創価学会万歳(MANZAI)!

※創価学会について批判的な内容が書かれていることがあります。嫌悪感を覚える方、批判について寛容ではない典型的な学会員の方は閲覧を控えてください。


テーマ:
パククネ

お口をパクパク。
下のお口も閉まらずパクパク。

体クネクネ。
パクパククネクネ。

あースッキリした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
イケちゃんは巨大宗教法人の名誉会長だ。
通常、名誉会長には何の権限もなく、文字通り名誉職にすぎないが、
イケちゃんは、「平和」「文化」「教育」という非常に概括的な理由によって、尋常ならざるペースで毎月いろんな賞を受賞し、それは凄く名誉なことなので、会長だけでは失礼に当たるから名誉会長と呼ばれているのだそうだ。

今日、この宗教の超熱心な会員(特にこの会員に学はないが、学会員と言われている)に、イケちゃんの本を読んで見てよと言われた。
「ヒューマン★レボリューション」というその書物は、決して左翼的ではなく、しいていえば、イケちゃんの「こうだったらよかったのにな」風修正主義的伝記のようだ。修正主義とかいうと、ローザ・ルクセンブルクとか思い出すがそんな難しいことは、考えなくてよいようだ。何せイケちゃんには、名誉欲はあれども、学がないので、そんなに難しい思考で書かれたものではないからだ。

イケちゃんに習ってぼくも伝記を書いて見た。
その名も、「陳珍★革命」

僕は若い頃から女にモテモテだ。
2歳でシェークスピア全集を読破し、
3歳でかの数学の難問「ABC予想」を解明し、
4歳で100人の女と交わったからだ。
僕は五歳にして不惑のカリデカ陳珍を授ったのだ。
どうでもいいけど僕は個人的には、水樹たまが好きだ。

イケちゃんのことをもっと知りたいと思わない?と言われたので、
「全然」と言ったら、「俺は諦めないから」と言われて困ったことを陳珍本には、絶対に載せたい。
僕にはイケちゃんは全く必要がないから。

そんなこんなで僕は学会員から目をつけられているが、まるで気にしていない。気になることは、水樹たまの、毛糸の水着だ。マジで。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
とうとう自民党 稲田朋美も頭が創価学会化してしまったようだ。

性欲というのは、人によっては抑えられず、
それはまた、生殖にあたっては、それこそが正常で、責められることはできない。

そんな人間の生理現象を対象とするビジネスがどうして人権侵害になるのか。
そういえば、知り合いの学会員もおなじことをいうやつがいたが、
外国にいくとそいつは決まって女を買っていた。

性欲処理のために、自分の生殖器を時間単位で売る娘がいて、
金を払って、時間単位の生殖器と、つかの間の愛を買う野郎がいる。

売ってもいい女は金に困り、男は性欲のはけ口に困った。
これのどこが人権侵害なのか、教えて欲しい。

性の文化は貪欲だ。
ブスな素人しか抱けない俺は、ちょっとばかり貯金をして、
綺麗な女を金で買いたい。
フェラチオもうまく、ケツまで舐める。

愛だけでは、こんな快楽は得られないということがわからない女は馬鹿だ。

愛する夫よりも、右手かバイブの方が感じる。

あんたもきっと、そうだろう?

それと、これとは同じ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
イケダ先生は本当に誇らしい!!!
なんと、かの「ガンジー キング」と並び称されたのだ!!!



ガンジーもキングも非暴力を唱えた。
しかし、イケダセンセイは、かれらの説を自分なりに発展させ
平和を唱えたが、非暴力は唱えなかった。 すばらしい!!!

池田先生は
批判者には暗黙の了解で、右翼を使い、
暴力団と取引をし
宗教活動の自由と言論を封じ込めたのだ!!!

批判者に対しては、平和のために、徹底的に攻撃すべきだ!

力なくして平和は語れない!!!

そして、イケダ先生は、国際連合でないいわゆるひとつの「国連」から
「国連平和賞」を受賞された。

われら学会員は
最も公平な全国紙、聖教新聞に書いてあった事実をここに主張する。
それはつまり、
先生は、他の受賞者とは違うんだぞー!ということ。
先生は、あるときは、ウヨクとヤクザを駆使し、
また、あるときは反逆者の黒い手帳を奪い、
徹底的に訴訟をおこし、
精神的にいためつけるのだ。
「創価学会のための平和」」の実現。
それこそが「コクレン」ではなく「国連」から受賞すべき理由だと信じている!!!!!

なんと、すばらしい!!!

何がカルトだ。
アンチのいう批判はいつも的外れだから、
「ばかやろう。この野郎。」でいいんだ。
聖教新聞に載るような、一方的な対話が必要だ。

そして、大量破壊兵器がなくても、イラクに対しては、平和のために
爆撃すべきなのだ!!!
イラクはイスラムだから、攻撃してもいいのだ。
平和であることに代わりはない!!!!!!!!!

そして、従軍慰安婦反対!!!

韓日友好!!!

チベットは中国のもの!

チベット人虐殺は平和だ!!!

今日は、誇らしいニュースをみなさんに!


最後に

反対者を抹殺することは、われわれに許された平和だ!

ノーベル賞はいらないよ。

一人ぐらいそんなことをいう庶民の王者がいてもいいでしょう!!!!!!!!

$他人の宗教を認められない宗教
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本が韓国を捨て、北朝鮮と友好条約を結ぶというのはどうかと考えることがある。

全くアホな考えだという謗りは重々承知でいうのをお許しいただきたい。

拉致被害者の問題は甚だ許しがたい問題だが、

北朝鮮は韓国、中国ほど反日に凝り固まっていないように思うのは自分だけではないだろう。

そして、今、日本がアジアの足並みを崩し、北朝鮮と手を結ぶというのはどうなんだろうか。

当然、拉致被害者全員の無条件帰国が条件となろうが、今ならば、国家間の微妙なバランスで案外ことが進行するのではないかと思えてならない。

幸福実現党が、北朝鮮の先制攻撃なんて危機感をプロパガンダしていたが、なんだかピンとこなかった。それが北朝鮮ではなく韓国とか、中国に置き換えると、危機感が感じられた・・・

中国‐韓国 vs 日本-ロシア-北朝鮮-台湾-モンゴル-フィリピン

極東アジアの平和は保たれるように思う。まあ、解決しておかなければならない懸案事項はあまりにも多いが・・・

アメリカはいったいどちらにくみするのだろうか???って。

極東アジアのいびつな関係にてアメリカが一番阻害されるような気もする。

ごめんよ、アメリカ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
記事の内容はこちらを参照のこと。

選挙の際、常態的に「連れ出し」を行っている公明党は、案の定賛成。

公明党は「自分たちの政党および創価学会」に有益なものについては賛成、
それ以外は無関心なのは、面白い。

イラク戦争は、
バリバリのイスラム国家イラクで
布教活動むずかしいし、
戦争なんて対岸の火事であるべく、賛成!

郵政民営化は、
自民党に乗じて、自分たちの得票もあがるので賛成!

選挙制度改革は、
自分たちに有利な方向であれば賛成!
(特に比例制度重視!)

北方領土問題は、無関心をよそおう。

竹島問題は、無関心よそおう。

尖閣問題は、無関心をよそおう。

拉致問題は無関心をよそおう。

ただし、中国・韓国批判は、
「池田理論」とそぐわないので反対。


原発政策は、
今後の成り行きしだい。

TPPは、
今後の成り行きしだい などなど・・・・・

別に自民党支持者じゃないが、
自民党単独政権が望ましいと思う今日この頃。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
下世話なお話。
表題の2名なら、まだ酒井法子の方が復活しそうな気配だというお話。
まあ、どっちもタイプじゃないから適当だけれども。

シャブと宗教。
どっちも抜け出せないようだね。

中島知子は占い師から抜け出せない気分がわかりやすいね。
性的関係があったんじゃないだろうか。
と、下世話な想像。

ちなみに、俺なら、シャブの方が許せるかな。
いけない考えだけれどね。
宗教は、本当に気色悪い。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
聖教新聞は本当につまらない。
一面はきまって、池田大作さんのどこからかの受賞記事か、
何処かに会館ができたか、創価大学か、どっかで行われた大会のこと
ばかりだからだ。あとは、気落ち悪い座談会記事か、
どこが面白いのかさっぱりわからない妙な四コマ漫画。
とってくれなんて、俺なら絶対に言えないが、
そこは組織の恐ろしさ。
真顔で進めてくる学会員は、病的に怖い。

俺は学会員を「囚われ病」だと思っている。
朝夕には勤行と称するかなり端折った、それでもめんどうな
お祈りに囚われ、毎週はやれ会合だ、座談会だのに囚われ、
池田大作さんの思想と書物に囚われ、選挙に囚われ、
一家和楽に囚われ、囚われ、囚われ・・・・・・

そんで、批判者と脱会者には、徹底的に痛めつけることに
囚われ・・・・・

悲しいかな、学会員の人生。
もっと楽しい書物は多く、勉強しなければならない事象も多いと思うがいかに?

世の中の理論は池田大作理論とは結びつかないことが多いことを知るべし。
それをこじつけるようとするから、ストレスもたまるし、頭も悪くなる。
完全無欠の理論や哲学が知りたいなら、数学を勉強すればいい。
はまれば、今よりずっと頭が良くなるし、はまらなければ
皆目理解ができずぐっすり眠れる。

今のあなたにはずっとそれがいい。

池田大作ではなく、あなたが主人公にならなければ、
あなたがかわいそうに思うのだが、いかに。

うすうす感じていると思うけど、やっぱり聖教新聞はつまらないんだよ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
創価学会の話題ばかりですまん。

この辺では有名な反創価学会のオレ。
まあ、車をパンクさせられたり、
玄関にうんこ、庭には生ごみなんて
日常茶飯事。嫌がらせばかりが
俺に火をつけ、俺は創価学会から
抜け出せない奴の手助けをしている。

「入信する時は、こんな真面目な宗教を
やらないなんてもったいない。
試しにやってみたらって
言われたんだけど」
と脱会者はいう。

けれどもやめる時は、一筋縄ではいかず、
一筋縄でいったとしても、
反旗を翻した畜生だなんて陰口を叩かれ、
地元では生活に支障が生じるとのこと。

二世三世は、脱会者の存在で家族も辛い思いをする
とのこと、深刻しきり。

なんでだろう。なんでだろう。
そんなにいい宗教で、脱会しようとすると、
豹変するのなんでだろう。
そんなに苦しいんならみんなで一斉のせで
やめればいいのにって思うけど。

脱会すれば、聖教新聞購入費で月一で自分へのご褒美
でそこそこのもんが食えるぞ。
財務に数十万払うなら、
その金で俺がお前のあそこを
一日中舐めてやるぞ。
無論
女限定だがな。

金は自分のために使うべきだと思うよ。
俺たちは他力本願でないキミが好きだよ。

苦しい世の中だけどさ。
何にも頼れない奴ら同志で
もがいて、愚痴れば、
少しは気持ちも晴れるよ。

何度もいうが、クンニぐらいでよければ
俺がするぜ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どこかの経営者が云った。
「平和は尊い。」
新人の田村は、その続きを期待したが経営者はその続きを云わなかった。
「どうだい。うちの社長の哲学は!」
上司の岡部が誇らしげに云い、
「うちの社長は、できるわよね。」
エミコさんもそれに呼応しているようだった。
田村は遠慮がちに周りを見渡すと、田村以外の誰もがそんな風だった。

あくる日も経営者の演説があり、
「核兵器は非人道的だ!」と云った。
やはり、経営者はその続きを云わず、
それなのに、田村以外のみんなは、感動し、涙を流すものまで居た。

その次の日、経営者は、
「人材を育てよ!」

そのまた次の日は、
「これからは青年の時代だ!」
などと云い、いつも田村以外のみんなは頗る感動していた。
田村もいじめられると困るので、感動しているフリをしなければならなかった。

ある日、森田という男が入社した。
社長は、
「韓国は文化の恩人ですよ!日本のお兄さんの国なのです!」
と云い、誇らしげな顔をしていた。
社内は、はちきれんばかりの感動で、胸が苦しくなるほどだったが、
森田は、
「けっ。韓国が恩人であるはずがあるものか。」と台詞を吐き捨てた。

社内は、森田を睨み、森田は自分の悪い癖がつい出てしまったと顔を赤らめた。
その日以来、森田は誰にも話しかけられず、森田は1週間で社を去った。

そんなこんながあって、田村は、この社で10年が経過した。
今では、田村も、経営者の言葉に感動するようになっていった。

この間、社内での昼休みに、テレビをつけると、見覚えのある顔が写った。
田村にはすぐにそれが「森田」であることがわかった。
どうやら、森田は、お茶の間で人気があるようだった。
田村は、テレビの笑いのよさがわからなくなっていったようだった。
今の田村には、会社がすべてであった。会社と社長と。
「粉骨砕身。俺は社長の会社に尽くすんだ・・・」

ある日、「森田」は、テレビで、「変な経営者」という題名で経営者のことを
面白おかしくしゃべっているのを見た。
観客は爆笑していた・・・

その後、「森田」は何者かに殺され、
その数日後、「森田殺害の容疑者田村博則逮捕」の見出しが踊った。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。