オーガニックスタジオ新潟の現場ブログ

現場監督による現場公開レポート


テーマ:

こんにちは!


先日、新津にあります「新津フラワーランド」に行ってきました。

私の好きな園芸屋さんです。


http://www.nf-land.com/


置いている植栽の規模、種類ともにホームセンターよりも多いです。

そして安い!



外の様子。

150センチほどの背丈の西洋シャクナゲが500円。

他にもツツジ、サカキ、マサキ等500~1000円で買えるものがたくさんあります。



生垣をつくりたい、お庭に植栽を増やしたいといった計画があれば見に行ってみてはいかがでしょうか。


ちなみに、隣接する新津美術館では現在、ファイナルファンタジーの作画などで知られる、「天野喜孝展」を開催しています。




これもおもしろかった!

家に帰っておもわず、ファイナルファンタジー初作のアプリをダウンロードしてしまいました。



山田

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!


先日所要があって柏崎まで行ってきました。


海沿いを車で走っていますと、寺泊~柏崎あたりのお宅は木塀をたてていました。



適度に間が空いていて、視線をさえぎりながら、ある程度風は通しています。



海から30メートルと離れていない場所。夏は強烈な紫外線、冬は猛烈な風や雪にさらされるハードな環境です。

家も杉板張り外壁のお宅が非常に多いです。海風の塩害、冬の凍害への耐久性等を考えると、板張りにいきつくのかもしれません。



こちらは鋼製サッシが使われていない建物。推定築年数50~60年。


杉板の表面は多少風化してうづくり風になっていますが、厚みはしっかりと残っています。節は多くの箇所がぬけていました。30~40年くらいで節まわりのメンテナンスは必要になるかもしれません。



倉庫も杉板張り。



海沿いの、年間通してかなりハードな環境にある家の外壁を見ることができました。


外壁は板張りがベスト、と言いたいわけではなく、地域の気候風土を考慮して選定すべきです。


その地域の昔から建っている建物を参考にするのが一番良いと思いました。



山田

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!


先日、既存住宅現況検査技術者講習に行ってきました。


なんの講習かとヒトコトでいえば、「インスペクション=家の調査」の講習です。

私は定期点検でOB様の家をまわりますので、そのための訓練でもあります。




日本は空き家が増加し、十分な住宅ストックがあるにもかかわらず活用できていない状況にあります。

そこで国交省は、既存住宅流通・リフォームの市場規模を現在の約倍、20兆円規模にすることを目標に掲げて様々な取り組みをおこなっています。その取り組みの1つとして、既存住宅インスペクション・ガイドラインを策定しています。


ざっくりいいますと、より良い中古住宅を残し活用していくために、しっかりと調査しましょうという感じです。ざっくり。



下の会場が満席でした。関心の高さがうかがえます。



調査業務フロー、具体的な調査の仕方等を学びます。




講習を受けて強く感じたことですが、

中古住宅を購入してリフォームして住もうと考えている方は、

是非購入する前に調査をした方がいいと思います。


現状、購入前の詳細な調査はほとんど行われていないようです。

基礎や構造等、見えないところがどうなっているか調査することで、

ようやくリフォームにかかる費用なども見えてきます。

調査の費用は内容にもよりますが、数万円といったところです。

売り主側でわざわざ調査することはまれでしょうから、基本的には購入予定者が

売り主の許可をとって調査させてもらうカタチになると思います。


より良い状態の物件を購入することができれば、リフォームの費用を抑えることができます。

購入後、修理に多額の費用がかかるとわかっても、なかなか手を付けられないのが実情だと思います。

(購入の際、瑕疵保険に入る場合は、保険加入の条件として調査が行われます。ただし、これも購入後

の調査となります。)


新潟県内にこの講習を受けて登録している方は350人ほどいるようです。

(全国的にみると多い方です。)

中古住宅を購入してリフォームをという方は是非ご検討を。



山田





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)