オーガニックスタジオ新潟社長の奮闘記 「自然素材の家」│ おーがにっくな家ブログ

快適空間を追求する「オーガニックスタジオ新潟」という小さな工務店を経営する社長のブログ。高性能・エコハウスを当り前にするために日夜奮闘中。住宅はもちろん、ド!ローカルな新潟情報、建築、子育て、アート、暮らしの知恵などごった煮でお送りします。

写真アルバム で過去の施工実例をすべて公開中。


新潟で自然素材の家をつくる社長の 新潟で一番おもしろい建築ブログ


お気に入り登録、読者登録 をよろしくお願いいたします。


テーマ:

髙橋です。

 

次号ハウジングこまちの撮影   第2弾。

森を育む、野遊びの家「柳沢の山荘」を訪問しました。

 

特集のテーマは「自然をとりこむ暮らし」。

うん、出ていただくしかないでしょ。これは。

 

フォトコンのくらしの写真展で、施主様の写真をご覧になったハウジングこまちさんにお声を掛けていただいて、なんと巻頭特集に登場なのです。

フォトコン2016のグランプリ&人気投票賞もお届けさせていただきました。
(こちらは夜バージョン笑)

 

 

 

三条市郊外に680坪の広大な土地を購入してはじまった計画。

大きすぎるため、当初は分割購入しようかと考えていたとのことですが、坪1万程度ということもあり、施主様が叶えたかった暮らしを鑑みて、そこは迷わず分割せず一括での購入をおすすめ。

 

およそ2年前、建築計画のヒアリング時にお持ちいただいたこの手作りのA1サイズの【家づくりマインドマップ】にまずは驚かされました・・・!

ある程度は設計段階で盛り込んで、解決済み。
できていないところはこれからゆるゆる、ゆっくりと。

 

オガスタの担当する「住宅」自体は1年前に完成しておりますが、この柳沢の山荘、施主様の家計画にはまだまだ終わりがないのです。

 

 


お引渡後、施主主様の手により、竣工撮影よりも何倍にも素敵な家に変貌しておりました。

 

人が集まるこの家のゲストルームは、なんと庭。

キャンプ場さながらにテントを張り、何組でもお泊りいただけます。

屋根のフォルムもタープを意識したシャープな外観。

広い半ソト空間で外と中が一体につながり、狭さは感じさせません。

 

撮影の行われた週末は、友人を招いて庭でキャンプののち、翌日のお昼にデッキでごはんを食べているところを撮らせていただきました。

 

 

 

思いをはせ、手をかけ、少しづつ育てていく家と森。

「やらなきゃいけない事がたくさんあってね・・・」と苦笑いしながらも嬉しそうに話すご主人。

毎日仕事が忙しいながらも、休日には庭整備をしたり畑をしたりと少しづつ、広大な庭を開拓していっています。もう数年経つともっと良くなっていくでしょうね。

すぐには形にならないからこそ愛着が湧き、またそれが楽しくもあります。

 

 

オガスタさんへの決め手は? の問いに

「土地を購入する際に、広すぎて草をはらうのにどうしようかと考えていた時に、相模社長が『ヤギ飼えばいいじゃん!』と。(笑)オモシロイ人たちだなと思って。」

 

なかば冗談で発案した庭ヤギ計画は、実現に向けて着々と現在進行中だそう。

いくつかの住宅会社を見ていただいて、“おもしろがって”一緒につくっていく、そんなところがクリエイターのご夫婦には響いたというところでしょうか。

 

 

 (ブランコに揺られる設計者。喜んでもらえて良かったですね。阿部さん。)

 

 

なんだか<田舎暮らしで、自然と暮らす>なんてフレーズは、仙人みたいな暮らしを思い浮かべられそうなものですが、決してそんなことはありません。

 

住宅はワンルームの様な間取りでコンパクトな設計ながら、もちろんオガスタいつもの床下エアコン搭載のハイスペック住宅。

オープンな間取りは高断熱だから可能なんですよ。

無理をして豪邸を建てた訳ではなく、30代夫婦が無理なく出来る資金計画のうちで、性能と快適な住居環境を陰でしっかりと担保したうえで成り立っているのです。

 

                                                                                        

 

 そのうえご主人の通勤時間は車で15分程度。
通勤のストレスもありません。

遠出をしたり、必要以上にレジャーにお金をかけなくとも、日常生活に楽しさがある。

子供たちには四季を感じて、自然に触れ合う事で五感を刺激する日常を経験させてあげることができる。

 

 

 

仕事・子育て・生活、現実としての新潟でのくらし。

人生についてちょっと気付きを与えてくれるような。
そんなすばらしい特集になると思います。

 

掲載はハウジングこまちvol.22  6月25日発売です。

 

 

 

 

 

いいね!(16)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

高橋です

たくさんのご応募をいただきました【フォトコン2016】
さて、このたびご参加いただいたみなさんに参加賞の発送を行いました。

参加賞は社長が作ったオリジナルのマルセイユせっけん
(ちなみにラッピングに添えているドライフラワーも自家製で、
実はモデルハウス庭で栽培したラベンダーなのです。
届くころに配送の衝撃でボロボロになってたらごめんなさい・・・!)


***
グランプリ・準グランプリ・社長賞のお客様へは相模社長自らお届けに行って参りました!ので、その様子を少しお届け。

アポなんて取ってません。
おおきなしゃもじのかわりにワインを携え、ヨネスケ的に突訪です。


ま。案の定、びっくりされます。(笑)


ご夫婦で、グランプリ(奥様)&人気投票賞(ご主人)を受賞したのは
「柳沢の山荘」のお二人。
ハウジングこまちの巻頭特集取材でお邪魔した際に、授賞式を。



「来たら渡そうと思ってた!」と逆におみやげをたくさんいただいたり。


歓迎のエレクトーンを演奏を聴かせて頂いたり。

お兄ちゃん、ヨド○シカメラのテーマ(謎の選曲)、お上手でしたよ・・・




「ありがとう」のおてがみと似顔絵を頂いたり。


突然お邪魔しましたにも関わらず、手作りのプリンをごちそうになったり。





・・・なんだか、ごちそうになってばっかりですねえ。。社長。


人気投票賞のお宅にもワインをお届けクラッカー


年1回の行事になりますので、みなさんまた来年もお待ちしていますね。
建築中のお客様、これから建てられる方も今からどんな写真を撮ろうかつい考えちゃいますね。
こちらも今から楽しみです。(^ε^)

また来年!
(ちょうど定期点検訪問中の監督チームと遭遇。)




おまけ:ウクレレやまだ
いいね!(16)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

温熱×マーケティングセミナー 受講者の感想

 

いろいろ講演会を行ってきましたが、時間も最長だったことと、6000円という

有料セミナーであったことから? 今までにない良い反応のあったセミナーでした。

 

 

参加者59名のうち42名がアンケートを記入し、83%がとても参考になったお回答した。

 

 

 

小さな工務店のマーケティング術

WEBのこと、SNSのことなど実践されている方の話は説得力があります

小さなコツコツから大きな力が産まれることを知れた

競合ゼロの理由(生産性についての話が興味深かったです)

具体的な話、今すぐ取り組める内容でした。

行列のできる工務店3条件の中、情報発信について参考になりました

戦略の重要性を改めて感じました

ブログでの内容をより具体的に聞けたので良かった

弊社の今後の取り組みのヒントを得た

 

温熱を差別化の武器とする

温熱の重要さを改めて感じました

自社も高気密・高断熱を行っていますが、まだ性能のみで逃げてしまっている気がします

性能の見える化は施主にとって一番解りやすい。当たり前ですが説得力が抜群だった

家全体を暖める温熱がいい

目指すポイントが明確でした。未来に希望の持てる内容でよかったです。

南面の日射取得が大きく燃費に影響する

本当に理解できました。お客様のために必要なこと目指すべき性能がわかった

施主への見せ方を工夫しなくてはならないなぁと思いました

窓の重要性を再認識できました。具体的な数値がわかりやすかった

 

 

 

今回受講者から質問が寄せられたので、この場を借りて返答しておきたい。

 

 

質問

Q1:SPGは一般には出回らないのですか?資料などがあればほしいです。

 

A: 樹脂・木製、それぞれのサッシメーカーで搭載した商品をリリースする計画が進んでおります。1年以内に普通に搭載することが可能になるでしょう。詳細は発表できる段階になりましたら様々な方法でリリースしていきます。

 

Q2:南面のサッシを大きくする点は理解できますし、採用したいのですが、 耐震性能は大丈夫なのか?

 

A: もちろん耐震性をないがしろにして開口部を最大化することは論外だと考えます。

構造計算にのっとって家はつくられるべきでしょう。その範囲での極大化です。

 

Q3:勾配天井仕上げの時の断熱材で安価なものがあるか?

 

A: 緩勾配であれば天井断熱に勾配をつける方法もあることでしょう。その場合、梁組みなどが干渉するためにブローイングになります。より確実に施工するためには、2×10材で垂木をかけて、垂木間充填にて施工を行う方法もあります。詳しくは西方設計の著書等を参考にして研究してください。

 

Q4:一次消費エネプログラムにおいて、居室・その他の居室の区分がありますが、開放的な間取りにすると当然ドアがない。居室区画が大きくなりすぎ不利になりますが、どう考えていますか?

 

A: そもそも20年前の細切れの間取りにして暮らしたいという意識の方はいなくなっていくと認識しております。より快適な空間を追求し始めています。だから、全館暖房をしても、一般的な性能の家で局所間欠暖房にする場合と同等かそれ以下の暖房負荷にすることがポイントと考えます。そのための暖房負荷計算が不可欠だという話でした。

 

Q5:床下エアコンの施工での注意点や、リフォームでの活用方法などを知りたい

 

A: ①暖房負荷を40kw程度を目安に減らすこと ②開放的な床下空間を地中梁やフラットベースにより実現すること これが最重要です。また、施工上の留意点の詳細は、西方設計の書籍を求めて研究することをお勧めします。

 

Q6:相模さんが考える今後日本の住宅建築を牽引して行くだろうと思われる人物(考え方や影響力)はどのような方達でしょうか?

 

 A: 温熱は科学でありますが、基礎的なものでしか住宅分野はありません。既知の技術をわかりやすくする、説明能力が問われる分野です。そうした観点で前教授、松尾さんのような有名人は、緩やかに世代を受け継ぎながら影響力は変わらないことでしょう。

 

木造住宅全般については、(レーモンドの5原則のように)素直に経済的にストレートに造るならば、自然な形態となり、要求される性能を満たすべく、「スタンダード」になっていくと思います。あたかも、米と麹を用いて日本酒をつくることのように、普遍性のある住宅が支持されると信じます。さらに、同じ日本酒でも気候風土と趣向性で、地域地域の個性あふれる「地酒」が生まれているのと同じことが、住宅でも起きてくると考えますし、すでに潮流を感じます。

 

かたや、住宅建築は経済行為でもあるので、効率・低価格優先の家づくりも今まで以上にはびこることでしょう。工業用アルコールを水で薄めて大量生産した、「酒みたいなもの」が一番多く出回る社会であることは、資本主義社会だから当面は維持されることでしょう。

 

それにあらがうのは各地域でスタンダードな住宅をつくる工務店です。

彼らがプチリーダーとなり、地域へ影響を与えるだけでなく、全国の「地酒ビルダー」と連帯して切磋琢磨している潮流があります。この世界では実践者は誰しもがリーダーであり、特定のトップは不要になるのではないかと考えております。

いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

飯塚豊さんのプレゼンテーション 

 

飯塚豊さんとのコラボ物件は順調に設計打ち合わせを重ねて、基本設計の承認をいただきました。さすが飯塚さん。我々の想像を超えた「ここまでやるか」のプレゼンテーションです。

 

 

SketchUp(スケッチアップ)という3次元モデリング・ソフトで、外観や内部のウォークスルーでどんな空間になるかを直感的に理解させるプレゼンテーション。

スキップフロアで図面だけではわかりにくい空間であるが、これならばっちりである。

 

計画案については飯塚さんのブログで昨晩更新されておりますので

ご覧ください。 すごいから。

 

さらには、構造もつかむために3Dで表現してくれた。

スキップは構造も難しいのですが、こうして事前に大まかに検討してくださるという、これまた期待を上回るお仕事っぷりです。

 

ファーストプレゼンテーションでも一味違う。

プランニングの方向性で、A案 B案と分けられる時があります。

我々であれば自信のあるものを一つに絞って提案して終わりというところですが、

飯塚さんは緻密であった。

A案B案C案と、考えられる方向性を3つ用意し、

それぞれに問題となるポイントを整理して説明していく。

そのA案のこの部分とC案のこの分を組み合わせたAC案がもっとも最適ではないか、

そんな感じで、思考のプロセスと幅を最大限に施主と共有したプレゼンテーションに圧巻でした。

 

空間イメージも素材レベルまで落とし込まれてすでにお持ちであった。

「なぜ ここはこの素材を用いたいのか?」という説明も論理的。

こっちは「もう参りました」と言うしかありません【笑】

 

飯塚さんは大学講師もやっているので説明能力が尋常ではありません。

また、構造・温熱・コスト・施工への配慮へのバランスも優れたものがあると感じました。

(どや建築家ではありません 笑)

 

どこかの工務店で、自社の家づくりのスタイルをどのようにしていきたいのか

悩みのある会社があるとしたら、飯塚氏にコンサルタントになっていただき、

地域性と市場ターゲットに配慮した住宅の開発と、設計手法のルール化を一緒に考えてもらうと非常にいい仕事するんじゃないかと思いました。

 

工務店との協業は、ただ作ってもらうだけでないWin-winな関係構築もおもしろいなと、飯塚さんも思ってもらったようです。 

びびっときた工務店主は、まずは飯塚さんの本を買うところからお勧めします。

いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

先般、スター工務店の相羽建設を会場に、工務店による勉強会があり参加した。

勉強テーマは相羽さんの「攻めのメンテナンス体制から学ぶ」ということで、これはこれで大いに勉強になった。

そこで、面白いおっちゃんと初対面になった。兵庫の「すみれ建築工房」の高橋代表だ。

同じく関西の顔役で、ちょうど堀部さんの案件を施工している「ダイシンビルド」の清水さんと、会の終わりの2次会は、なぜかその関西チームに私が加わって、深夜2時まで歌舞伎町で飲んでいた。

その高橋さんの活動が記事になっていてびっくりした。

(載るよと言ってたかもしれないがよっぱらいは覚えちゃいない 笑)

元大工職人で、川藤似。現場の花形である大工は施主との接触頻度が多く、信頼を得やすい。高橋氏は職人に営業を教えて仕事をつなげていくという独自のノウハウを持っている。そうしたつながりで台湾まで仕事をする。 

 

 

その他、今回の号のインプレッションをつれづれに・・・。

 

読み応えがあったのが「量産住宅の現状と一条工務店の強さ」である。

工務店という名はついているけど、住宅業界のユニクロ。 メイド イン フィリッピンのグルーバル企業である。

「住宅は性能」ということで、力技で市場を制圧してきている一条工務店の強さを分析し、

工務店はさらに上をいく「スーパーバリュー工務店」へと変貌すれば勝ち目があるのではないかと説く。

 

ソクリト建築設計の「左官の可能性」の物件には唸らされた。

南面のパッシブな集熱窓のデザインが非常に意欲的です。

内部は、薪ストーブ周りの版築と荒壁の構成がすばらしい。

私も左官屋のDNAを持つ身であるからワクワクした。

惜しむらくはファサード壁の窓を中心にデザインをうまくされていたならなと思った。

 

さてさて、私の連載はなんだかんだで8回目になった。

次回の9回目で終了ということになっている。

同様に連載をしている連合設計の戎井代表の連載も終了ということのようで、

7月号から大きく執筆人が入れ替わるようだ。

 

連載を通じて、全国の名も知らぬ工務店主たちへのエールを謳い続けてきた。

豊かな住環境をつくるうえで、地域の工務店が主役である。

工務店発、住宅革命の同志よ。

少しは役に立てたのだろうか?

 

次回で連載は終わりますが、当ブログを通じてエールを時々かけさせてもらいますんで、

変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

 

いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)