昨日の続きです。シリーズ物書くと緊張しますね(笑)

相変わらず文章下手だし

前回はこちら↓

魔裟斗の歴史~カリスマの心境の変化~



<<2004年王座陥落、2005年迷走>>

2003年を、MAX世界王者になり、

世界王者対抗戦ではロートルボクサービンス・フィリップスをローキックでKOし、

最高の歳にした魔裟斗 だったが、

2004年は苦難の連続であった。


世界王者なので日本代表決定Tは免除。

小比類巻貴之 が優勝するも「これで世界Tでは一人消えたな」と余裕のコメント。


そして2004年の世界一決定トーナメント開幕戦

相手は日本T準優勝のセルカン・イルマッツ

2004年からアウトボクシングにスタイルチェンジした魔裟斗にはいつもの攻撃が見られない

動体視力が良く、距離の取り方が上手いので、相手の攻撃をかわすのだが、

攻撃が物足りない。

3-0の判定勝利だったものの他の選手には魔裟斗くみし易しの印象を与えた。



7月7日、チャンピオンとして迎えた世界一決定T決勝戦

この年のスタイルチェンジの理由がわかるほど魔裟斗はこうコメントしていた。

「一番良い闘い方は、相手の攻撃をもらわないこと」


チャンピオンになって守りに入ってしまったからか、

それとも強くなるためのものかわからないが、

後にこの大会での魔裟斗に襲い掛かる死闘、

そしてその後のスランプを考えると、

このスタイルチェンジは失敗だったと言えるだろう。



一回戦の相手は開幕戦でクラウスからダウンを奪った新鋭のジャダンバ・ナラントンガラグ

実績から考えると魔裟斗有利だと思われていたが、

魔裟斗の思わぬ苦戦で僅差の判定勝利。

慣れないアウトボクシングのせいかバッティングまでもらってしまった。

準決勝は4度目の対戦となるクラウス。

1Rにダウンを奪い判定勝利も、良い打撃をもらい満身創痍の状態。


決勝はJWP と小比類巻に勝利してきたブアカーオ・ポー.プラムック

相手はまだ22歳とあって体力十分。

一方の魔裟斗は満身創痍。始まる前から結果はわかっていたようなものだった。

ブアカーオの蹴り技で完封され敗北。

魔裟斗の王座はあっけなく陥落した



この大会の後、魔裟斗はメディアへの露出が少なくなる。

王座陥落のショックと、内容の悪い試合をしてしまったのが悔しかったのだろう。



2005年に入り、もう一度王座奪還を目指す魔裟斗は、

開幕戦で韓国王者イム・チビン と対戦。

試合一週間前に足に怪我をしていたが、完勝。

だが、ファイトスタイルは相変わらずだった


そして迎えた2005年世界一決定T決勝戦

一回戦は2度目の対決となるマイク・ザンビディス

前回には結構ザンビの打撃をもらったが、今回はスウェーやステップなどでアウトボクスに徹し、

クリーンヒットを許さない。

そして3Rには右ストレートでダウンを奪い判定勝利。

順調な滑り出しと思われたが、試合途中に足を骨折し、トーナメントを棄権

魔裟斗の2005年はここで終わった。



<<王者になってからの心境の変化>>

魔裟斗は王者になった2003年の世界王者対抗戦のインタビューでは、

「弱い相手とやりたい。なんで俺ばっかり強い相手なの」

というコメントを残している。


これは王者になったことにより守りの意識が強くなったのだろう。

ファイトスタイルの変化もその影響であろう。


また、魔裟斗は他の相手に対戦相手として指名されることをすごく嫌う。

2004年の世界一決定T決勝戦の前日記者会見で、

JWPやザンビディスから決勝で魔裟斗と闘いたいと言われた時、

「よくわかりません」と言って不機嫌な顔になった


同年の王者対抗戦で、山本"KID"徳郁から対戦表明された時も不機嫌な表情を浮かべていた。

これは、『自分に向かって来るということは、自分に勝てると思ってるからだ』

と考えられ、魔裟斗のプライドが許さなかったからだろう





はい長い長い~

読んでくださったみなさまありがとうございます。

守りに入ってしまった魔裟斗はこの後どうなるんでしょうか!?


次回で(おそらく)最後なので良ければ読んでください~

次回は、<<2006年初心に帰る>>からです。




にほんブログ村 格闘技ブログへ
昔は魔裟斗も若かった→人気ブログランキングへ
AD

コメント(7)