オーガニックスタジオ新潟の現場ブログ

現場監督による現場公開レポート


テーマ:

波潟です。

 

だいぶ冷え込んできましたね。

そろそろ雪が降ってもおかしくなくなってきました。

OBの皆様、床下エアコンは快調でしょうか?

 

さて、10月、11月は一年のうちでも着工件数が多い月になります。

なぜだかわかりますか⁉

 

オガスタでは着工から竣工まで約5ヶ月いただいていますので、11月に着工すると・・・完成は概ね3月となります。

4月のお子さんの入園・入学前に新居へ転居したい!とのご希望は多いですから、間に合わせようとすると11月着工となり人気なのですね。

 

更に、新年を新しい家で迎えたい。今年の冬は寒い思いしたくないのよ!って方も多いですから、12月のお引渡しも多いのです。

 

つまり・・・

 

現在、着工と竣工が重なって、だいぶ忙しくさせていただいております汗

って事です。

 

 

前置きが長くなりましたが、「網川原の家A」上棟しました。

 

 

 

 

幸い上棟から今まで、大きく天候が崩れることもなかったので順調に外部の防水シート施工まで進みました。

 

 

日没が早く、夕方現場に行くとすでにあたりは真っ暗なんてこともあります。

珍しく夜景でパチリ。

 

 

本格的に冷え込む前に、予定通り大工は内部作業へと進めそうです。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

当社の物件は、換気方式が1種換気方式もしくは3種換気方式になっています。

 

1種換気方式は、熱交換換気扇により、外部からダクトを通して給気、同じく排気をしています。その場合、給気と排気のフィルターは熱交換換気扇下部についており、そのフィルターを定期的にお掃除していただく形になります。(室内還気口のフィルターも定期的な清掃が必要です。)

 

↓これです

 

 

3種換気方式は、給気口が各所に設置してあり、室内の換気扇を24時間運転することで、

換気を行っています。

 

3種換気方式の場合、忘れがちなのが床下給気口のお掃除。

先日5年点検で伺った際、ほこりなどで目詰まりをおこしていました。

バネで留まっている状態ですので、外から引っ張っていただけば外れます。

 

↓これです

給気口は床下の他にも各所についています。

換気扇も、清掃していないとほこりなどがつまり機能しなくなります。

 

↓換気扇。下部のツメを手前に引っ張ると正面のフタが外れます。

↓外した様子。事務所の換気扇ですが、少しほこりがついていました。

給気口・換気扇は室内の空気を清浄に保つ要となりますので、

全箇所定期的なチェックと清掃をお願いします。

(給気口・換気扇は正面のフタを外すと清掃できます。)

 

点検でお伺いした際、確認させていただきますね。

 

山田

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

青山の家Bに定期点検でお伺いしました。

 

竣工当初の玄関ドアの様子。

杉板外壁と同じく、ウッドロングエコ塗装しています。

 

約1年半経過した現在の様子。

すっかりいい色に変化して、隣の蔵戸とも合っています。

 

ぐっっと味わいが増していました。

 

山田

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)