1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-09-29 08:16:32

通貨オプションのやり方

テーマ:ブログ
アメリカのプロップファーム(自己資本のトレード会社)の経営者が書いたOneGoodTradeという本に、「株式と株式オプションのトレードは違う。われわれは株式のトレードを生業としてい。」という件(くだり)がある。同様に、通貨(FX)と通貨オプションは違うのだろう。私はオプション取引を生業としている。だから、通貨市場に参加するときは通貨オプションを取引する。もちろん、通貨オプションの取引は通貨取引とは違う。そして、私は通貨(FX)取引よりも通貨オプションを好み、そして利益を上げている。正直のところ、通貨取引では利益をあげる自信はない。それでも、通貨オプションでは利益を上げる自信がいつでもある。そして、事実、利益を上げている。だから、もしあなたがFXトレードでうまくいっていないなら、通貨オプションを勧める。

通貨取引と通貨オプション取引はどう違うのか。私は通貨の専門家ではない。通貨取引がオプション取引とは全く違うことは明らかだ。私は通貨オプションを取引するとき、オプションに備わった優位性を基にしているのであって通貨そのものを取引しているわけではないし、通貨の動きに興味があるわけではない。
さて、私が取引する通貨のオプションの原資産はユーロ(対米ドル)である。円高が日本の新聞紙上を賑わしているが私は興味がない。私が興味があるのはユーロである。そして、そのユーロは1.35近辺をつけている。この動きは私の予想をはるかに超えたものだが、それでも私は利益を上げている。オプションに備わった優位性をフルに活用したからだ。私のとる戦略はデルタニュートラルでコールとプットを売りの組み合わせを得意技としている。通貨は一度はずみをつけると勢いの方向にしばらく続く。今のユーロがそうだ。そこで、私はコールの損を気にせず、ずっとプットを売り続けている。今は、今年前半ユーロが1.30を切って1.20に向かったときと逆の流れである。当時の私はひたすらユーロのコールを売り続けた。今はその逆をやっている。Dejavu!!いつか来た道を辿っている。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-28 08:17:03

私のトレードのやり方を紹介しよう!

テーマ:ブログ
米株式市場は小動きの中反落した。S&P500オプションのボラティリティはやや増加。
S&P500オプションのポジションはほとんどいじらなかった。
私のオプションのやり方の一つを紹介しよう。私のトレードのやり方はファンド運用のものと、
プロップ(自己資本)トレードでは異なる。前者は1ヶ月から3ヶ月の中期のポジションを保有するが、後者は長くても1、2日のポジションである。多くはデイトレードである。オプションでデイトレードができるのかという疑問を持たれると思うが可能である。もちろん、日経225オプションでは無理があるだろうし、日経225オプションでは勧めない。私がトレードする市場は通貨オプション(特に、ユーロ・ドル)、SPY(=S&P500連動型ETF)オプション、AAPL(アップル社)オプション、AMZN(アマゾンドットコム)オプションなどの個別株オプションである。これらの銘柄はオプションで成行注文が可能なほど流動性が豊富である。米市場では日本時間では夜中になるので日本在住の勤め人には向かない。もちろん、トレードそのものは日本市場でやっても「勤め人」には向かない。デイトレードをやるなら独立したトレーダーになるしかない。

さて、オプションを用いたデイトレードであるが、株価や通貨の上げ下げを狙ってやるトレードならオプションは用いてはならない。BID-ASKでまず資金を失う。それをやるなら原資産(=株式や通貨そのもの)を取引することだ。オプションならオプションの独自の優位性を利用しなければ勝てない。私のやるのはスプレッド取引である。コールまたはプット、あるいはその両方の売りと買いの組み合わせ、ストラングルスワップ、コールとプットの売り同士の組み合わせ、コールとプットの買い同士の組み合わせ、ボラティリティスプレッドをテキトウに混ぜて組み合わせる。そして、トータルで利益になれば全玉決済する。相場の方向性は追わない。だから、オプションがいいのだ。これをやるにはオプションの取引に本当に慣れていなければならない。時間帯は日本時間夜10時半から1時半に集中している。この時間が最も活発に市場が動いているからだ。そのに利益にならない場合は、損切りするか翌日に持ち越すかを決める。ポジションの内容がいい場合は持ち越す。私はかなりの量の取引をするが自分でやっていることがよくわかていいるのでポジションの内容に満足している正しいことをやっていると納得しているときは翌日にポジションを持ち越す。
ファンド運用とプロップトレードのどちらがよいか?これは最近よく考えるテーマである。次の機会にお話しよう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-27 08:17:35

先週金曜日、米株式市場は暴騰!

テーマ:ブログ
どうやら今年の10月サイクルはいつもと違い堅調のようだ。そんな感じを強く受ける相場の動きだ。ボラティリティはかなり低下し、S&P500オプションのインプライドボラティリティは今年の最低水準に達した。18%台である。相場は一直線に進まないだろうが、今年の高値(4月)に向かっている。
私のデルタニュートラルのS&P500オプションのポジションは金曜日かなりの調整を迫られた。現在はGUTSと呼ばれるポジションになっている。これはITMコートとITMプットの売りで変則である。相場がそのまま上伸すればさらに調整が必要だ。一方、同じくS&P500のボラティリティに賭けたポジションは炸裂している。ボラティリティの低下に賭けていただからだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。