ORBitぶろぐ

ぶろぐやー!


テーマ:
突然ですが












みんな










魔女の帽子みたいなやつ










かぶってるね












なに?
流行ってるの?











全く


















似合わなかったどすわ!

一応試した笑













肌寒くなってきたなー


{7FD9E41D-2F8A-4833-B8BD-1B51F95DD27C:01}

{7202F804-938A-451B-8632-06B2CABDD1FE:01}

{C8657EB9-92F1-4FC1-BBEB-65789610D402:01}

{DB9BCFD7-13C6-4BBF-9BA7-794A2E8DE1A5:01}

{9EC04A16-9366-4A0D-A062-7E5402FE8C86:01}

{FA181C65-1FE8-490E-83EE-2B480C084839:01}

{2D785DA2-577A-464F-9489-6C5AA05C5E36:01}

{7EF1ABC5-E9AA-4ADC-B987-50D1FAD8EDE6:01}

{B8A2D06A-2614-4D0C-827A-07F927D692F2:01}




ふが!



ベース
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
彼は右手の角の席に座った















腹が痛かった









それだけが彼の心配で
唯一の違和感






人間の想像、予想、妄想とは
怖いもので、




この物語、前半をみた人は


皆口を揃えて、





あーどうせ、漏らしそうで、
漏らさないオチだろ?








言うだろ



















彼は、
自分の体とは、違う所に
違和感を感じた












自分の斜め前の作業服の男性
にふと
目をやった












なぜか笑っていた








ニヤニヤと何か企んでる様な
そんな笑い方










彼がその男性に目をやって

2秒ぐらいたって












彼は新しい
違和感を感じた













なにか
焦げ臭い












電車の中で焦げ臭い









彼は焦った、









というのも、
普通、
機械のなんらかの故障
自分の体を
疑う









彼はちがった

2秒前に
ニヤニヤしている
男性をみているのである












彼の脳みそは
早く回転した





悪い方向に












テロだと、おもった
電車の中で
なんか燃やして、
テロをおこすのか、
それとも
なんか爆発物にもう引火して
その匂いが焦げ臭いのか
緊急停止を押そうか
でも、
でも、

どうすればいいかわからなくなり
目を閉じて








おもった








次の駅で降りよう
次の駅まで無事なら
次の駅で逃げよう








覚悟した
わりとガチで



























手提げタイプの
蚊取り線香だった










今式では無く、
古いタイプ、緑の渦を穴の空いた手提げサイズの入れ物にいれるやつ、








ニヤニヤしていたおじさんの腰にぶら下がっていた

キンチョーと書いたそれが
















人間の心の弱さ

妄想とか
予想とか
想像とか

無限大である







安心と情けなさで

彼は
1人で









ニヤニヤしてしまった。










ベース



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ある日





1人の男が電車に乗った。
彼がこの物語の主人公である。









その電車を利用した時間、

約10分

そのたった10分で彼に
自分の人生の終わりを覚悟する事件がおこる












某駅に彼はいた
某駅に電車がきた





彼はすでに後悔していた









トイレに行きたかったのだ

普通なら、トイレに行き、次の電車に乗ればいい
だが、彼にその選択肢はなかった
なぜなら、
友達との約束の時間に寝坊してしまい、
急いで、走り、走り、
雨にもかかわらず、傘もささず
走った、



この電車に乗れば間に合う
10.分で渋谷について乗り換えまで時間もあるし、そこでトイレいけば、




彼はそう思い

その電車に乗り込んだ




乗り込んだ電車には


作業服の男性
若いカップルが一組
スーツを着た男性複数名






なんら、違和感ない
風景と空気感が広がっていた








後編へ続く


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。