• 06 Mar
    • カルチャースクーリング募集要項

      来年度平成30年度3月末からの「安全な野菜作りのカルチャースクール」の募集中です。左側のブログテーマ「カルチャースクーリング募集要項」をお読みいただきご希望の方は、電話にてお申し込みください。当農園は、安全な育てにくい伝統野菜(固定種・在来種)を、育てにくい安全な農法(有機農法・自然農法)で栽培するたいへんストイックな農園です。生徒の方の中には、入園1年後には、就農を予定されている方も入会されており、初心者の方も大勢入会されておりますが、あくまで特殊な農業学校であり、育てにくい多くの野菜を収穫するためにしっかりとした授業もありますし、指導もあります。けっして市民農園・区民農園のようなみんなでワイワイ楽しくマイペースに自分の都合に合わせて作業をするというような農園ではありません。みんなで楽しく手間のかかる作業をしながら、通常手に入らない大変美味しい伝統野菜を講師の指導のもと、やっとの思いで収穫しその喜びをみんなで分かち合う、そのような真面目に取り組む農園です。この点を、十分にご理解の上お申し込みいただきますようお願い申し上げます。また、当農園は、戦国時代より続く歴史ある農園です。テクニックや奇抜な栽培方法を伝えるだけの参考書のような、ありがちな体験型農園ではなく、古い農家としての畑へのリスペクトや農に対する考え方、農家としての栽培方法・、都市農家としての厳しさを少しでも一般の皆様にお伝えし、感じ考えていただくたため、開講した目的があります。この点を、他の体験型農園との大きな違いであると、また大きな付加価値として感じていただける方にぜひ、ご入会いただきたいと切に希望いたします。

      13
      テーマ:
    • カルチャースクーリング募集要項

      ■■■■■■■平成30年度前半■■■■■■■         =栽培研修型貸し農園=     『安全な野菜づくりの本格的スクール』参加ご希望のみなさまへ、入会受付開始です。3月下旬よりスタートいたします春作・夏作からの1年間スクーリング参加受付中です。  4年前より自然農法全エリアでは、不耕起栽培にも取り組んでおります末尾の連絡先より、説明会の予約受付をしていただき、「ブログを見た」と、ひと言お願いいたします。■当農業体験型貸し農園のポイント■当農園では、安全・安心のために畑の土壌・作物の放射能測定を定期的に行っております。■種へのこだわりホームセンターや一般の種屋さん等で販売されているF1の種を極力使わず、特殊な種屋さんで販売されている在来種の種や自家採取した土着在来種の種 =伝統野菜の種を使用しております。■栽培方法のこだわり5年前より日本ハーブ協会のインストラクターの方にご協力いただき、ハーブを中心とした本格的なコンパニオンプランツでの栽培方法の導入によりご指導していきます。自然農法エリアでは、不耕起栽培にも取り組んでおります。■肥料へのこだわり化学肥料はもちろんのこと、動物性堆肥(糞・尿)の使用もしておりません。■水へのこだわり基本的に畑自体に保水力があるためあまり水遣りは行いませんが、植え付け時に使う水は、塩素分のある水道水ではなく、当農園で用意してある雨水に炭を入れ浄化した水をできるだけ利用していただいております。■継続利用ができます。一般の区民農園、市民農園とは違い、継続更新ができ、新規の方は、申し込み順に入園でき抽選はありません。■事前にご用意いただくもの■長靴・ガーデングローブ(軍手)・虫避けスプレー(蚊取り線香)・帽子・種入れ陶器の容器(プリンの容器など)。それ以外は、すべて農園側にてご用意いたします。 ♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣次のページへ

      4
      テーマ:
    • カルチャースクーリング募集要項

      三鷹市栽培研修型貸し農園(本格的農業スクール+貸し農園) 「安全な野菜づくりのカルチャ- スク-ル」平成30年度前期春夏スタート入会受付中!◆ 農業体験型農園って?◆体験型農園とは、市民農園のような単なる区画貸し農園ではなく、農家が種・苗・農具・肥料の材料を準備して、農作業のノウハウも合わせて公開する農園です。野菜の作付け計画から種苗の品種の選択、供給を農家が行い、入園者に講習会(4月、9月中心毎週週末に有)に参加してもらい、農家指導のもと、手づくり有機肥料の作成も含め入園者に野菜の植付け、管理、収穫を行なってもらう農園です。初心者でも十分な野菜の収穫が期待できます。無農薬・有機栽培にこだわり、日本ハーブ協会インストラクターの方の指導のもと本格的なコンパニオンプランツの導入や、化学的な農薬や肥料、動物性堆肥(糞・尿)を一切使わずに、 野菜の育て方を基礎から学んでいきます。F1の種を極力使わず、おもに自家採取した種や特殊な種屋さんで販売されている貴重な伝統野菜(在来種)の種を使用しながら、1年間を通じて約50種類の野菜を作ります。また7年前より無肥料、無農薬の自然農法エリアを増設いたしました。6年前より不耕起自然農法栽培にもチャレンジ! 入会2年目より利用可能。 1年間コース  平成30年3月下旬~平成31年3月下旬(3月のみ土壌メンテナンスのため畑内立入り禁止・年度途中からの参加も可能)(毎週最低1回は畑に通える方、通年しっかり通える方が対象です。)     次のページへ

      1
      テーマ:
    • カルチャースクーリング募集要項

      ●区画別プログラム 区画別の自分の畑で、作業することができ、  複数でのご利用もできるため、お仲間や  ご家族での参加もできるプログラムです。  【区画貸し費用】1区画1ヶ月あたり  (固定年間費用を12ヶ月間で割ると・・・)  ・約5坪(15㎡)タイプ   8400円 (税別)(2名様まで入園可*1、固定年間費用100.800円税別) ・約10坪(30㎡)タイプ 12600円 (税別)(4名様まで入園可*2、固定年間費用151.200円税別) (いずれも、種苗費、肥料費、農具・資材レンタル費、 指導料含む、費用は、ご入会時一括払いとなります。)・ロッカーフィー年間10000円(税別)・保証金10000円 費用の補足説明 *1・・・5坪タイプを2名様でご利用された場合、費用は、1/2となりお一人当たり1ヶ月4,200円となります。*2・・・10坪タイプを4名様でご利用された場合     費用は、1/4となりお一人当たり1ヶ月 3,150円     となります。入会後ご用意いただくもの長靴・ガーデングローブ(軍手)・虫避けスプレー(蚊取り線香)・帽子・種入れ陶器の容器(プリンの容器など)それ以外は、すべて当農園にてご用意いたします。 次のページへ

      テーマ:
    • カルチャースクーリング募集要項

      下見及び説明会(要予約)各土曜日、日曜日13:30より下見説明申し込み会を行っています。お電話にてご予約の上、ご来園下さい。ただし、十分な区画のご用意をさせていただいておりますが、区画のお申し込みが、定数になり次第終了となります。ご希望の方は早めのご参加をお勧めいたします。 ■三鷹オーガニック農園「農業体験型農園」         所在地:三鷹市上連雀9-16 ・駐車場あります・他の体験農園には無い、クラブハウス・水洗トイレを完備しております。● 申込みは、電話での対応のみとなっております。コメント等でのお問い合わせは、対応しておりません。・宣伝用DVDができました。ご希望の方はお申し出ください。 無料でお渡しいたします。〒181-0012   三鷹市上連雀9-18-12   TEL 080(2001)1665                     担当:金子 晃「安全な野菜作りのカルチャースクール」よくある質問 Q&A       次のページ

      1
      テーマ:
    • 「安全な野菜作りのカルチャースクール」よくある質問Q&A

      ◎よくある質問Q&AQ.畑の作業などまったくわからない初心者で一人での参加ですが、そんな私にできるでしょうか?A.昨年も、何人かの初心者の方がお1人で10坪エリアをご利用になりました。確かに最初は、わからないことだらけで戸惑ったそうですが、講義を受け、エリアのお隣さんとも仲良くなりながら、徐々に作業のコツが、わかるようになったそうです。そのような方々は、慎重に講義を受けたとおりに作業をするため、結果的に立派な野菜を育て、収穫する傾向があるようです。Q.5坪と10坪の違いは、なんですか?A.まず、区画の広さが違います。また、野菜の種類の数が違います。10坪の野菜の種類を1とすると5坪の野菜の種類は1/4くらいになります。10坪の育てる1種類当たりの野菜量が多いと思われがちですが、量的には、さほど違いはありません。Q.毎日、水やりに行かないといけないですか?A.基本的に保水力豊かな畑ですので、水やりをする必要がありません。毎日、水やりに行かなくても大丈夫です。ただし、種まき時や苗の植え付け時、昨年度の夏のように異常気象で乾燥している時は、水やりが必要です。そのような時は、こちらのブログにてお伝えいたします。Q.どのくらいの頻度で農園に行けばいいですか?A.基本的に、1週間に1回は農園に来て下さい。春作の収穫が始まる5月ころから、トマトやキュウリなどの収穫が終わるころまでは、必ず1週間に1回は農園に来たほうがよいでしょう。(収穫や野菜類の管理、除草など行うべき作業はいろいろあります。) 時間的に余裕のあるかたは、もっと頻繁に来ることで、収穫や区画の管理などをまめにできます。また、忙しい方には、有料となりますが、「お助け制度」という参加者の方に代わって 作業を代行するサービスもあります。ご利用の場合は、ご相談ください。Q.雨が降ったとき、講習会はどうなりますか? A.雨が降ったときでも、作付のタイミングを考え講習会は行います。畑での作業ができないほどの雨でも、講義は行います。台風等であまりにもひどい状況で中止の場合は、当日の午前7時までに、当ブログで中止を発表いたします。判断に困った場合は、こまめにブログチェックをしていただくことをお勧めします。Q.講習会の出席、欠席の連絡は?A.講習会には、農園主に出欠の連絡をする必要はありません。基本的に同じ週の土曜、日曜に同じ内容で講習会がありますので、どちらかに参加していただければ大丈夫です。必ず 講習会に参加していただくのが原則ですが、どうしても、複数回あるうちの同じ講習会に参加できない場合は、相談して下さい。一応、講習会なしでも作業ができますようにレジメをお渡ししますし、ご希望により「お助け制度」にてプライベートレッスン(有料)も承ります。Q.畑での講習会以外の指導や区画内の相談は、いつでもできるのですか?A.基本的には、平日以外の土曜日、日曜日、祝日になります。平日は、ご本人での収穫や野菜類の管理、除草などに当てていただきます。ただし、ご相談により「お助け制度」にて平日のプライベートレッスン(有料)も承ります。Q.畑での作業は、何時からできますか?A.基本的に日の出から日没までとなりますが、朝は、5:30から夕方は門柱の上のソーラーライトが、点灯するまでです。Q.今回の募集は、何区画くらいあるのですか?A.文頭記述にもありますように、前年度参加者の方で更新されない方のわずかな区画と新たに作りました区画のみとなります。ご検討される時点で、区画の有無をお電話にてご確認されることをお勧めいたします。Q.シーズン途中からの参加は、可能ですか?A.空き区画があればシーズン途中からの参加も可能です。すでに終わってしまった授業については、途中参加の皆様に集まってもらい再授業を行います。しかし、タイミングよく野菜の種、苗を植える時期が、ありますので、ご入園早々あわただしくなります。できれば、4月からの春野菜、8月中旬からの秋野菜のスタートに沿ってのご参加をお勧めいたします。

      2
      テーマ:
  • 31 Dec
    • カルチャースクーリング募集要項

      三鷹市栽培研修型貸し農園(本格的農業スクール+貸し農園) 「安全な野菜づくりのカルチャ- スク-ル」平成30年度前期春夏スタート入会受付開始!早期入会キャンペーン実施中:只今、早期申し込みの皆様には、お申込み日より授業がスタートする3月末までの間、無料にて栽培の簡単な野菜の体験栽培を行っていただくことができたり、野菜の試食等特典がいっぱい!◆ 農業体験型農園って?◆体験型農園とは、市民農園のような単なる区画貸し農園ではなく、農家が種・苗・農具・肥料の材料を準備して、農作業のノウハウも合わせて公開する農園です。野菜の作付け計画から種苗の品種の選択、供給を農家が行い、入園者に講習会(4月、9月中心毎週週末に有)に参加してもらい、農家指導のもと、手づくり有機肥料の作成も含め入園者に野菜の植付け、管理、収穫を行なってもらう農園です。初心者でも十分な野菜の収穫が期待できます。無農薬・有機栽培にこだわり、日本ハーブ協会インストラクターの方の指導のもと本格的なコンパニオンプランツの導入や、化学的な農薬や肥料、動物性堆肥(糞・尿)を一切使わずに、 野菜の育て方を基礎から学んでいきます。F1の種を極力使わず、おもに自家採取した種や特殊な種屋さんで販売されている貴重な伝統野菜(在来種)の種を使用しながら、1年間を通じて約50種類の野菜を作ります。また7年前より無肥料、無農薬の自然農法エリアを増設いたしました。6年前より不耕起自然農法栽培にもチャレンジ! 入会2年目より利用可能。 1年間コース  平成30年3月下旬~平成31年3月下旬(3月のみ土壌メンテナンスのため畑内立入り禁止・年度途中からの参加も可能)(毎週最低1回は畑に通える方、通年しっかり通える方が対象です。)     次のページへ

      2
      テーマ:
  • 27 Jul
    • カルチャースクーリング募集要項

      7月1日より、今年度平成29年度8月末からの「安全な野菜作りのカルチャースクール」の募集を開始いたします。今回の募集区画は、5区画のみを予定。左側のブログテーマ「カルチャースクーリング募集要項」をお読みいただきご希望の方は、電話にてお申し込みください。当農園は、安全な育てにくい伝統野菜(固定種・在来種)を、育てにくい安全な農法(有機農法・自然農法)で栽培するたいへんストイックな農園です。生徒の方の中には、入園1年後には、就農を予定されている方も入会されており、初心者の方も大勢入会されておりますが、あくまで特殊な農業学校であり、育てにくい多くの野菜を収穫するためにしっかりとした授業もありますし、指導もあります。けっして市民農園・区民農園のようなみんなでワイワイ楽しくマイペースに自分の都合に合わせて作業をするというような農園ではありません。みんなで楽しく手間のかかる作業をしながら、通常手に入らない大変美味しい伝統野菜を講師の指導のもと、やっとの思いで収穫しその喜びをみんなで分かち合う、そのような真面目に取り組む農園です。この点を、十分にご理解の上お申し込みいただきますようお願い申し上げます。また、当農園は、戦国時代より続く歴史ある農園です。テクニックや奇抜な栽培方法を伝えるだけの参考書のような、ありがちな体験型農園ではなく、古い農家としての畑へのリスペクトや農に対する考え方、農家としての栽培方法・、都市農家としての厳しさを少しでも一般の皆様にお伝えし、感じ考えていただくたため、開講した目的があります。この点を、他の体験型農園との大きな違いであると、また大きな付加価値として感じていただける方にぜひ、ご入会いただきたいと切に希望いたします。

      13
      テーマ:
    • カルチャースクーリング募集要項

      ■■■■■■■平成29年度後半■■■■■■■         =栽培研修型貸し農園=     『安全な野菜づくりの本格的スクール』参加ご希望のみなさまへ、入会受付中です。8月下旬よりスタートいたします秋作・冬作からの1年間スクーリング参加受付開始です。   4年前より自然農法全エリアでは、不耕起栽培にも取り組んでおります末尾の連絡先より、説明会の予約受付をしていただき、「ブログを見た」と、ひと言お願いいたします。■当農業体験型貸し農園のポイント■当農園では、安全・安心のために畑の土壌・作物の放射能測定を定期的に行っております。■種へのこだわりホームセンターや一般の種屋さん等で販売されているF1の種を極力使わず、特殊な種屋さんで販売されている在来種の種や自家採取した土着在来種の種 =伝統野菜の種を使用しております。■栽培方法のこだわり5年前より日本ハーブ協会のインストラクターの方にご協力いただき、ハーブを中心とした本格的なコンパニオンプランツでの栽培方法の導入によりご指導していきます。自然農法エリアでは、不耕起栽培にも取り組んでおります。■肥料へのこだわり化学肥料はもちろんのこと、動物性堆肥(糞・尿)の使用もしておりません。■水へのこだわり基本的に畑自体に保水力があるためあまり水遣りは行いませんが、植え付け時に使う水は、塩素分のある水道水ではなく、当農園で用意してある雨水に炭を入れ浄化した水をできるだけ利用していただいております。■継続利用ができます。一般の区民農園、市民農園とは違い、継続更新ができ、新規の方は、申し込み順に入園でき抽選はありません。■事前にご用意いただくもの■長靴・ガーデングローブ(軍手)・虫避けスプレー(蚊取り線香)・帽子・種入れ陶器の容器(プリンの容器など)。それ以外は、すべて農園側にてご用意いたします。   ♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣次のページへ

      3
      テーマ:
    • カルチャースクーリング募集要項

      三鷹市栽培研修型貸し農園(本格的農業スクール+貸し農園) 「安全な野菜づくりのカルチャ- スク-ル」平成29年度後期秋冬スタート入会受付開始!◆ 農業体験型農園って?◆体験型農園とは、市民農園のような単なる区画貸し農園ではなく、農家が種・苗・農具・肥料の材料を準備して、農作業のノウハウも合わせて公開する農園です。野菜の作付け計画から種苗の品種の選択、供給を農家が行い、入園者に講習会(4月、9月中心毎週週末に有)に参加してもらい、農家指導のもと、手づくり有機肥料の作成も含め入園者に野菜の植付け、管理、収穫を行なってもらう農園です。初心者でも十分な野菜の収穫が期待できます。無農薬・有機栽培にこだわり、日本ハーブ協会インストラクターの方の指導のもと本格的なコンパニオンプランツの導入や、化学的な農薬や肥料、動物性堆肥(糞・尿)を一切使わずに、 野菜の育て方を基礎から学んでいきます。F1の種を極力使わず、おもに自家採取した種や特殊な種屋さんで販売されている貴重な伝統野菜(在来種)の種を使用しながら、1年間を通じて約50種類の野菜を作ります。また7年前より無肥料、無農薬の自然農法エリアを増設いたしました。6年前より不耕起自然農法栽培にもチャレンジ! 入会2年目より利用可能。  1年間コース  平成29年8月下旬~平成30年8月下旬(3月のみ土壌メンテナンスのため畑内立入り禁止・年度途中からの参加も可能)(毎週最低1回は畑に通える方、通年しっかり通える方が対象です。)     次のページへ

      6
      テーマ:
    • カルチャースクーリング募集要項

      ●区画別プログラム 区画別の自分の畑で、作業することができ、  複数でのご利用もできるため、お仲間や  ご家族での参加もできるプログラムです。  【区画貸し費用】1区画1ヶ月あたり  (固定年間費用を12ヶ月間で割ると・・・)  ・約5坪(15㎡)タイプ   8400円 (税別)(2名様まで入園可*1、             固定年間費用100,800円税別) ・約10坪(30㎡)タイプ 12600円 (税別)(4名様まで入園可*2、固定年間費用151,200円税別) (いずれも、種苗費、肥料費、農具・資材レンタル費、 指導料含む、費用は、ご入会時一括払いとなります。)・ロッカーフィー年間10000円(税別)・保証金10000円 費用の補足説明 *1・・・5坪タイプを2名様でご利用された場合、費用は、1/2となりお一人当たり1ヶ月4,200円となります。*2・・・10坪タイプを4名様でご利用された場合     費用は、1/4となりお一人当たり1ヶ月 3,150円     となります。入会後ご用意いただくもの長靴・ガーデングローブ(軍手)・虫避けスプレー(蚊取り線香)・帽子・種入れ陶器の容器(プリンの容器など)それ以外は、すべて当農園にてご用意いたします。  次のページへ

      テーマ:
    • カルチャースクーリング募集要項

      下見及び説明会(要予約)7月からの各土曜日、日曜日13:30より下見説明申し込み会を行っていきます。お電話にてご予約の上、ご来園下さい。ただし、十分な区画のご用意をさせていただいておりますが、区画のお申し込みが、定数になり次第終了となります。ご希望の方は早めのご参加をお勧めいたします。  ■三鷹オーガニック農園「農業体験型農園」         所在地:三鷹市上連雀9-16 ・駐車場あります・他の体験農園には無い、クラブハウス・水洗トイレを完備しております。● 申込みは、電話での対応のみとなっております。コメント等でのお問い合わせは、対応しておりません。・宣伝用DVDができました。ご希望の方はお申し出ください。 無料でお渡しいたします。〒181-0012   三鷹市上連雀9-18-12   TEL 080(2001)1665                     担当:金子 晃 「安全な野菜作りのカルチャースクール」よくある質問 Q&A       次のページ

      テーマ:
    • 「安全な野菜作りのカルチャースクール」よくある質問Q&A

      ◎よくある質問Q&AQ.畑の作業などまったくわからない初心者で一人での参加ですが、そんな私にできるでしょうか?A.昨年も、何人かの初心者の方がお1人で10坪エリアをご利用になりました。確かに最初は、わからないことだらけで戸惑ったそうですが、講義を受け、エリアのお隣さんとも仲良くなりながら、徐々に作業のコツが、わかるようになったそうです。そのような方々は、慎重に講義を受けたとおりに作業をするため、結果的に立派な野菜を育て、収穫する傾向があるようです。 Q.5坪と10坪の違いは、なんですか? A.まず、区画の広さが違います。また、野菜の種類の数が違います。10坪の野菜の種類を1とすると5坪の野菜の種類は1/4くらいになります。10坪の育てる1種類当たりの野菜量が多いと思われがちですが、量的には、さほど違いはありません。Q.毎日、水やりに行かないといけないですか?A.基本的に保水力豊かな畑ですので、水やりをする必要がありません。毎日、水やりに行かなくても大丈夫です。ただし、種まき時や苗の植え付け時、昨年度の夏のように異常気象で乾燥している時は、水やりが必要です。そのような時は、こちらのブログにてお伝えいたします。 Q.どのくらいの頻度で農園に行けばいいですか?A.基本的に、1週間に1回は農園に来て下さい。春作の収穫が始まる5月ころから、トマトやキュウリなどの収穫が終わるころまでは、必ず1週間に1回は農園に来たほうがよいでしょう。(収穫や野菜類の管理、除草など行うべき作業はいろいろあります。) 時間的に余裕のあるかたは、もっと頻繁に来ることで、収穫や区画の管理などをまめにできます。また、忙しい方には、有料となりますが、「お助け制度」という参加者の方に代わって 作業を代行するサービスもあります。ご利用の場合は、ご相談ください。 Q.雨が降ったとき、講習会はどうなりますか?  A.雨が降ったときでも、作付のタイミングを考え講習会は行います。畑での作業ができないほどの雨でも、講義は行います。台風等であまりにもひどい状況で中止の場合は、当日の午前7時までに、当ブログで中止を発表いたします。判断に困った場合は、こまめにブログチェックをしていただくことをお勧めします。 Q.講習会の出席、欠席の連絡は?A.講習会には、農園主に出欠の連絡をする必要はありません。基本的に同じ週の土曜、日曜に同じ内容で講習会がありますので、どちらかに参加していただければ大丈夫です。必ず 講習会に参加していただくのが原則ですが、どうしても、複数回あるうちの同じ講習会に参加できない場合は、相談して下さい。一応、講習会なしでも作業ができますようにレジメをお渡ししますし、ご希望により「お助け制度」にてプライベートレッスン(有料)も承ります。 Q.畑での講習会以外の指導や区画内の相談は、いつでもできるのですか?A.基本的には、平日以外の土曜日、日曜日、祝日になります。平日は、ご本人での収穫や野菜類の管理、除草などに当てていただきます。ただし、ご相談により「お助け制度」にて平日のプライベートレッスン(有料)も承ります。Q.畑での作業は、何時からできますか? A.基本的に日の出から日没までとなりますが、朝は、5:30から夕方は門柱の上のソーラーライトが、点灯するまでです。 Q.今回の募集は、何区画くらいあるのですか? A.文頭記述にもありますように、前年度参加者の方で更新されない方のわずかな区画と新たに作りました区画のみとなります。ご検討される時点で、区画の有無をお電話にてご確認されることをお勧めいたします。 Q.シーズン途中からの参加は、可能ですか? A.空き区画があればシーズン途中からの参加も可能です。すでに終わってしまった授業については、途中参加の皆様に集まってもらい再授業を行います。しかし、タイミングよく野菜の種、苗を植える時期が、ありますので、ご入園早々あわただしくなります。できれば、4月からの春野菜、8月中旬からの秋野菜のスタートに沿ってのご参加をお勧めいたします。

      3
      テーマ:
  • 18 Dec
    • コンパニオンプランツ 体験型貸し農園、市民農園、無農薬栽培、区民農園、貸し農園、自然農法

      現在、多くの一般の方より「平成27年度4月からの安全な野菜作りのカルチャースクールの申し込み受付は、始まっているのか?」とのお問い合わせをいただいております。あまりの皆様の関心の高さにおどろいておりますが、先月11月中旬より、受付を開始しいたしました。左側のブログテーマ「カルチャースクーリング募集要項」をお読みいただきこちらの「コメント」欄に♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣・お名前・ご住所・電話番号・PCメールアドレス・ご希望エリア 10坪(自然農法エリア or 有機農法エリア) or 5坪(有機農法エリア)♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣をご記入いただき送信下さい。こちらから、連絡させていただきます。すでに、自然農法エリアにつきましては、現在完全な自然農法エリアとして提供できるエリアは残りわずかになっております。ご希望の方は、至急ご連絡ください。また、当農園は、安全な育てにくい伝統野菜(固定種・在来種)を、育てにくい安全な農法(有機農法・自然農法)で栽培するたいへんストイックな農園です。生徒の方の中には、入園1年後には、就農を予定されている方も入会されており、初心者の方も大勢入会されておりますが、あくまで特殊な農業学校であり、育てにくい多くの野菜を収穫するためにしっかりとした授業もありますし、指導もあります。けっして市民農園・区民農園のようなみんなでワイワイ楽しくマイペースに自分の都合に合わせて作業をするというような農園ではありません。みんなで楽しく手間のかかる作業をしながら、講師の指導のもと、やっとの思いで、安全な野菜を収穫し、その喜びをみんなで分かち合う、そのような真面目に取り組む農園です。この点を、十分にご理解の上お申し込みいただきますようお願い申し上げます。

      4
      7
      テーマ:
  • 15 Jul
    • レンタル農園、農業体験型貸し農園、 自然農法、有機栽培、市民農園、無農薬栽培、区民農園、

      平成26年度後半 「栽培研修型貸し農園」 『安全な野菜づくりの本格的スクーリング』参加ご希望のみなさま対象入会キャンペーン実施中!7月、8月に入会された方を対象に、『安全な野菜づくりの本格的スクーリング』後半からスタートされる皆さんには、はじめての畑内の作業に体を慣らさせるため、入会された時点からスタートする8月下旬までの間、契約された区画を無料でお貸しいたします。その期間、ゆるやかな指導のもと葉物野菜の栽培など簡単な作業をして体を農作業に慣らさせたらいかがでしょうか?もちろん無料にて固定種の種の配布もいたします。(苗は有料)

      テーマ:
  • 10 Dec
    • コンパニオンプランツ 体験型貸し農園、市民農園、無農薬栽培、区民農園、貸し農園、自然農法

      現在、多くの一般の方より「平成24年度4月からの安全な野菜作りのカルチャースクールの申し込み受付は、始まっているのか?」とのお問い合わせをいただいております。あまりの皆様の関心の高さにおどろいておりますが、現在のところ24年度の開催についてはまだ決まっておりません。来年1月末までには、結論を出そうと考えております。それでも「とりあえず予約受付待ちをしたい。」とのお申し出が多いため、そのようなご希望の方は、左側のブログテーマ「カルチャースクーリング募集要項」をお読みいただきこちらの「コメント」欄に♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣・お名前・ご住所・電話番号・PCメールアドレス・ご希望エリア 10坪(自然農法エリア or 有機農法エリア) or 5坪(有機農法エリア)♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣をご記入いただき送信下さい。開催するかどうか決まり次第、いただいたPCメールアドレスへご案内を配信させていただきます。また、現在スクーリングに参加されている方々や、卒業生エリアの方々からも24年度の継続希望についてのご質問があります。この取り組みを継続するかどうか決まり次第、継続「卒業生エリア」に付いてのご案内をいたしますので、ご希望の方は、こちらのコメント欄に♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣・出席番号・お名前・PCメールアドレス♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣をご記入いただき送信下さい。開催するかどうか決まり次第、いただいたPCメールアドレスへご案内を配信させていただきます。送られたコメント投稿内容は、個人情報が含まれるため、一切承認開示いたしません。

      テーマ:
  • 23 Aug
    • コンパニオンプランツ 体験型貸し農園、市民農園、無農薬栽培、区民農園、貸し農園、自然農法

      平成23年度 農業体験型貸し農園「安全な野菜づくりのカルチャースクーリング」後期より参加ご希望のみなさまへ、入会予約受付中です。8月後半よりスタート予定の秋作・冬作後期スクーリングの予約受付が始まっております。 自然農法エリアにて参加ご希望の方が多いため、改めまして自然農法エリアを増設いたしました。各エリアとも、僅かですがまだ区画が残っておりますのでお申し込み可能です。末尾の連絡先より、説明会の予約受付をしていただき、「ブログを見た」と、ひと言お願いいたします。当農業体験型貸し農園のポイント種へのこだわりホームセンターや一般の種屋さん等で販売されているF1の種を極力使わず、「野口の種苗研究所」等で販売されている在来種の種を使用しております。23年度は、自然農法(無肥料、無農薬)のエリア(10坪エリア)区画を新たにつくります。栽培方法のこだわり今年より日本ハーブ協会のインストラクターの方にご協力いただき、ご指導のもとハーブを中心とした本格的なコンパニオンプランツの栽培方法の導入によりご指導していきます。肥料へのこだわり化学肥料はもちろんのこと、動物性肥料の使用もしておりません。水へのこだわり基本的に畑自体に保水力があるためあまり水遣りは行いませんが、植え付け時に使う水は、塩素分のある水道水ではなく、当農園で用意してある雨水に炭を入れ浄化した水をできるだけ利用していただいております。継続利用ができます。一般の区民農園、市民農園とは違い、継続更新ができ、新規の方は、申し込み順に入園でき抽選はありません。 遠くの畑より近くの農園でしょ!!市民農園とは違った、1ランク上の農園に入会しませんか?  三鷹市農業体験型貸し農園   (農業スクール+貸し農園)安全な野菜づくりのカルチャ-スクール 平成23年度新規入会受付中!◆ 農業体験型農園って?◆体験型農園とは、市民農園のような単なる区画貸し農園ではなく、農家が種・苗・農具・肥料を準備して、農作業のノウハウも合わせて公開する農園です。野菜の作付け計画から種苗の品種の選択、供給を農家が行い、入園者に講習会(4月、9月中心毎週あり)に参加してもらい、農家指導のもと、入園者に野菜の植付け、管理、収穫を行なってもらう農園です。何でも好きな物を作れる自由さはありませんが、農家指導のもと、初心者でも十分な野菜の収穫が期待できます。また、当農園では、無農薬・有機栽培にこだわり、日本ハーブ協会インストラクターの方のご指導のもと本格的なコンパニオンプランツの導入により、都内の体験型農園でも数少ない、化学農薬、化学肥料、動物性肥料等を使用しない完全な有機農法にてご指導していきます。また、今年より無肥料、無農薬の自然農法エリア(10坪タイプのみ)を新たに増設いたしました。こちらのエリアもご検討ください。 ● 春作、秋作を通じて30品目以上の野菜を 作ります。(10坪タイプの場合)春/(例)じゃがいも、トマト、なす、きゅうり、     とうもろこし、枝豆、他秋/(例)さつまいも、大根、キャベツ、     ブロッコリ、ほうれん草、白菜、他・ 1年間コース(11ヶ月間)   平成23年8月下旬~平成24年8月下旬  (3月のみ土壌メンテナンスのため休校)・ 費用/1ヶ月あたりの会費    (固定年会費を11ヵ月で割った額)約 5坪(15㎡)タイプ  8400円約10坪(30㎡)タイプ 12600円(種苗費、肥料費、農具・資材レンタル費、指導料含む)(費用は、ご入会時一括払いとなります。)下見及び説明会(要予約) 土曜、日曜日を中心に随時行っております。 お電話にてご予約の上、ご来園ください。ただし、十分な区画のご用意をさせていただいておりますが、区画のお申し込みが、定数になり次第終了となります。ご希望の方は早めのご参加をお勧めいたします。  後援・・・ C-Cafe     ホームセンターJマート       三鷹都市観光協会■ 三鷹オーガニック農園「農業体験型農園」    園主:金子友三  所在地:三鷹市上連雀9-16           ● 申込み:〒181-0012  三鷹市上連雀9-18-12TEL 080(2001)1665          担当:金子 晃

      テーマ:

プロフィール

ak47

性別:
男性

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。