大崎市郵便番号989-2400『新・日曜塾おらほの寺子屋』ブログはこちらです!

カラフル学舎は、震災直後のボランティア塾としてスタートしたおらほの寺子屋が前身です。その後独立し、現在は大崎市を拠点に4ヶ所で授業を行っています。ブログのタイトルは、初心を忘れないため当初のままにしております。


テーマ:

今、生徒の目標管理の方法について調べています。

塾としては、すららの目標設定をしてあげたり、定期テストが近いから何をしたらいいか、といったことなどのアドバイスをしてはいるのですが、生徒によって達成率はまちまちなのが実情です。

しかし、それでも、一定の成果が出ていれば、こうした事柄がクローズアップされることはあまりないのではないでしょうか?

正直、私どもとしても、ある程度生徒側の聖域として、自主性という名目に甘えてきたところがあります。

ただ、先日書き上げた、自身の課題論文(修士2年に進級する際に書いたもの)を読み返してみて、自分でも気づかないところですでに、目標設定の重要性に関する事柄についても言及していたのを発見しました。

これはうっかりでした・・・。

再考することの重要性に気付かされます。

私は現在、自己モニタリング方略といって、自分が今何をしているのかを自分自身がどれだけ把握しているかについて研究を進めています。

最終的な目標は、どうすればより良い学習法を獲得できるのか、といった部分になってはいるのですが、そこに到達する上で、やはり自己モニタリングの構造理解は避けては通れないところがあります。

その中で、自分が何者なのか、今何をしているのか、といった類の事柄と向き合う際、自分は何をしようとしているのか、という意志や意識をどの程度私たちは持っているのかを知る必要があります。

ちょっと書いてて自分でもややこしいのですが・・・。

その中で、重要となってくるのが、単純な話、目標設定になってくるのはないかと。

どうしたらいいのか?

現状ですと、生徒と話し合って決めたとはいえ、塾側の方針にある程度従ってもらった側面があります。

しかし、この目標設定の部分の重要性を生徒と共有することで、より生徒個人に寄り添った独自の目標設定が出来るのではないか、と思うわけです。

例えば、現在、どちらかというと勉強が苦手な生徒A君がいるのですが、なかなか宿題をやってくることがありませんでした。

しかし、苦肉の策として、毎日パソコンのログインをすることだけを習慣づけようと提案したところ、それは毎日続けているのです(塾の管理画面でいつログインしたかはチェックできます)。

単にログインすればいいわけではありませんが、習慣付けるという意味では重要です。

今回の件で、成績を上げるにあたり宿題をやってくる、という以前の問題に対してどう対処すべきか、という新しい視点を得ることが出来ました。

まずは出来ることから、なのです。

そこから徐々に広げていく、というプロセスをこちらが側で提示し共有し、本人が実行しやすい状況を作るまで塾側が行う、ということが今やるべきことのひとつなのかなと感じております。


ちなみに、現在、私自身、とりあえず早起きをする、という目標を設定し10日目が過ぎました。

早起きして何かをする、ということを決めるのではなく、とりあえず毎日早起きをするのです。

これは、直接勉強と関係ないのかもしれませんが、案外、せっかく早起きしたのだから○○をやってみよう、といったことも結構あるため、どこに起点を置くかということはとても重要だなと身をもって感じております。

まずは、小さな目標を共有し、それを習慣づけるところから、次につなげていき、それらを自分で意識(自己モニタリング)できるようにすることが大事なのではないでしょうか?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

さいかちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。