日本でも大ヒットした1989年公開映画、
 
バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2、
 
この作品に出て来るビフ・タネンは、
 
現在のアメリカ大統領、
 
トランプさんがモデルなんですよね。
 
脚本家が証言してるので、間違いないです。
 
 
 
以上、おいらでした
AD

負けてないですよ

テーマ:
 
 
身体のことなどで、
 
笑われたとしても、バカにされたとしても、
 
 
その人たちより生活レベルは低いかもしれないけど、
 
その人たちより貧乏かもしれないけど、
 
 
負けてないです。
 
絶対に負けてないですよ。
 
 
全く根拠は無いけど ^_^
 
 
 
以上、おいらでした
 
AD
 
 
昨夜のNHK-BS1
BS世界のドキュメンタリー
 
1980年~90年、
事業家として最高潮の頃の
トランプ大統領の本質を映したドキュメンタリー番組、
 
“強欲時代”のスーパースター
~ ドナルド・トランプ 1980s-1990s ~
 
当時、トランプ氏サイドからの圧力で
お蔵入りになっていた番組が、
ようやっと日の目を見れて、
トランプさん、あんなこと暴露されそうになったら、
そりゃぁ必死に隠そうとするよなぁ
と思うような内容で、
 
高級マンションに建て替えようと取得したアパートの住民が
なかなか立ち退かないと、
部下を使って連日のように電話攻撃したり、
訪問させたり
水道だか電気を止めたり、
その他にも様々な嫌がらせをし、
それがメディアで取り上げられ、
裁判で止めるよう判決を受けたのに、
それでも止めなかったりなど、
バブル当時の、日本の地上げ屋みたいなことしたり、
 
あのトランプタワーが完成し入居が始まったのに、
実はまだまだ工事が終わってなかったり、
 
その予定は全く無いのに、
ソ連のゴルバチョフ大統領が、
トランプタワーを訪問予定と言う
嘘のニュースを新聞に書かせてタワーの宣伝したり、
 
公的援助や補助金を得てビルを建てようと、
ウソ八百並べたり、
 
当時の彼の偽名は「バロン」で、
それを今は息子の名前にしたり、
 
当時から大統領になりたいと思ってたみたいで、
俺以上に相応しい人間はいないみたいなこと言ったり、
 
自分の意見に反対する者は、徹底的に攻撃したり、
 
暴言で世間を賑わせ喜ばせたり、
 
マフィアとも関係のある悪名高い弁護士ロイ・コーンを
側に置いたり、
 
 
なんだか、今と同じ、全く変わってないなぁ
というのが見てての感想で、
 
恫喝、脅し、嘘、ハッタリを使うのは当然、
使って何が悪いんだ?と思ってるような人物でしたね。
 
なんでアメリカは、
あのような人を大統領にしたんだろ?
 
つくづくそう思いましたよ。
 
 
彼に接する際のマニュアルとして、
財界や政界の人達にとって、
大変役立つ番組だったと思います。
プーチンさんと気が合いそうなのも分かります。
 
 
それにしても、ひどい、
あんな人がアメリカのリーダーなっちゃダメでしょう
間違いなく大統領としてアウトですよ。
 
 
 
以上、今後の世界情勢が本気で心配なおいらでした
 
AD

Google 翻訳

テーマ:
 
 
今までのGoogle翻訳は、
 
単語ごとに翻訳し、ただそれを繋げてたので、
 
ワケ分かんない文章になったりしてたけど、
 
今は、人工知能(AI)を使い、文章で翻訳してるので、
 
翻訳のレベルが格段に上昇し、
 
アメリカの新聞など英文の長い文章も、
 
Google翻訳でコピペするだけで、
 
完ぺきではないけど、
 
なんとか日本語で理解できる文章になってますよね。
 
 
おかげで、小学生レベルの英語力が、
 
どんどんどんどん下がってきてます。
 
 
これでいいのか?
 
 
 
以上、おいらでした

過去の謝罪

テーマ:
 
 
もう会えないだろうけど、
 
謝罪したい人、
 
心から謝りたい人、
 
います。。。。。何人かいます。。。
 
 
どうしてるかなぁ。。。
 
 
元気でいるといいなぁ。。。
 
 
 
以上、おいらでした
 
 
単なる笑い話で終わると思ってた、
 
カリフォルニア州のアメリカからの独立、
 
なんだか真実味が増して来ましたよ。
 
 
来年か再来年、
 
投票するための署名活動も進んでて、
 
トランプ大統領が誕生し、乱発してる大統領令により、
 
テロリストから狙われる危険が増し、
 
カリフォルニア州がアメリカから独立すれば、
 
カリフォルニアはテロリストから狙われる確率が低くなる、
 
経済的にも、カリフォルニアがアメリカに留まっても、
 
最善の利益は得られない。
 
と独立派は訴えており、
 
 
独立したら国名を「カリフォルニア共和国」にし、
 
すぐ国連加盟国になるための申請をするみたいなことを、
 
書かれてる記事もありました。
 
 
でも、この話が本当に実現しそうになったら、
 
阻止するためにトランプさん、
 
かなり強権的なことを実行しそうだし、
 
それに抵抗する人達も出て来るだろうし、
 
 
そうしたら、独立戦争なっちゃう?
 
なんて思ったりしたけど、
 
世界の大企業が集まってるカリフォルニア州で、
 
そんなことは起こるわけないですよね。
 
 
そうなる前にトランプさん、退陣してます。
 
 
 
イギリスがEUと離別し、
 
アメリカではトランプ大統領が誕生、
 
今年はEU各国でいくつか大きな選挙があり、
 
スコットランドがイギリスから独立する動きが再燃し、
 
そしてカリフォルニア州がアメリカから独立する動きも。。。
 
 
 
これからどうなるんだろ?
 
 
 
2020年の東京オリンピックでは、
 
もしかしたらカリフォルニア共和国代表選手が、
 
出場するかもしれませんね。
 
 
 
 
 
以上、おいらでした
 
 
 
アメリカとメキシコの国境に現在ある壁が、
 
国境沿いで生息している動物たちの家族を引き離しており、
 
もし本当にトランプ大統領が
 
アメリカとメキシコを完全に分断する壁を建設したら、
 
さらにその悲劇が拡がり、
 
それだけでなく、
 
それまで普通に水や食べ物を求めて国境を行き来していた、
 
100種類以上の絶滅危惧種の動物たちが、
 
本当に絶滅してしまう恐れがあるそうです。
 
 
 
 
 
以上、今朝のニュースを見て知ったことでした。
 

一貫性

 
 
TPPには反対なくせに、
 
トランプさんを見てたら、
 
なんだかTPPに賛成してるような書き込みをしたり、
 
 
日本へ移民が入ってくるのは反対のくせに、
 
トランプさんを見てたり、
 
様々なドキュメンタリー番組を見てたら、
 
移民の人達の気持ちに寄り添いたいと思ったり、
 
 
なんだか気持ちがグラグラグラグラ揺らいでます。
 
 
 
情けないね~~自分。
 
 
 
でも、それが本音だから仕方ないか。
 
 
 
何度も書いてるけど、
 
アメリカのことは置いといて、
 
日本の場合、大勢の移民を入れたら、
 
ただでさえ低い効率性がさらに低くなり、
 
機械化が遅れ、
 
間違いなく、今以上に給料や賃金は下がり、
 
株価も下がり、
 
デフレ状態からは抜け出せなくなって、
 
国の借金も膨れ上がり、
 
消費税を上げるだけでは足らなくなると思います。
 
 
もし北朝鮮が崩壊したり、中国経済が大崩壊したら、
 
日本へ難民が押し寄せる可能性あるけど、
 
その時の総理大臣は、どう判断するか。。。
 
 
 
日本の事情と、アメリカの事情は、違うと思ってます。
 
 
 
 
 
以上、ホント一貫性の無いおいらでした
 
 
 
今朝のニュースでも放送されてたけど、
 
アメリカのトランプ大統領が、
 
イラン、スーダン、シリア、イラク、リビア、ソマリア、イエメン、
 
イスラム教徒の多いこの七つの国の国民を
 
アメリカに入国するのを禁止する大統領令に署名した影響、
 
もう出てます。。。
 
 
観光はもちろん、新しくビザを取得するのも、
 
ビザを取得してても、家族がアメリカに住んでても、
 
永住権(グリーンカード)を持ってたとしても、
 
難民であっても、とにかくどんな理由があっても、
 
上記7カ国の人は入国させない行動を、
 
アメリカの入国管理局は、実際に取っており、
 
空港から出られなかったり、強制帰国させられたり、
 
出発国の空港で飛行機に乗るのを拒否させられたり、
 
 
そしてサンフランシスコ空港やニューヨークのJFK空港などの
 
国際空港では、それに反対する人達が抗議運動を行ない、、、
 
 
 
トランプ新大統領、、、、、う~~~ん。。。。
 
 
 
なんか世界が、、、
 
 
 
 
以上、なんとなぁく不安なおいらでした
 

世の中、暗いね~

 
 
昨日、NHK-BS1で放送された、
 
ドキュメンタリーWAVE
「希望と絶望のティファナ トランプ就任 国境の町は今」
 
を見たり、
 
様々なニュース記事を読んでたら、
 
アメリカの移民問題が解決することなど、
 
永遠に無理じゃないかと思ってしまいますよね。
 
 
親戚や家族が誘拐されたり殺されたり、
病気の子供を治療してもらうためなど、
生きるためにアメリカを目指す人々、
 
でも生活を守るために移民を阻止したい人々、
 
アメリカへ留学中の大学生は、
短期間でも故郷(中東)へ帰ったら、
二度とアメリカへは戻れないんじゃないかと不安で、
故郷で何か起きても、帰りたくても帰れない現状、
 
人種差別、宗教差別、いじめ、暴力、暴言の数々
 
あと、これは日本国内にも大勢いるけど、
ただストレス発散するためだけに、
誹謗中傷、ネットで暴言を吐いたりして、
他人の心を傷つけ続ける人々、
 
全てが悪循環、悪いほう、悪いほうへ向かってるような、
 
アメリカだけでなく日本もヨーロッパも世界中が、、、
 
 
あぁヤだヤだ、
 
 
ホント今の世の中は、、、、、
 
 
これからどうなるんだろ?
 
 
高杉晋作さんじゃないけど、
 
おもしろき こともなき世を おもしろく
 
しなきゃダメですよね。
 
 
 
以上、なぁんて思っちゃってる一般庶民おいらでした