アフリカの小さくて熱い国「ジブチ」と僕

青年海外協力隊でアフリカの北東部にある小さな国、ジブチに行き、地域の人と生活し活動していく様子をぐだぐだと書いていきます


テーマ:
随分と更新をさぼってしまった
5月20日以来だから3カ月以上経つ・・・
多くの皆さんから、心配のメールを頂いたり
更新の催促を受けたり
そのたびに「そろそろ再開するわ」
とか言いつつも・・・

ここ3カ月で僕のジブチ生活はガラリと変わってしまった
何と言えば良いのか
感じとしては「思えば遠くに来たもんだ」
と言う歌詞が昔の歌にあったけど
そんな感じだ

当たり前だけど1年半もジブチに居る訳で
つまりは1年半も日本から離れてる訳で
自分の生活の軸がジブチになる
毎日、一緒に暮らすのはジブチの人で
腹を抱えて笑ったり、感動で涙したり、本気で掴みあいの喧嘩したり
そんな心と心を震え合わせるのはジブチの人だ

僕の中ではディニとかヤシンとかアーシャとか
日本での親友や仲間と同じように
一人一人が、かけがえのない友なのだけれど
一人で家に居たりすると
そう言えば彼らとは言葉も違うし肌の色も違う
って言う事を、ふと思い出す
別にそれはどうって事もないのだけれど
僕はずっとジブチにいる訳ではないし
彼らと一生の友である事は変わらないけれど
いつか別れの時がやって来る

逆に日本での仲間達とは疎遠になってるし
今と言う時を一緒に過ごしてる訳ではない
とここまで書いていて
実は単なるホームシックなのではないかと
思ってきた
多分、そうだ
これがホームシックって奴だろう
なので放っておこう

そう、この3カ月何をやってたか
5月後半のちょうどブログを更新しなかった頃から
自分のジブチでの夢を実現させるプロジェクト
を遂行していた
そう、ほとんどの人にはメールで流したけれど
ジブチに来る前からみんなに言っていた
「アフリカで本格的なミュージカルを開催する!」
の想いが本当に実現したのだ

去年ジブチに来て、そんな想いを本気で語っても
誰もが見向きもしてくれなかった
「できたら良いね」と優しく実現性のないことを暗に諭してくれた
自分でも
「自己満足の企画になりそうだし、ジブチの援助に関係ないからなあ」
と諦めかけていた

なのに、なのに
「やりました!やってしまいました!」
7月22日に沢山のお客様を招待し
演出も振付も音楽も全てがジブチの人が主導となり
ジブチの人によるジブチ初のミュージカルを
公演しました
しかも、公演名が
「Encouragement au JAPON!(日本に元気を!)」
日本の大震災復興をテーマに演出した
日本人にも伝わるようにセリフを使わない
音楽と振付と映像だけのミュージカル
ジブチの偉い方々を迎えTVにも新聞にも掲載され
多くの方々に感動してもらいました

何よりもずっと準備に携わってきた出演者や演出者たち
と共に深い達成感を味わえました
準備期間の2ヶ月の間に
それはもう、多くの問題と事件と感動があり
沢山あるので、また詳しく書いていきます

そんなこんなで過ごしてできた
本当の仲間たち
彼らとの繋がりは今まで出逢ったジブチの誰よりも濃く
ラマダン(断食期間)の8月の1カ月も
ほとんどが彼らと過ごしながら楽しく過ぎて行った

ラマダン明けのお祭りライードも終わり
(もちろん、彼らと一緒にお祭りをした)
僕の中では長い長いお祭り期間が終わった感じだ
そして、今年は去年より1カ月遅れての夏季休暇を9月の1カ月もらう
(週末からフランスに行ってきます、出演者の一人がフランス人で案内してくれる)

このホームシックは
ホームシックと言うより
祭りの後の淋しさなのかもしれない
まあ、とにかくなんだか寂しいのですよ
これを書いてる途中にも
仲間の彼らから何度も電話が掛って来てたのですが・・・


ミュージカルの練習風景を

練習を重ね、徐々に真剣な演技になっていきました
ちなみに彼女は出演者で唯一ジブチ人ではなくフランス人のオーディネット
アフリカの小さくて熱い国「ジブチ」と僕

最後のシーンでは子供達による日本の歌の合唱を披露
彼女は子供をまとめ、本番では指揮を務めたアーシャ
アフリカの小さくて熱い国「ジブチ」と僕

練習場所はジブチ唯一の芸術学校で
音楽は本番も生演奏です ピアノを弾いてくれたモハメッド
アフリカの小さくて熱い国「ジブチ」と僕

演技や振付も彼らが考えます
後姿は振付担当のバシエール
アフリカの小さくて熱い国「ジブチ」と僕

本番の合唱ではめちゃくちゃ緊張してました
練習中はアーシャに怒られながらも楽しく真面目な子供達
アフリカの小さくて熱い国「ジブチ」と僕
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここ最近、ジブチでは珍しく
長い雨が降りました
と言っても1日も続かないのですが

前にも書いた通り
この国で雨が降ると
街中のいたるところに大きな水たまりができます
ちょっとした洪水状態です

雨があまり降らないので排水の設備が整ってないのです
一度、雨が降ると大きな水たまりがなくなるまで
数日かかります
これだけ気温が高く、日差しが強いのに
乾き切るのに数日かかるなんて
相当な水の量です

昨日の午後、日本語教室を行うために
いつもの施設に行くと
門の前から建物まで、大きな水たまりになっていて
足首まで浸かりながら、ジャブジャブと歩いて行くしかありません
子供達は平気で浸かって行きますが
ジブチ人と言えども大人は、なるだけ浸からないように
つま先立ちになったり、できるだけ浅いところを歩いたりと大変です

僕も最初はジャブジャブと浸かって行きましたが
足はドロドロになるし、サンダルの中がびしょびしょで気持ち悪いです

そんな時、建物の周りに瓦礫が沢山あるのに気付きました
「この石ころを敷きつめれば橋ができるのでは」と思い
重い石を運んでは敷き詰める作業に取り掛かりました
「一度、浸かったのだから水浸しになってもいいやー」
と、どんどん作業に没頭しました

すると、知らない内に大人も子供も一緒になって
石を運んでくれています
「トモキ bon idea(良いアイディア)だね」
って言ってくれて、見る見るうちに長い橋が完成しました

ズボンまで水浸しになったけど
みんなで協力して完成した橋を人々が渡っている姿を
見ると、なんだかとても良い気分です

「俺は、こういう事をやりにジブチに来たんだ」
簡単な事なのに、ずっと気付かなかった事
大きな事や格好良い事じゃなく
自分が汚れても、誰かに指示をしなくても
今、目の前にいる人のために役立つ事を
それをする為に協力隊としてボランティアとして
この地にやってきたのです

今も日本の被災地で同じように
汗をかいている人がいる
世界中で同じように
自分の為でなく人のために
頑張っている人がいる

ジブチに来て1年以上も経って
当たり前のことに気付いた日でした

日本にいた時に忘れかけていた事
それを、この地で胸に刻みつけながら
もっと、もっと成長してみせます

今回も残念ながら写真はなしです
次回は必ず、載せますね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1カ月以上、ブログの更新がなく
色んな方から、「更新ないね」って心配されていましたが
今日から再開です
日本の震災があり、JICAの本部から個人ブログも含め
自粛するよう連絡があり、止めていました
今日、解禁の連絡があったので、晴れてブログ再スタートです
このブログで、日本に元気を送れればと思います

この1カ月は、とてもとても長かったように思います
3月終わりごろには、こちらのテレビでも震災のニュースが減り
ネットなどからしか情報が取れない状況だったので
実際の様子が分からないのが正直なところでした
勿論、今でも1日必ず1回はこちらのテレビでも被災地のニュースが
流れますが、まさか東京でも毎日余震が続いてていて
スーパーやコンビニの品が本当にない状況だったとは
思いませんでした
被災地の大変さは良く伝わってきましたが、首都圏も大変な状態
が続いていたのは、日本に一度帰っていた隊員が話してくれました
こんな時、海外にいて情報が少ないのは不便だなあと悔しく思います

4月のこちらでの生活は
今まで以上に現地に浸かりきった感じでした
一人で家にいると不安になってしまいますし
ネットをすぐに見てしまうので
なるだけ、外に出ようとしていたら、自然と生活が現地の暮らしに
近づいていきました
毎日の生活はこんな感じです

7時 起床 ジョギングまたはウォーキング
8時 シャワー
8時30分 出勤 (空手や日本語を教えたり、職員や住民と話したり)
12時30分 帰宅
13時 海に行って泳ぐ
15時 シャワー
15時30分 遅めの昼食
16時30分 出勤 (毎日、色んな施設で日本語教室実施)
20時30分 帰宅
21時 シャワー&夕食
22時 就寝

他にも、こちらにある唯一のテニスクラブで週1回
テニスを教えたり、同僚の現地人達とピクニックに行ったり
おかげで、仏語もかなり上達したと思います
現地語も結構、覚えてきました

職場も3か所を掛け持ちするようになり
衰退していた施設を盛り上げて立て直していきました
通勤している施設が3か所とも自宅に近いので
今や、この近辺ではかなりの有名人です
海も近いので、毎日行っても必ず知り合いに会います

こちらの人は人懐っこく、いつも陽気なので
誰でも挨拶をしてくれるし、最近は「コンニチワ」と
挨拶してくれる人が大半になってきて
塞ぎ込んでた自分を元気にしてくれます

5月に入り、暑さが本格化してきました
一昨日はテニスの試合に出場したのですが
暑過ぎて、不覚にも途中で棄権してしまいました
よくもまあ、この暑さの中フルセットでテニスのゲームを
続けられるものだと、こちらの方の体力に脱帽です

この季節(と言っても半年は続きますが)
やっぱり、人々の動きは緩慢化してきます
去年は、なんて怠惰な国民だと思っていましたが
これは、この気候で生き抜いていく為の知恵なのだと
分かるようになってきました

多くの人と色んな話をする中で以前と比べて違うなと
感じているのは、会話の内容が日本で日本人と話している
内容と同じようになってきた事です
前までは、やっぱり僕はどこかで外国人として扱われていて
それほど、深い内容を話していなかったように思います
自分も、そこまで深く彼らと話さなかったですし
今では、恋の相談、将来の不安、ジブチの政治など
日本で友人達と話していた内容と同じ事を話しています
こんなところでも、みんなに受け入れてもらってるなあ
と感じられます

そうそう、気付きましたが全然、写真を撮ってません
まあ、当たり前ですが日本でも毎日暮らしていて
カメラを持ち歩いて写真を撮ることは滅多にないですよね
どこかに遊びに行った時とか、そんな時だけですよね
自分にとってジブチの生活は、それと同じ感覚になってました
たまには、カメラを持って出掛けて、また写真を載せますね




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。