昨日は、株式会社サーパスの石原さんと清水さんにアレンジいただき、

 

千葉県南房総市のガンコ山に行ってきました。

 

自給自足、というより英語ではOff the gridというのだそうですが、

 

自然と一体になっての散策やヨガ、薪割りなどを

 

体験させていただきました。

 

 

 

 

 


到着早々、周囲の森を歩き、マスターから

 

自然の大いなる活動の、とても有意義なお話をいただき、

 

ひとつひとつの言葉(物語?)に目から鱗。

 

大自然の営みの神秘といいますか、

 

当たり前のことがそれこそ自然に起きている奇跡に感動しました。

 

 

 

 


マスターは何より自然との対話が大事だとおっしゃる。

 

だから、人を育てるのに、

 

頭の良い人には頭を使わせても良いものは生まれず、

 

感性を使わせることが大事だと。

 

そして、自分ができることはできるだけ自分でやるべきなんだと。

 

今は何でも分業になってますからね。

 

なるべく他人に振らず、自分でやる。どうしてもできないことは他人に委ねる。

 

それこそが自律的なんだということでしょう。

 

 

※これが椎の樹々のクラウン・シャイネス。

 

 

※ツリーハウスの体験ワークもあるそうです。

 


最初に訪れたのが落葉樹林帯。

 

森のはじめは落葉樹から始まるそうで、

 

その後、常緑樹林帯に移り、

 

最終的には、椎の木のように樹木同士が取り合わず、

 

調和を起こす「クラウン・シャイネス」という

 

状態にまで至り、これをもって森の世界のクライマックスということです。

 

その状態が何百年、あるいは何千年と続き、

 

樹々が朽ち、土に還った後にはまた

 

落葉樹の時代がはじまるという輪廻というか、

 

時間と空間、宇宙の壮大な絵巻物語。

 

その間、土中の種はずっと時期が来るのを待っているというんですからね。

 

人間の小さな思考では及びもつかないですよね。

 

そのお話だけで涙が出そうなくらい感動しましたよ。
 

 

 


お昼ご飯のピザはトマトとチーズだけのシンプルなものですが、

 

これも粉をこねるところから自分たちでやるので、まずは粉こね。

 

発酵に時間がかかるので、それを待つ間にヨガ体験。

 

結局、1時間半ほどヨガを教えていただきましたが、

 

これもまたマスターのお話絶好調。

 

身体の軸と中心線とバランスと、そして何より呼吸・・・。

 

ヨガもやっぱり自然との一体が鍵であることが

 

体験的にわかりました(合気道と同じ、これぞZEROの世界!)。
 

 

※木から落としたミヤマクワガタ!!かっこいいっす。

 


この後、薪割りや担ぎ、そして食事と続き、

 

怒涛の気づき&発見攻勢なのですが、

 

長くなるので続きはまた明日。

 

いやー、良かった。素晴らしかった。

ということで、これから打ち合わせに入ります。
 

 

 

 

 

ランキング・バナーのクリック何卒ご協力よろしくお願いします。m(_ _)m

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

自分を知ることからすべては始まる
ワークショップZERO

http://seminar.opus-3.net/
 

ベーシックコース
★第79期東京コース:2017年8月26日(土)&27日(日)

★第80期東京コース:2017年9月17日(日)&24日(日)

★第81期東京コース:2017年10月15日(日)&22日(日)(予定)

★第5期西日本コース:2017年9月9日(土)&10日(日)(広島県福山市)

 

アドバンスコース

☆第6期東京コース:2017年11月11日(土)&12日(日)【合宿制】

☆第7期東京コース:2018年3月24日(土)&25日(日)【合宿制】(予定)

AD