August 16, 2010 15:35:00

長寿番付2010 【100歳以上の高齢者人口の変化】

テーマ:ブログ
自分のまわりに、「所在不明高齢者」いると思う? ブログネタ:自分のまわりに、「所在不明高齢者」いると思う? 参加中
本文はここから

幼稚園の卒業文集に将来の夢は”おじいちゃん”と書いた。



2010年になって、続々とでてくる行方不明の高齢者。
もはや100歳以上の人が日本に何人いるのか正確には分からない・・・

行政の怠慢さが浮き彫りになっている。

ここ最近の100歳以上の人の増え方をみると少し異変がある。

女性の伸び方が異様に多い・・・

1963年から昨年までのデータが手に入ったので
エクセルで簡単にまとめてみた。


新明解だいがく生かつ辞典 -反省堂- 風の谷の13番目の大学生-高齢者数の変化
 (クリックで拡大)
参考文献:
厚生労働省『百歳高齢者に対する祝状及び記念品の贈呈について(平成21年)』

1987年に2271人だった100歳高齢者の人数が、
2009年には40399人にもなっている。

平成に入ったときから、高齢者人口は10倍にも増えている。
驚異的な伸びである。


この伸びはすこしばかり怪しいと感じる人もいるのではないだろうか。
それだけ医療の発達したとも考えられるが・・・



行方不明が300人いたとかニュースになっているが、
高齢者が集団で山登りして遭難したわけではあるまい。

この中のほとんどが、あの川を渡っているかもしれない。


30年前に死んでいたのにその間
数千万円の年金は不正に受給されつづけていた。

こんなにも長い間隠し通せるのであれば
300人など氷山の一角で、
きちんと調べたら全国にいる100歳以上の高齢者4万人のうち
確認できるのは2万人もいないのではと考えてしまう。





高齢者の長寿番付がなくなった理由は、
個人情報保護法が理由になっていたが、
こんな問題があったからには、ぜひともこの長寿番付を復活させてほしい。


番付にのってて「あの人最近見ないけど、大丈夫かな。」なんて
近所の高齢者の安否の確認や不正受給の抑止力にもなるだろう。




人が長生きするということは、決して悪いことではない。
高齢者を見守り安心して生活できる社会、
もっと高齢者が胸をはって生きれるような国にしなければならないとおもう。




最後に、
高齢者をテーマにした面白いアニメを紹介。


【送料無料】老人Z HDマスター版 [DVD]/松村彦次郎,横山智佐,小川真司
¥4,900
Amazon.co.jp

老人Z 小学校の時の冬休みのアニメ特集でみてから何度か見てる。
おじいちゃんおばあちゃんが大活躍するアニメw

見たことない人は是非一度見てみて。

メカデザインがAKIRAの大友克洋、
キャラクターデザインが江口寿史ってだけでも保存版でしょ。




P.S.  今年の敬老の日・・・
2010年の長者番付をつくると、ランキングでBINGOができそうだが・・・(ノ´▽`)ノ



大都市のひとり暮らし高齢者と社会的孤立/河合 克義
¥5,670
Amazon.co.jp
PR

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード

マクロミルへ登録