オプティマルヘルス 最上級の健康を目指しながら豊かな人生を!

オプティマルヘルスとは、心も身体も生き生きとし、70歳なら70歳で作りうる最善の健康、20歳なら20歳の、つまりその時の年齢での人間として最善の(Optimal)健康状態を『生涯続ける』ことです。

健康とは何か?…『健康とは身体的にも精神的にも社会的にも完全に良好な状態をいい、単に病気がないとか病弱でないということではない。』
※WHO(World Health Organization/世界保健機関)憲章から


「長寿国日本」は米国よりも平均寿命は長いのですが、寝たきり老人の数は米国の約5倍(人口比では10倍)もおり、生活習慣病の患者数も圧倒的に多い現実をご存知でしょうか?「健康先進国米国」では、不健康で長く生き続けるという考えから進歩し、「人間として最善の健康状態で豊かな生活を楽しむところに価値がある」というコンセプト(オプティマル・エイジング)が国民全体に認識され、サプリメント先進国として、家族ぐるみで良いサプリメントを選び、利用する事は習慣化されています。今は昔と違い、「健康の質の向上や病気の予防」は必要な知識があれば難しいものではないのです。

オプティマルヘルスとは、心も身体も生き生きとし、70歳なら70歳で作りうる最善の健康、20歳なら20歳の、つまりその時の年齢での人間として最善の(Optimal)健康状態を「生涯続ける」ことです。

NEW !
テーマ:

体力作りを始めるのに遅すぎることはありません。それは人体の最もすばらしい特性のひとつと言ってもよいでしょう。高齢期を健康に過ごすには、アクティブな生活で筋肉量の維持に努めることが重要です。

 

残念ながら、現状では、そのような意識がないばかりか、けがを恐れてなるべく動かないようにしている人が少なくありません。動かずにいると筋肉は萎縮し、いっそう動かしにくい体になってしまいます。思うように動けないと、足元が滑ったりつまづいたりして転びやすくなり、さらに恐怖心が増して、健康上の問題につながっていくという悪循環に陥ります。

 

多くの高齢者にとって、転倒の恐れは現実的な問題です。いくつかの統計データによると、年間に65才以上の高齢者の3分の1以上が転倒を経験しているようです。そして、イギリスだけでも毎年30万人以上の高齢者が骨折に至っているということです。特に骨盤骨折などは深刻な合併症につながる可能性があり、恐怖を感じるのは大げさなことではありません。

 

筋肉の質量は、運動の習慣を維持していない限り、加齢とともに自然に減少していきます。筋肉が減ると、体を支える力もバランス調整能力も衰えてしまいます。また、骨密度も加齢とともに減少します。高齢者に骨折が多いのは、こういった複数の要因が重なっているからです。筋肉を失うことの恐ろしさはここまでの記述で充分でしょう。しかしながら、悪いことが現実になるとは限りません。たいていの問題は適切に体をケアすることで防げます。

 

筋肉量が影響するのは可動性とバランス調整力、筋肉の強度だけではありません。ある研究では、興味深いことに、筋肉量は免疫系に多大な影響を及ぼすと指摘しています。高齢者では特に除脂肪筋量の割合の高い、引き締まった体つきの人のほうが、筋肉の萎縮してしまった人よりも免疫系の機能が高い状態にあることが示されたのです。

 

ネガティブな見かたをすれば恐ろしい話ですが、ポジティブな視点から考えれば解決法は明らかです。高齢になってからも健やかで幸せな生き方を手にするのは、何ら難しいことではありません。アクティブに暮らすこと、それだけで自らの健康に大きく寄与することができるのです。

 

転ぶのが怖くて椅子から離れられない生活や、筋力が弱いために思うように動けない日々よりも、楽しい暮らし方をしたいと思いませんか。そのためにも、アクティブでいることは簡単かつ効果的な対策となります。

 

無理にマラソンに挑戦したり、ジムで重量挙げに勤しんだりしなくても、アクティブなライフスタイルは実現できます。何をもってアクティブとするかは年齢や能力に応じて様々な解釈が可能です。何ヶ月も何年も座りっぱなしでいた人も、ほんの少し体を動かすだけで効果が期待できます。さらに、ポジティブな気持ちと簡単な運動の効き目に意識を集中させていれば、自然と中程度の活動を楽しくこなせるようになります。

 

 

ライフプラスのフォーエバーヤングサプリメント

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

簡潔な答えは「全身すべて」です。フリーラジカルは、細胞膜構造、ミトコンドリア、細胞内のタンパク質や脂質など、体内の至るところで損傷を生じます。脳も目も皮膚も、例外ではありません。DNAそのものですら、フリーラジカルの攻撃対象になってしまいます。でも、恐れる必要はありません。フリーラジカルが入り込める場所なら、フリーラジカルを阻止する抗酸化物質も入っていくことができます。抗酸化物質は他の物質に電子を与えた後、他の抗酸化によって再度安定化されるまでの間、不安定にならない性質を有しています。また、安定状態に戻れない抗酸化物質は無害な状態のまま崩壊します。抗酸化物質は濃縮物のサプリメントで摂取できますが、すべての果物、野菜、ハーブ、スパイスに含まれています。

 

 

デイリーバイオベーシックス 1日に必要な栄養素を補給できるサプリメント

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

あなたは毎日自分が摂取している糖分の量を正確に把握していますか。

 

例えば、350mlの炭酸ジュース1本には、40g(小さじ10杯分) もの砂糖が溶け込んでいます。コーヒーや紅茶を1杯飲むときに、小さじ10杯もの砂糖を入れる人はまずいないでしょう。それが缶ジュースなら気軽に飲めてしまうのです。家庭の食卓に缶入りのみならず、ペットボトルの甘いソーダが登場することも現代では珍しくありません。また、1人前の分量が驚くほど大きくなっているのも問題です。映画館では2リットル近い巨大なサイズで売られていることもあります。大まかに計算しても小さじ53杯、2カップ分もの砂糖が1人前に含まれていることになります。砂糖2カップを目の前にしたら、一度にたいらげようという気にはならないでしょう。それでも形が変われば、意識せずとも簡単に摂取できてしまうのが問題なのです。今現在、日々の糖分の摂取量を正確に把握できている人はほとんどいません。そして、食品業界も協力的ではありません。

 

加工食品には様々な糖類の名前が列挙されていますが、糖蜜、果糖、乳糖、ブドウ糖、ショ糖はともかく、コーンシロップ、フルクトース、デキストロース、マルトース云々となると、糖分として認識されないよう、わざと分かりにくくしているような印象さえ受けます。

 

そして、様々な名称の糖分が、意外な場所に隠れています。例えば、低脂肪タイプの食品に大量の糖分が入っているケースは多々あります。脂肪は風味を豊かにします。脂肪を除去すると、味気なくなってしまいがちです。低脂肪をアピールしても、まずくては売れませんから、食品メーカーにとってはその物足りなさを補う対策が必須です。その対策として一般的なのが加糖です。典型的なのがサラダ用のドレッシングです。

 

低脂肪タイプのドレッシングの栄養表示を読んだことはありますか。一度、脂肪をカットしていないドレッシングと糖分の量を比べてみて下さい。ドレッシングを使うなら、自分で作ったものが一番です。少量のオリーブオイルとお気に入りのビネガー、ハーブを混ぜるだけのビネグレットなら、手軽でおいしいサラダの味付けになります。

 

低脂肪のクッキーも脂肪を砂糖に置き換えています。バターその他の脂肪分を使わないクッキーなど、とても食べられたものではありません。おいしさを取り戻す最も簡単な方法は、砂糖を使うことです。いくら低脂肪でも、脂肪と砂糖を一緒に摂ると、肥満への近道に入ってしまいます。

 

できるだけ天然食材を使って自炊をするだけで、食品に隠れている糖分を避けることができます。自分で作ると、糖分の摂取量もきちんと把握できます。

 

加工食品を利用する場合でも、低脂肪がヘルシーとは限らないことを意識することが大切です。砂糖を使っているのは甘いものだけではありません。必ず成分表示ラベルを確認しましょう。パン、ヨーグルト、ソース類などなど、日常的に買っているものにどれだけ糖分が含まれているかを知れば、驚きつつも、より賢明な選択ができるようになるはずです。

 

 

デイリーバイオベーシックス 1日に必要な栄養素を補給できるサプリメント

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

5年ごとに開催されるアメリカ食生活指針諮問委員会で、健康的な食事のための新たなガイドラインが発表されました。その中で、糖分の摂取量を減らすよう強く推奨されたことが注目されていますが、同様の提言は他の主立った保健関連団体からも多数上がっています。

 

それでも、このような公の場で糖分摂取が脂肪以上に危惧されたことは注目に値すると言ってよいでしょう。脂肪はエネルギー消費に見合った適切な量であれば、充分に健康的な食生活の構成要素となり得ます。これについては、既に多くの専門家が同意しています。

 

加工包装食品が多用されている現代社会で糖分摂取を抑えることは、容易ではなさそうです。スーパーでは、パンやシリアル、マヨネーズ、ピーナツバター、ケチャップ、スパゲティーソースといった食品が日常的によく売れています。今、例にあげた食品全てにひとつの共通点があるのですが、それは何かお分かりでしょうか。答えは、糖分が加えてあることです。

 

ほんの数十年ほど前は、砂糖といえば台所にある調味料の一種に過ぎませんでした。食事は家庭で調理したものを食べていましたから、日々どの程度の砂糖を消費しているかは家庭で把握できていました。ところが現代では、ありとあらゆる食品に砂糖が使われています。一見、砂糖を使っているようには思えない食品にも、忍び込んでいたりするのです。このような隠れた糖分の存在は、健康的な食事を心がけている人でも糖分を過剰に摂取してしまう危険性につながっています。

 

少量であれば健康的な食事の一部となる糖分も、過剰に摂取すると体に害を及ぼします。そして、特に大量に口にしたつもりはなくとも、過剰摂取に陥る可能性は充分にあります。なかでも簡単に分解吸収できるタイプの糖は要注意です。砂糖(スクロース)をはじめとする精白糖は化学構造が比較的単純なため、急速に体内に取り込まれます。すると血糖値が急激に上昇し、爆発的なエネルギー増加をもたらしますが、その後すぐに反作用でエネルギーが減退し、気分が低迷してしまいます。また、血中の糖が急増すると、インスリンが分泌されます。インスリンは血糖値を安全な範囲に保つために使われますが、同時に慢性的な炎症を軽減するとともに、脂肪の蓄積を促進します。

 

慢性的な糖分過多の食事は、今日では一般的な、糖尿病、心血管疾患、虫歯その他の多くの病気に関連しています。特に肥満は明らかな例と言えます。砂糖を加えた加工食品が広く流通するようになってから、お腹周りの大きな人がずいぶんと増えました。お腹周りに脂肪がつくと、健康上のあらゆる問題につながる可能性が出てきます。

 

 

デイリーバイオベーシックス 1日に必要な栄養素を補給できるサプリメント

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

最近のある研究で、一日中机に向かっている人は、こまめに水飲み場に足を運ぶとよいことが示されました。何時間も座りっぱなしでいると、筋肉が仮死状態のようになり、リポタンパク質リパーゼという代謝の鍵となる脂肪分解酵素が減って、脂肪や糖を燃焼しにくくなってしまうということです。しかしながら、この問題は30分ごとに2分ほど動くだけで解決できます。コンピューターや携帯電話のアラーム機能を利用して、席を立つタイミングを逃さないようにしましょう。また、その都度水を飲めば、1日に大きなグラス1杯分の目標量を達成することもできます。

 

 

ライフプラスのフォーエバーヤングサプリメント

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。