金澤敏明です。近頃のヘルシーブームの時代にあって、食べ物の身体に優しい度合いを気にする方も増加傾向にあります。こうしたオーガニックのニーズを受けて、食べ物だけでなくて嗜好品のコーヒーにもオーガニックブームの波が押し寄せてきています。

オーガニックコーヒー=無農薬のコーヒー。
これはいったいどんな味がするのでしょう?また味自体、美味しいのでしょうか?

オーガニックコーヒーっていうのは、コーヒー豆が何か違うとかそういうことではなく、栽培過程に大きな違いがありあます。

一般的にオーガニックっていうのは、農薬や化学肥料を使わない農法のことを言いますが、農薬や殺虫剤、化学肥料などを極限まで使わずに、栽培されたコーヒーのことをオーガニックコーヒーと呼びます。

近年日本でも外資系の大手コーヒーショップチェーンが進出してきていて、都会では数多くの喫茶店を目にしますが、こうした大手チェーンでもオーガニックコーヒーの設置販売店が増えてきていてメニュー化がはじまっています。

ただ、まだ原価の値段が高いために提供される末端価格が高く、親しまれているとは言いがたい現状があります。

では、ここで質問ですが、
オーガニックコーヒーは、どんな機関が認定して初めてオーガニックと認められるのかわかりますか?

答えは世界中には多くの認証団体が存在していて、その認定機関がそれぞれ一定の基準で品質を検査しています。

オーガニックコーヒーであるための認定基準は、過去3年以上の期間、 農薬、殺虫剤、化学肥料などを使っていない土壌で生産された豆であることや、コーヒー豆の加工工程においても添加物、加工補助剤等の使用していないことなどの審査基準が設定されています。

こうした敷居をクリアした珈琲豆が初めてオーガニックコーヒーであることを謡えるようになるのです。

先日、親戚のうちにお中元を選んでいるときにネット通販でオーガニックコーヒーを探して贈る段取りをしました。

高校生中学生の子供が多い家庭なので、多少コーヒーも飲むようになっているでしょうし、普通のコーヒーより健康にもいいですからね。

金澤敏明



関連記事&お役立ち情報

オーガニックの基準って?
オーガニックエステ
日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会
AD