい」だの「ぎゃあ」だの言ってしまったと思うもんw

それでも、映像の美しさとか発想がすごくて、

好きなシーンでもあったりします!!













まとめ!


ストーリー ★★☆☆☆

(物語の奥深さは、原作未読の私には伝わらない部分が多々あり、残念でした。)

映像 ★★★★★

(映像はどこまでも美しいです。鮮やかな色使い、また見たくなります。)

音楽 ★★★★★

(怖いけど、ハマってしまう音楽。とても映像とマッチして良いです。)

キャスト ★★★★☆

(文句ありません。)

演出 ★★★★★

(はっとするような場面、グロくて顔をしかめてしまうようなシーン、面白かったです!)



今さんの作品、他のものも見たいと思いました。

素晴らしい作品だと思います!







さて、こんな映画好きでもなんでもない私の個人的なメモを見て下さりありがとうございました。



未消化分:ブラックスワン、告白、硫黄島からの手紙、父親たちの星条旗、アジャストメント、ハリーポッター謎のプリンス

AD
いいね!した人  |  コメント(2)
同じテーマ 「日常」 の記事

[PR]気になるキーワード