自律神経整体の講座に行ってきました!

テーマ:


久しぶりの更新です。



先日、「自律神経整体」の講座に行ってきました。


きっかけは友達に誘ってもらい、
自律神経が乱れやすい私は、とても興味があったからです。


友達の運転で、静岡県富士宮市まで。
山を越え、行ってきましたカナヘイ花


友達の中学生の息子さんは、
「起立性調節障害」
という自律神経の不調からくる病気です。


頭痛、不眠、食欲不振
などで学校に行けなくなってしまい、自分で息子さんを施術できるようになりたいという想いで、
以前にも先生の講座を受けていると聞きました。


講座には、同じように子どもの起立性調節障害で不登校に悩むご家族や、
長年パニック障害に悩んでいる方、
ご家族に不調がある方など
が集まりました。



講師は西田先生。


西田先生の「自律神経整体」は
機械を使ったり、強い力で施術するのではなく、
手ひとつで、微細な刺激で身体を整える手法。


刺激が微細であればあるほど、身体はそれをキャッチしようと
働くからなのだそうです。


大声よりも、ひそひそ声に注意をはらって耳を傾けるのと同じ原理だそうです。


実際に、私も西田先生に施術をしてもらいました。


先生の両手が、私の頭のてっぺんを
包み込んだとき、頭の中が、波打つ感じというのでしょうか。。


凝り固まっていたものが、ゆるむ感覚を味わいましたzzz←ゆるみすぎて寝そうでした笑


パニック障害も、自律神経失調症も、
根本原因は、筋肉にあり


筋肉が緊張した状態が続くと、交感神経が優位になってしまうから。


交感神経が優位になると、眠れなくなり、寝ても脳が休まれない状態となり、動悸、不安からのパニック発作、頭痛、めまい、
など症状があらわれ、

筋肉に命令を出す脳が誤作動を起こしてしまいます。



人の筋肉は、640個ほどあるそうです。


うなずく。
まぶたを閉じる。

これらも、筋肉の働きでできます。


脳の交感神経優位な状態を落ち着かせ
副交感神経を高めるためには


筋肉を包んでいる
筋膜をゆるめること。


人は、機械や道具、薬に頼らなくても
特別な技術がなくても
手のひら1つで、この筋膜をゆるめて
身体を癒すことができるのです。



私はそれを、実感しました。


本来、人は自然治癒力を持っています。


その自然治癒力が働かないのは
自律神経がうまく機能しなくなっているから。


自律神経を正常にもどすには
身体の筋肉をゆるめること。

自律神経を乱す薬を多用しない。


生活習慣を見直す。


根本原因をひとつひとつ探り
解消していく。


心に真の癒しを得ること。



また、先生の話を聞きたいと
思うほど、学びの多い講座でしたおねがい













































AD

冬にパニック障害が悪化する?

テーマ:


明けましておめでとうございますカナヘイ花とびだすうさぎ2


ブログにコメントや、イイネ!を
くださる皆さん、また読んで下さる
皆さんと、昨年は繋がれて
嬉しかったです。


今、新しいことに挑戦しているので
中々このブログは更新できていないのですが、書けるときに書いたり
また、皆さんのブログにもお邪魔させて
いただきたいと思います。


今年もどうぞよろしくお願いしますつながるうさぎつながる花1




最近、また寒さが厳しくなってきましたが
皆さんは体調はどうですか?


私は冬産まれですが、冬の寒さは苦手ですあせる


パニック障害も、冬に初めて発祥しました。



自分が、パニック発作が起こりやすい
場所のひとつとして

寒い外から、暖房がきいた温かい室内に入ったとき。

この急激な寒暖差が私は苦手でしたえーん


発作が起こる環境は
人それぞれだと思うのですが
冬に、パニック障害が悪化する話は
周りでもよく聞きます。


悪化させないための対策としては


星寒暖差を作らない(防寒対策)

星首や肩周りのストレッチをして血流や自律神経の流れをよくする

星適度な運動

星首を温めて自律神経を整える

星全身浴


などがあります。




冬にパニックが悪化する原因や
改善方法は詳しくは、こちらの記事に書いてあります。下矢印


http://global-writer.com/global/2016/11/8/post-280/





寒い冬は寒暖差で自律神経が
乱れやすくパニック症状も悪化しやすい
ので、自律神経を整える生活を
心がければ、症状も和らいでくると思います。



つたない文章ですが(^^;💦
最後までご覧くださり
ありがとうございました音譜

















AD

抗うつ薬・抗不安薬がうつをつくる?

テーマ:


こんばんはニコニコ


今日は、精神薬を飲んでいる人には
厳しい内容になると思います。


それでも、私は精神薬の害を
知れば知るほど、知らずに飲んでいる人に
伝えなくては、、
という気持ちになりました。


『うつは薬では治らない』

という本から抜粋します。


抗うつ薬SSRIを飲むと、急に苛立ちや
感情が激化して、普段は穏やかな人なのに、まるで人が違ったような衝動的、あるいは暴力的な行動にでてしまう。

事実、欧米などでは、SSRIを
常用していた人の殺人や暴行などの
事例が確認されてますし、
日本でもSSRIの関与が疑われる犯罪が
起きて、一部の精神科の間では
SSRIを投与することをやめています。

アメリカのマイケルムーア監督が
アカデミー賞を受賞した
「ボーリング・フォー・コロンバイン」
という映画では、SSRIの暴力性を
はっきりと映像で訴えています。

コロンバイン高校で同級生たちを
銃を乱射して殺害した高校生は
多量のSSRIを服用していたからです。


上の内容は、SSRIの話ですが、
本当に信じられない内容です。

でも、SSRI関連の事件は
ここでは挙げきれないくらいあるのです。
長くなるので、SSRIについては
また後日、詳しく書きたいと思います。





抗不安薬の中で、よく処方される
『デパス』について詳しくお話したいと思います



実は、私のママ友達で、パニック障害
だった子がいます。


ちょうど私が同時期に、パニック障害
だったので、お互い電話で励ましあったり
していて、当時の心の支えでした。


その子が、その時に話していたことが
ずっと不思議で引っかかっていました。


「デパスという薬を飲んでいるのだけど、
時々、薬を飲んだ後の記憶が次の日に
思いだせなくなるのショボーン
最近はその記憶のあいまいが恐くなって
飲むのをやめてみたら、吐き気と
パニック発作で死にそうになってえーん


私はこれは、絶対にこの薬の副作用だと
思いました。


友達は、よく「気持ち悪い」
とも言っていました。


調べてみたら、デパスの副作用で
「吐き気」や「記憶障害」は
ありました。



「記憶が飛ぶ」ということも
人によっては、起こるようです。

これは、とても恐いことだと思いませんか?


デパスは、ベンゾジアゼピン系の
薬です。


ベンゾジアゼピン誘導体とは、
とても依存性が強く、耐性が
強い薬です。


そして、服用を止めようとすると・・・不安、焦燥感、睡眠障害、吐き気、頭痛、筋肉の痙攣
などを引き起こします。


これが嫌で、多くの人々が
数ヶ月から数年間も服用を断続して
いるのです。



この結果、薬によって
慢性的な不安感、操状態、うつ、めまい、吐き気、自分が自分でいない感覚
などに悩まされます。


うつの原因が、にあるのです。



さらに不幸なことに
医者は、この薬による「うつ」を
精神の病気だと診断して
抗不安薬や抗うつ薬を
どんどん処方するのです。



私は、薬を全否定するわけでは
ありません。



薬がその人にとって御守り代りだったり、実際に薬の力を借りて
回復した人もいることと思います。


けれど、精神薬は
脳の神経をいじる薬です。


脳の神経の興奮の程度が
少し変われば、気分、記憶、好き嫌い、睡眠、食欲、性欲、
思考力、判断力・・

すべてが深刻な影響を受けざるえないのです。


デパスは、効果が高く、不安感をなくしたり、安眠させたりする効果があります。


けれど、高い効果がある反面、必ず
副作用もあります。


そして、耐性も強いため
だんだんと効果が効かなくなり
飲む量も増やさなくてはいけなく
なります。


まだまだ、
デパスについては
ここには書ききれないのですが。



デパスからの、離脱症状体験談と
挫折しないための断薬方法の記事がこちらに書いてあります。
http://global-writer.com/global/2016/12/15/post-541/



また、デパスを飲んでいた
私の友達ですが、
それから少しずつデパスを減薬して、
今では薬を何も飲まずに、今年の4月から
保母さんに復帰して働いています。



とても長くなってしまいましたが
最後までお読みくださり
ありがとうございましたニコニコ





AD


こんばんはニコニコ


以前、砂糖のとりすぎによる低血糖症
の記事を書きました。


今日は『心の病と低血糖症』という本の
中から興味深い内容を抜粋します。





マリヤクリニックが、平成16年から20年までの5年間で、糖負荷試験をうけた
患者1041人の調査報告をしている。


このうち実に、

989人(95%)が低血糖症だった。

そして5年間の来診者の128人が
別の医療機関で統合失調症と
診断されていたのである。


うつ病が91人もいた。

パニック障害は16人。

幻覚、幻聴は21人。

ADHDは5人。

アトピー性皮膚炎は5人。



統合失調症患者にいたっては、
ほとんど(96.6%)が低血糖症だったのである。



低血糖症が統合失調症をはじめとする
精神疾患の基底要因、と
みてよいのかもしれない。』




、、すごい確率ですねガーン








また、白砂糖による犯罪心理で
わかりやすい報告があったので以下に
抜粋します。



『マイケルという少年は、大変な暴れん坊で、学校では勉強に集中しないし、
兄弟を蹴飛ばしたり、爪を噛んでは
年中イライラしている。

彼の家庭における食生活を調べた
ところ、とてもわがままで、
不規則な食事をしていた。

アイスクリーム、ケーキ、ボンボン、
チョコレートなど、甘いものや
加工したものをふんだんに
食べてたいて、パンは白パンしか食べないという、でたらめな食生活だった。

こういう食生活を止めさせ、
いわゆる自然食に、切り換えて
1~2週間たつと、その行動パターンが
変わってきた。
以前と逆の現象が起き、良いこに
なったのである。
しかし、元の食生活に戻すと、
たちまち以前と同じになってしまった。



低血糖症の糖とは、
白砂糖のことです。


食物から摂取できる糖質
穀物、果物、野菜の糖質は
体がエネルギーとして使うことのできる
糖の形に、変えられます。



けれど、白砂糖をつかった
お菓子などは、急速に血液に吸収されて
しまうので、血糖値を危険な値まで
上げてしまうのです。




なので、ご飯の代わりに
甘い菓子パンなどをよく食べる人は
低血糖症になっている可能性があります。



わたしも昔、初めて社会人に
なった年に、職場のストレスから
甘いものチョコカップケーキカップケーキをとりまくっていた
時期がありましたもぐもぐドーナツ


空腹時に板チョコを食べる習慣が止められなくて。。もぐもぐ


結果、アトピー性皮膚炎
なりましたびっくり


血を出すほどかきむしって、かゆくて
寝れない日もありましたえーん


その後、白砂糖がアトピーに良くないということを知り、食事を見直して
空腹に甘いものは絶対避けるようにして


ゲルマニウム温浴でデトックスして
アトピー性皮膚炎は治りました。



他にも、疲れやすかったり
情緒不安定になったり
生理痛が重かったり
砂糖過食の時は、そんな感じでしたあせる




では、実際に、低血糖症の人たちが
どんな食生活をして
どのような症状に悩まされているのかはてなマーク


↓詳しくはこちらに書いてあります。

http://global-writer.com/global/2016/12/08/post-486/


自分が低血糖症ではないかはてなマーク
見比べてみてくださいね目


長くなってしまいましたが
最後まで、ご覧くださり
ありがとうございましたニコニコ











ハリーポッターの世界をちょっと味わった夜

テーマ:


昨夜の奇妙な出来ごとです。


「ママ!あのたくさんある白いものなあに?びっくり

と外を指さす次男。


見ると、家の目の前の電線に

白い物体がいくつも乗っているびっくり


「お祭りの提灯か?」

いや、こんな時期にしかもピンポイントに
飾ってあるわけがないアセアセ



よーーーく眺めていたら
真ん中の白い物体が、もぞもぞ動いたポーン


そして、プ!と、小さいものが白い物体から出たゲッソリ


鳥だ~!!!」

「鳥がフンをしたんだよ今!」


そう。
その白い物体は、よく見たら
鳥でした!


でも、その真ん中以外の鳥は、みんな眠ってるらしくて全く動かないので
白い飾りかと思うほどでした。







写メ撮りましたが、夜で、ちょっと分かりにくいですねあせる


この鳥は、フクロウでした!


私、フクロウが電線に停まってるところ
事態、初めて見たんですが、
12匹もズラーッと家の前の電線に停まってて、なにかが起きる前触れかと思いました
ガーン


ハリーポッター好きの長男なんて
「恐い。。なんかフクロウが寝てる形がヴォルデモートの生首に見える滝汗

ってびびって、隠れてしまう始末(笑)


そうゆう私も、ハリーポッターファンなので、昨日は私の誕生日なことをあり、

「もしかしたら誕生日だから
ホグワーツへ連れてってくれるのかも。

って考えました(笑)


何はともあれ、初めて見た光景に
感動しました。


結局、寝るまで4時間以上動かず
電線に停まってましたが、
朝起きたらいなくなっていて
地面には大量にフンが落ちてました(笑)




今日はパニック障害と
関係ない記事でしたが
ご覧くださりありがとうございました音譜