ハイエースがある生活 ♪

自己流(パクリ)のハイエース快適化と日々の出来事を
ご紹介出来ればと思っています。


テーマ:
ハイエースの購入を決意し
ショックアブソーバーを
検討したあの日から
一体何日経過したのだろうか?

夢にまで見た
ショックアブソーバー交換!

遂に取り付ける日が訪れましたよ♪
夢は叶うんですね!
(笑)

胡散臭い前置きはこれぐらいにして…
一応これまでの経緯です。
   ↓

ハイエース ショックアブソーバーの話

続!ハイエース ショックアブソーバーの話(その①)

続!ハイエース ショックアブソーバーの話(その②)

続!ハイエース ショックアブソーバーの話(その③)



ではでは一気に行っちゃいますよ!
お初?
ハイエース前で

開封の儀♪

『カヤバ エクステージ』

外は肌寒いけど…
超最先端ジャッキアップ装置作成で
体はポカポカです。



繰り返しになりますが
商品説明です。

【商品名】エクステージ ショックアブソーバー【EXTAGE】
【商品コード】 ESB2191R/L、ESB1251
【車名】 ハイエース 200系 (4WD)
【型式】 ##H200 
【年式】 04/08~
【減衰力調整 フロント】 減衰力14段階調整 (推奨12) 
【減衰力調整 リア】 減衰力14段階調整 (推奨11) 
【備考】
減衰力クリック数は締切よりの戻し数を示します。
(ネットより抜粋)



リアショックは4駆も2駆も
同じ型式になります。
光っちゃって見にくいですね。
(ちなみに左右はありません)



フロントは4駆用で右左の型式があります。
(R / L)



いよいよ作業開始です。

まずは、リア左側からです。
17mmのボルトを発見!
すべては事前調査したネット情報通りです。



続いて上部の14mmのボルトです。

ここは狭いので
ボックスレンチは使用出来ません。
マイハイエースは床下収納があるので
ラジェットスパナが最適かなと?



ノーマルショックをマウントから外しますよ~!



外すのは上からでも下からでも大丈夫です。
今回、私は下のボルトを先に緩めました。



続いて上のボルトです。
力が掛けにくいのでちょっとだけコツがいるかもです。



上部を抜いた状態です。
この時、スポッと簡単には抜けないので
こじる物を用意しておきましょう!
ちなみに私はバールを使用しました。

いや~この作業マジ楽しいです。



ノーマルショックと
カヤバのショックです。
リアの太さはほぼ一緒でした。



取り付けは
上部を先に仮固定して
伸びきったショックをグーッと押して
縮める作業が必要となります。
これ結構大変です。



はい!
一本目のショック交換無事終了。
カメラマンがいれば即効で
終わる作業でしたが
写真撮影にかなり時間を費やしました。
(笑)

ん?
ダストブーツが上過ぎですかね?
今回はこのまま作業を進めちゃいましたけど…
正規の取り付け方ってどんな感じなんでしょうか?
まぁ~いいか…
(笑)



減衰力ダイヤルはメーカー推奨値11にセットしました。

なんだかマイハイエース…
これだけで超格好いいです♪



続いてはリアの右側です。
左に比べてスペースが広く楽勝の予感です!



超最先端ジャッキアップ装置!
いい仕事してくれています。
(あくまでも自己責任ですけど…)



ノーマルショックを外した状態です。


 はい!
あっという間に取り付け完了です。

リア左右とも思っていた以上に簡単でした。
しかしそれは
すべて先駆者の方々がブログ等で
ショック交換情報を提供してくれたお陰です。



当たり前ですが…
右も減衰力ダイヤルは11にセットです。



さぁ~続いてフロントです。
まずは左側から!

はいはいこれですね。
ネットで何回見たことか?
(笑)



14mmのラジェットスパナを先にセットした後に



モンキーでクルクル回らないように固定します。



あとはナットを緩めるだけなんですけど
ラジェット機能がないスパナだと日が暮れちゃいますね。



ブッシュの向きを確認しながら外します。



続いて下側17mmのボルトを緩めるます。
事前情報ではカッチカチに締まっていて
緩まないらしいです!
一応スパナやボックスレンチで試みましたが…

はい!
私もあえなく玉砕…
カッチカッチでしたよ。

ってことで十字レンチの登場です。



十字レンチでカッチカチの
ボルト、ナットを緩める事が出来ました♪



ここまで来たらあと少し!
ノーマルショック本体を握って縮めてサッと抜きます。



フロントの
ノーマルショックと
カヤバのショックです。

太さが全然違いますね♪



ブッシュの向きを間違いないように確認です。
凸、逆凸なのね♪
なるほど!なるほど!



カヤバのショックを縮めた写真がありませんが
グッと縮めてスポッとセットします。

これ簡単そうですが…
何回やったことやら!
経験あるのみです。



ここで問題発生です。

下側のボルトを奥から挿入するんですけど
これがまた難しいんですよ。
今回タイヤを外していませんので
腕?手?じゃなくて…
指が入らない!
ショックをちょっとだけ浮かした状態をキープし
スポッと入れる。
簡単そうでしょ!
でも難易度マックスですよ。

モンキーを挟み込んでみましたが
でもボルトが入らない!
みたいな感じです。



タイヤにハグハグしながら
なんとか入りました。
馴れれば簡単なんでしょうけどね。



上部の14mmナットを締め付けます。



下側の17mmナット、ボルトも
しっかり締め付けます。
最後に、減衰力ダイヤルを
メーカー推奨値12にセットしました。



こんな感じで運転席側も作業して
素人ショック交換無事完了です♪

タイヤを外さないと
これしかスペースが無いですけど…
まぁ~なんとかショック交換出来ました。
ハグハグ♪



ちなみに使用した工具はこんな感じです。
ホームセンターで普通に入手出来ますのでショック交換を
検討している方は
是非ご自分でチャレンジしてみては
いかがでしょうか?
ショップに頼んだら結構な工賃が
取られちゃいますからね。

・十字レンチ(17mm)
・首振り14、17mmメガネ、スパナ(ラジェット機能付)
・モンキーレンチ(150mm)
・17、19mmメガネ
・バール

あっ、写真一番下にある首振りバールは
アストロ製です。
あまり役に立たなかったんですけど。
(笑)



作業後ちょっとドライブしました!

マジ凄いですよ。
ノーマルショックと全然違います。
当たり前か!

フワフワ感が無くなって
巨体ハイエースが地面にピタッと張り付いて走ってくれます。
ブレーキを踏んだ時も前に沈みこまず
運転が楽しくなりましたよ♪

減衰力は暫くこのままの設定で乗るつもりです。
昨日の今日ですのでショックレポは
また今度ご報告出来ればと思いま~す。


以上ショック交換でした♪



【追記】
参考までにショックについていた
取扱説明を張って起きますね♪











にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。