前原誠司国土交通相は19日、航空機や鉄道、船舶の事故原因を調査する運輸安全委員会に、エレベーターなどの昇降機を扱う部門を新設する方針を明らかにした。11年度中に同委員会設置法の改正案を提出する。

 エレベーターの事故を巡っては06年6月、東京都港区のマンションで都立高2年の市川大輔(ひろすけ)さん(当時16歳)がシンドラーエレベータ社製のエレベーターに挟まれ死亡。国交省は社会資本整備審議会の中に昇降機等事故対策委員会を設けたが、両親らは原因究明の権限がある独立した事故調査機関の設置を前原国交相に要望していた。

 前原国交相は「昇降機対策委員会の委員を増員し、国土交通大学校に研修コースも設け、今から人材育成をする」と述べ、運輸安全委に部門が設置された際にすぐ対応できるよう準備する考えを示した。【平井桂月】

【関連ニュース】
東京メトロ:エレベーターに一時9人閉じ込め 市ケ谷駅
エレベーター故障:女性1人が閉じ込められる--地下鉄東比恵駅 /福岡
兵庫・姫路のエレベーター転落死:理事長を書類送検へ--業過致死容疑
女の気持ち:エレベーター 名古屋市・林田縁(主婦・51歳)

<気象庁>チリ津波「過大」発言…長官は「おわび不要」(毎日新聞)
受け入れ拒否が大幅減=救急搬送で妊婦・新生児-総務省消防庁(時事通信)
<センバツ>「負けて恥」発言の開星監督、処分へ(毎日新聞)
普天間移設 政府案暗礁 首相困惑、打つ手なし 安保の政局利用、ツケ重く(産経新聞)
過半数は微妙?大阪府議会の「伊丹廃港決議案」(読売新聞)
AD