天雅日記(生活版)

普通の日記です・・・。

ツイッターはじめました。
@oretenga


テーマ:

 

伝統霊気の普及というか弘道のため、ワークショップ開設に向け日々頑張るワタクシ。

 

んで、具体的な頑張りポイントは情けないことに掃除であり、小娘な元嫁が出入りしていた4年前から多忙すぎて部屋の整理整頓がおろそかになっていたため乱雑化に加速が付き、効率よく配置されていた家具すべてが牙をむくカオスな状態になっていた。

 

んで、掃除にはせいぜい1週間と踏んでいたのだが、軽く見ても2週間はかかることが判明。

 

買うだけ買って未開封の書籍やら、購入したのに行方不明だった運転用のサンダルに、救われぬ魂なパパが意味なく購入した写真用の一脚など、さながら発掘調査のような塩梅から怒涛の遅延を予想ちう。

 

ようやくPC周りの書籍が片付いたので最低限度の作業は行えるのだが、モノをどかすだけでホコリが出るのでその都度掃除機をかけることに…。

 

マクロスデルタが大団円を迎えましたが、画像はその前作のマクロスフロンティアの一番くじの景品のビッグタオル。

 

こんなレアモノや、行方不明だった占いや呪術の貴重な資料が出てくるが、これを熟読する時間がないのが痛いところ。

 

いつでもやめるつもりのブラック企業に加え、運気が低迷するような人物とかかわるとかなり気合入れない限り状況は変わらないと痛感することに。

 

ちなみに11月には、諸々有ってお呼ばれしているので再び諏訪に行くことに。

 

こんどはきちんと冬装備を持たないと。

 

追記

グラドルと言うかアイドル系はみんなすべて同じに見えるオッサンなので、こちらの画像の前田美里さんをセクシー女優だと信じて購入した未開封のこちらの一冊。

 

昨晩ドキドキしながら開封したら、この子はそういう人じゃないと判明。

 

もう大人なんだから、こういうのを買うのも控えないと…。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


悪い予感がしたので、発売の午前中には早々にジャンプを購入するワタクシ。

 

気が付きゃジャンプ買うなんてもう20年ぶりくらいだし。

 

理由は「こち亀」の最終回が見たいから。

 

んで、同時発売のコミックス200巻とジャンプの結末が違うというので、今度はコミックスも購入。

 

確かに違うが、それよりも驚かされたのは、漫画のクオリティが高いこと。

 

まだまだ連載可能な状態でやめるとは聞いていたが、普通に愛読者ならショックを隠せないレベルだしな、これだと。

 

ちなみにジャンプは三日経つとほぼ購入不可能なので、読めない人は保存用のものを誰かに借りるしかないと思う。

 

昨日近所のコンビニで探したが、ほぼ全滅だったし。

 

予感に従って正解だったぜ。

 


こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 特装版 40周年記念 (ジャンプコミックス)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 特装版 40周年記念 (ジャンプコミックス)
972円
Amazon

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

※画像と本文はほとんど関係ありません

 

前回の続き。

 

重篤な猫の霊気療法を遠隔で行うワタクシ。

 

レイキヒーリングではアニマルレイキはごく普通の療法なのだが、伝統霊気ではこのような療法を始める前に、敗戦直後からGHQの弾圧を受けて地下化したことから一般化していないためデータが少なかった。

 

てか、伝統霊気の伝承も西洋レイキに比べると高額であり、かつビジネス化していることからもこれを用いてアニマル霊気を行う事例がネット検索ではヒットしないのも有り、貴重なデータとなることからも霊気実験の対象としてお付き合いいただいた。

 

ちなみに日本の医学界では患者の完治よりもビジネスモデルとしての医療機関の存続が優先されることもあり、医療費の高額化や治療期間の長期化を政府も推奨しているきらいがあるのだが、戦前の政府では医療費の支出は国家財政への負担や国民生活への重大な経済的圧迫となることからも、安価な代替医療である霊気療法を推奨していたという経緯もある。

 

んで、現在の治療を超新米の霊気療法士である飼い主のお二方に依頼し、過去の心の傷と言うか過去自体に霊気療法を行うことに。

 

イメージ的に自走式の長距離砲的なことを考えていたが、実際には伝統霊気のマントラを用いるとリアルタイムというか目前で心の傷や飢えや病魔を味わうことになるので、やはり熟練しないと過去へのアニマル霊気はきついかもしれない。

 

江戸時代の流刑地でもあった過酷な自然環境の五箇山周辺で、口減らしや飢えなどで苦しむその当時の人々へ時間も空間も超えて祈りを届けることを泰澄法師に求められたが、不成仏霊の供養なら可能でもそんな術は聞いたこともなかった自分はただ単に面食らったものだが霊気を用いれば確かに可能にはなる。

 

きついけどね…。

 

事業を手広く扱う元飼い主(老人男性)が、金にあかせて見栄のために無理やり購入した純血腫の洋猫。

 

ブリーダーの方も性格が良いのでこの子だけは手元に置きたいというのを、カネを積んで引き取った辣腕ワンマン社長。

 

3年後にその飼い主が倒れると生活は一変。

 

もともと多頭飼いには向かない純血腫の洋猫なのに、和猫や捨て猫などと一緒に飼われていただけではなく、餌すらも専用のものを与えなければすぐに病気になるのが純血腫の泣きどころだが、それを無視して一番安い猫缶を体重や体調も顧みずに与えられることに。

 

気の強いアメリカンショートヘアにはいじめられ、水すらも満足に飲めない毎日。

 

入院していた最初の飼い主は家に帰ることなく入院先の病院で亡くなり、後年その方の連れあいは認知症のため介護施設に入り、介護のために離婚した娘さんが猫たちの面倒を見ることに…。

 

心優しい年長の猫は最後までこの純血腫の洋猫のことを心配しつつも老衰のために亡くなり、性格の悪い雑種のアメショも性格が悪いだけに早々に力尽き…。

 

死の香りが満ちる家ではやはり色々と気まずく、最後は引きずられるように娘さんまで癌で余命宣告されることに…。

 

余命宣告されたことと、もろもろの件から兄弟にそのことを相談すると毒蛇のような回答が。

 

「家屋敷はもらう、猫は保健所」に加え、「んでいつ死ぬの?」と。

 

そんな険悪な会話が目前で交わされれば、猫だって犬だって体調は悪化します。はい。

 

最後は癌の放射線治療で精神にも不調をきたした飼い主さんは、この子だけを残していくのは可哀想だからと先に死んでくれることすらも考える毎日。

 

そんな中でネットで通じた里親に引き取られる純潔洋猫。

 

過去霊気の最後は、そのドタバタの中で行うが、見えるのは亡くなった介護離婚した娘さんと年老いた白黒和猫が里親のもとで眠る純潔洋猫を心配そうに見守るまなざし。

 

この二柱も成仏させて、過去への霊気実験は無事に終了。

 

ガンタンクな遠隔攻撃で楽をする予定が、アクシズに侵入したフルアーマーZZ並みの激務になったのは計算外。

 

ついでに自分の幼少時の虐待被害の心の傷にも触れたので、ハードダメージだったのも計算外。

 

心の貧しい人がお金まで失うと鬼になるのは我が家で経験済みだが、欲得のために血族を踏みにじるそのさまを猫霊気で見るとはかなり諸々計算外。

 

まあ、21日間の霊気実験が、3日で終わったからよかったけど。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。