栄養素を語らない心理栄養士ふじいくみこ

栄養素を語らずして、何を語る!?
いえ、栄養素以外にもとっても大切なモノがあるんです。
子育てを通して気が付いた、ママと子どもの「食」を中心に、
身体や心のお話をお伝えします。
離乳食や食物アレルギーでお困りの方、一度お読みください^^


テーマ:
●【残1】2/3 幼児食講座「簡単!安心!安全!ママも食べれる幼児食の料理教室」

いつもありがとうございます。
ふじいくみこです。

「毎日、同じものばかり食べさせてる気が…」

離乳食が終わって幼児食に進むと、食べられる食材の数がどんどん増えてきます。

でも、気がつけば同じパターンのものばかり。

味付けも単調になりがちです。


そして、我が子はどんどんと自我が芽生えてきて、

「ママ、これ嫌!」

「緑の、残していい?」

「(おかずが残っているのに)ご飯のおかわりちょうだい〜」

「お菓子のほうがいい!」

「ハンバーグとカレーだけでいい」

ママを困らせる発言をする子どもたち。

多くのママは、食事を楽しむなんて余裕がなくなります。

怒ってる指人形


栄養はしっかりとって欲しいけど、無理矢理食べさせるのはどうなんだろう?

お菓子はどう考えたらいいのかな?

うちの子、食が細くて…

うちの子、とにかくよく食べるから心配で…

そんな悩みはありませんか?

レシピ通り、料理名のついた立派なメニューを作ろうと思うと、しんどくなります。

私は、いつもシンプルな料理が多いです。

子どもが小さいので、普段調理工程の多いメニューは作りません。

お料理の好きなママは時間をかけて準備されるのでしょうが、私はそんなことありません。

子どもは3歳と5歳。

私がキッチンに立とうものなら、ものの1分でご飯ちょうだい!と言ってきます。

おひつにむらがる

(数年前から、こんな感じ)

だから、時間勝負です。

でも長男は小麦アレルギーがあるため、市販のお惣菜を買ったり、〇〇の素に頼ることもできず…。

そこで、発想の転換です!

ちょっといい素材を、なるだけシンプルに。

これが美味しいんですよね。

究極の贅沢ではないかな?と思います。

もちろん、餃子も作りますが、少しの工夫で時短料理に早変わり。

13612103_17502457119

この時、本当の餃子はこんな味なのに…と考えると、物足りなさを感じるかもしれませんが、みんなが美味しいね〜と言って食べれたら、それでいいと思いませんか?

安心安全を意識しつつも、簡単に作れる。

これが小さい子どもを持つママには嬉しいことではないでしょうか?

そこで、幼児食の料理教室を開催することになりました。

IMG_1030


こちらの講座は、お料理が苦手な方、あまり得意ではない方向けの料理教室です。

料理はシンプルに、難しい調理工程がないメニューを選んでいます。

IMG_8261


私は普段、乳・小麦・卵を使わずに料理をしていますので、アレルギー児にも対応できます。

どんなメニューにするかは今検討中ですが、なるだけ普段の食事にアレンジが効くものを数品お伝えしようと思っています。

そのうち1品は、こちら

チキンボール3

ゆる和食研究家 栗山小夜子さん直伝のチキンボールです。

この度、栗山さんのご好意により、幼児食の料理教室のメニューに取り入れさせていただくことができました。

チキンボール2

チキンボール1

子どもたちも大好き^^

簡単で美味しい上、すぐに作れるので、子育てママにはうってつけです。

栗山さんのように発想豊かなアレンジはできませんが、シンプルに美味しいチキンボールをお伝えさせていただきます。

IMG_8247

参加した子どもたちの食べっぷりもすごかったです!


また、座学では、幼児ならではの食事の悩みについてもお話しさせていただきます。

離乳食料理講座


楽しく作って、みんなで楽しく食べてみませんか?


IMG_8263


参加してくださった方の感想をご紹介します。

短時間でこれだけのメニューが出来上がることにただただ驚いています。
調理グッズを変えるだけでメニューの幅が広がるし、調味料もシンプルでとても美味しいご飯が出来上がるので実践していきたいです。
仕事から帰宅したと同時にご飯アピールがあるので、おかずを作ることがなかなかできずにいましたが、ある程度朝に仕込んでみようと思います。
(Mさん)

肉・魚はすりつぶさないと食べられないので、量が増えず、何かいい方法がないかと考え参加しました。
豆腐ハンバーグはぐちゃぐちゃにするだけで食べなかったのに、チキンボールだと上手にもぐもぐ食べてくれたので、これから家でも積極的に作っていこうと思います。
(松本智美さん)

チキンボールのお肉の旨味に感動いたしました!
グリルパンを活かしたお料理も並べて焼く、で美味しかったです。
早速作ってみます。
大人も子どもも食べられるお料理、レシピを学ぶことができました。
何よりふじい先生のお人柄あっての会となりました。
ありがとうございます。
(Mさん)

すごく簡単な調理方法を教えていただいたので、早速実践してみます!
難しく考えなくとも子どもが食べれる料理ができるんだと勇気付けられました。
いつの日か、自分の料理から取り分けて食べさせられる日を夢見て、頑張りたいと思います。
一つ一つ成功体験を増やして、食の世界を広げていきたいです。
ぜひ、幼児食講座第2弾を開催してください!!
(Sさん)

簡単な幼児食レシピを聞きたくて、便のことや子どもの噛み具合を相談したくて参加しました。
すべてのレシピ、お話が参考になりました。
ありがとうございました。
他の方のお話をお聞きしても、赤ちゃんの食や便の状態はそれぞれだと実感しました。
正解が分からない話も多いですし、子も親も笑顔になれる選択肢を選んでいきたいと思いました。
視野が広がりました。
(Iさん)

IMG_8289

IMG_1025

IMG_1028


IMG_8329


幼児食講座5_20161013

幼児食講座4_20161013


いい笑顔でしょ?

子供の食事のレパートリーに頭を抱えているママ。

その分、自分の食事はおろそかになってるママ。

健康に気をつけた、簡単なメニューが作れて、なおかつ、子どもと一緒に食べれたらステキだと思いませんか?

離乳食講座2_20150929

それでは、詳細です。

簡単!安心!安全!ママも食べれる幼児食の料理教室

●当日の流れ
 幼児食の悩みについてのお話(30分)    
 デモンストレーションと簡単な調理(90分)
 試食および質疑応答(60分)

【メニュー】
1.栗山さん直伝!チキンボール
ゆる和食研究家の栗山小夜子さん直伝のチキンボールです。
添加物は何にも入っていませんし、卵・小麦・乳を使わないので、アレルギー児でも安心です。
これを知ると、もう市販のものは買えなくなりますよ。

2.揚げない唐揚げ風チキンナゲット
揚げ油を使わずに作る唐揚げ?チキンナゲット?です。
小麦粉・卵・乳製品不使用なので、アレルギー児も安心。
魚焼グリルを使います。
ま〜、こりゃ簡単!って思いますよ^^

3.ハードルの低い蒸しパンの作り方
これまた、作ってあげたい!と思ったら一瞬でできる蒸しパン。
市販の粉を使いますが、こういうのは実際に作るところを見ると、家でもできるやん!って自信が湧きます(笑)
粉の種類を選べば、小麦粉・卵・乳製品アレルギー児でもOKです。


その他にも参加者に合わせてメニューを検討しています。
(毎回少し変わる可能性があります)

●日時
2月3日(金)

●時間
10:30~13:30(180分)

●対象
幼児食に興味がある方なら、どなたでもご参加頂けます

●定員
5組さま →残1組さま

●場所
講師自宅(大阪市城東区関目)
自宅教室のため、予約時に詳細をご案内致します。
※京阪関目駅、地下鉄今里筋線関目成育駅より徒歩6~7分、
 地下鉄谷町線関目高殿駅より徒歩13~14分

●持ち物
・ママのエプロン(あれば。見学のみも可です)
・筆記用具
・お子さんの食べなれた幼児食(必要な方のみ)
・お子さんの普段の食事準備(食事用エプロン・マグ・スプーンなど)
・お子さんの飲み物
・おむつ、着替えなどいつものお出かけ準備

●参加費
5000円(材料費込み) 

【重要】
お申し込みの前に、必ずご予約前の注意点・キャンセルポリシーをご一読いただき、同意された上で、お申し込みくださいますよう、よろしくお願いします。


>>ご予約前の注意点・キャンセルポリシーについては、こちら

お申込みはこちらからお願いします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/6fee153e461128

ご質問は、下の問い合わせよりお願いします。

自宅開催ですので、クズリがちなお子さまでも、気楽な気持ちでお越しくださいね。

あなたとお会いできることを楽しみにしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
【残2】 1/11  目からウロコの離乳食講座+お米のパン

いつもありがとうございます。
ふじいくみこです。

初めての育児に奮闘中のママさん、離乳食に関して、こんなお悩みを抱えていませんか?

・いつから始めたらいいのか、分からない
せっかく作ったのに、食べてくれない
・こんなやり方でいいか、不安に感じる
・食物アレルギーが心配
・料理が苦手で、離乳食のレパートリーが少ない


実はこれらのお悩みは、多くのママが感じるごく一般的なことなんです。

最近は核家族が増え、自分が子育てをするまで離乳食を目にすることもない方が多くなりました。

私も親戚にまだ赤ちゃんがいなかったので、食事風景を見たことがなく、保健センターで離乳食の話を聞くのが、初めてでした。

栄養士の勉強をする時に離乳食のことは習っていましたが、学問として学ぶのと実際の子育ての中で実践するのとでは、全く違いました。

学校で習った通り、

・きちんと材料を準備して、
・衛生面にも気を配って、キッチンを整理整頓して、
・レシピ通りに、ゆっくり丁寧に

調理すれば、きっと誰でも美味しくお料理ができます。

だが実際はというと、赤ちゃんの相手をしながらの離乳食作り…。

・お天気が悪いと外出も難しいし、材料をゆっくりと買いにも行けない

・用意していたはずなのに、うっかりパパの食事に使ってしまった…

・家族の食事と赤ちゃんの哺乳瓶などで、キッチンが混とんとしている

・寝たと思って準備に取り掛かると、すぐに起きてしまった

・赤ちゃんが泣きだすと、火にかけたまま、料理が中断される

ので、中途半端になってしまうことが、日常的にあるんです。

それが続くと、離乳食作りそのものがだんだんとおっくうに感じてしまいます。

母乳のママは、おっぱいを作るためにも自分も栄養に気をつけないといけないのに…。

しかし離乳食が始まる頃というと、ねんねだった赤ちゃんがのそのそと動き出し、ママの姿が見えなくなると、号泣しながらハイハイでトイレまで追いかけてくる時期。

キッチンで料理すれば、相手して~と号泣…。

自分の食事も、ますますおそろかになってしまいがちです。

私も、一人目育児の時に「みんな、この環境でどうやって料理してるんだろう…」と、ものすごく不思議に思ったことを覚えています。

・自分の健康のために、しっかり栄養のあるものを摂りたい。

・そのためにも、離乳食にかかりっきりになりたくない。

それが、多くのママが望むところかな?

私は、赤ちゃんが離乳食をあまり食べなくても、そんなに心配しなくてもいいのでは、と思っています。

なぜなら、まだまだ母乳やミルクで栄養を摂っている時期だから。

それよりも、ママがしっかりと食べることの方が大事だと思います。

母乳のママなら、ママの食事が母乳の質に影響しますから、適当にしてほしくないなぁと感じます。

離乳食で悩むより、質の良いおっぱいで栄養摂ってね!と考えてみてはいかがでしょうか?

ただ、何が何でも母乳で!!とこだわりすぎるのもストレスですよ。

私は現在、離乳食に関してお悩みを持つママさんに、離乳食講座を開催しています。

私の講座に来られる方を見ていると、とても真面目な方が多く、子どものために少しでもいいことは取り入れたい、という熱心な方ばかり。

離乳食講座


それゆえ、マニュアル通りに進まない我が子のことが心配で心配で…とお話を聞きに来てくださいます。

個別離乳食講座


一緒に講座を受けられた方の悩みを聞くと、実はみな、悩んでいることは同じなんだと分かって、みなさん、ほっとされます。


巷の離乳食講座では聞けない話をたっぷりとさせて頂くので、みなさん、気が楽になったと言われます。

そんなお声を一部ご紹介させて頂きます。

今日は、悩んでいたことをたくさん聞けてよかったです。
息子の普段の様子を詳しく聞いてくれた上で、いろいろアドバイスをしていただけたので、とても参考になりました。
ブログで拝見していたベビーチェアや木の椅子、丸太なども実際に見させてもらえて、息子もご機嫌に椅子に座ってくれていたので、購入の参考にもなりました。
本には載っていないことを聞いて、一人で考えすぎて離乳食の進め方に悩んでいたことが解消されました。
私の育児の悩みもいろいろと聞いて下さり、心がラクになりました。
離乳食講座を受けさせてもらえてよかったです。
また、次のステップに進んで、困ったことが出てきたら、受講させてもらいたいと思います。
(Kさん)

もともと、離乳食の「進み方」がマニュアル通りじゃなくてもあまり焦りはなかったのですが、やっぱりそれで問題ないんだなぁ、と確信しました。
離乳食の「あり方」が、区役所や母子手帳の通りじゃなくてもいいというのは、なかなか目から鱗でした。
特に、世界の離乳食事情を知ると、子は何でも育つもんだとわかり、もっと自由に取り組んでいいんだなぁと思いました。
その一方で、自由とは言っても子どもに良くないことはしたくない気持ちから、結局マニュアル(=支持のあつい情報、経験値の高い情報)に安心する自分もいます。
違うことをするのは勇気がいりますね。
今までマニュアル離乳食で進んで来てるから、いきなり親の物を分けるのには不安を感じました。
我が子の場合は、スプーンでも食べてくれるが、手づかみでも食べたがるので、うまく融合できたらなーと思います。
米パンという面白いメニューを教わってワクワクしました。
手づかみ食べのメニューの一つにうまく取り入れられたらと思います。
柔らかい手づかみメニューは多くないので、米パンをなるべく柔らかめに仕上げたいです。
(Wさん)

過去に上の子が離乳食をなかなか食べず苦労したこと、私が卵アレルギーのため離乳食を始めることに不安があったので、2人目の離乳食が始める前に、もう一度勉強しておこうと思い、講習を受けました。
離乳食の意味、食べさせ方、進め方、困ったときの対応など、教科書にはない実践的なことを教えてもらったので、役に立ちそうです。
上の子が食べなかった時の背景を思い出すと、「そういうことだったのか!」と、納得することもありました。
また、目の前で、お米で作るパンを教えてもらえたのが良かったです。
子どもをよーく見ながら、この時期を楽しく過ごしていきたいと思います。
ありがとうございました。
(床井多恵さん)

・アレルギーの心配があり、いつから始めるか迷っていました。
講座は実例などもあって分かりやすかったです。
市などでやっている離乳食の話とはまた違って、よかったです。 ためになりました。
離乳食を進めていって悩みが出てきたら、別の講座も聞いてみたいです。
(Yさん)

スプーンのことや食べる環境など、自分では全然気づかなかったことを教えていただけて、とても参考になりました。
(Kさん)

「何で食べてくれないんだろう」
「私の作り方が下手なのかな?」
「もっと美味しく作れたら、喜んで食べてくれるのかな?」

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない時、ママは自分の料理せいだと考え、自分を責めがちです。

でも、どんなに美味しいメニューを作っても、食べてくれないときは食べてくれません。

メニュー以外にも、赤ちゃんが食べない理由はたくさんあるのです。

「うちの子、マニュアル通りに進まないけど大丈夫?」

ママの気持ちが楽になるように、マニュアルには載っていないコツを、たっぷりとお話ししています。





離乳食講座


この講座を受けたからと言って、赤ちゃんが100%食べるようになる訳ではありません。

なぜなら、その赤ちゃんによって、離乳食を食べる時期はどうか身体の状態が違うからです。

でも、ママの悩みは格段に少なくなります。

今回は、講師自宅で開催しますので、小さなお子様連れの方でも、気兼ねなくご参加いただけます。

へや


こちらのお部屋でお待ちしています。

もちろん、お子さま連れでお聞きいただけます。

今回は、お正月企画ということで、お米のパンも作っちゃいます^^

卵、乳、小麦を使わないので、アレルギー児にも安心ですよ。

では、講座のご案内です。

「ママのせいじゃない!赤ちゃん主体で考える、目からウロコの離乳食講座」

●当日の流れ

自己紹介、悩みのシェア

【講義】
離乳食の6つの悩みを解消しよう

1「離乳食の進め方があっているかわかりません」
(1) 赤ちゃんの口の動きと舌の動きの発達
(2) とっても大事な「食べさせ方」の 5 つのポイント
(3) 食材選びのポイント

2「離乳食を食べてくれません」
(1) 食事内容の問題
(2) 食事内容以外の問題

3「食物アレルギーが心配です」
 
4「赤ちゃんの食べ方が気になります」
(1) 座って食べません
(2) コップ飲みの練習法
(3) スプーン・フォークの持ちかた

5「これで栄養が摂れてますか?」
(1) 栄養バランスは気をつけなくていい?
(2) 楽して安心な食事の考え方
(3) おやつとジュースの考え方

6「離乳食がうまく作れません」

※参加者の方に合わせて、重点的にお話しする内容を変更しています。


お米のパンのデモンストレーション(お正月企画^^)

質疑応答

ママティータイム

●日時 
1月11日(水) 

●時間
10:30~13:00

●対象
・離乳食を食べなくて困っているママ+赤ちゃん(おおむね1歳半まで)

他にもこんな方におすすめです。
・いつから離乳食を始めたらいいか不安な方
・これから先に離乳食を開始する方
・一般的な離乳食指導でお悩みの方

●定員
5組さま→残2組さま

●場所
講師自宅(大阪市城東区関目)自宅教室のため、予約時に詳細をご案内致します。
※京阪関目駅より徒歩6~7分、地下鉄谷町線関目高殿駅より徒歩12~13分

●持ち物
 ・オムツ、着替えなどいつものお出掛けの準備
 ・筆記用具 

●参加費
4,000円

【重要】
お申し込みの前に、必ずご予約前の注意点・キャンセルポリシーをご一読いただき、同意された上で、お申し込みくださいますよう、よろしくお願いします。


>>ご予約前の注意点・キャンセルポリシーについては、こちら

お申込みはこちらからお願いします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8a4f100a325980

ご質問は、下のお問い合わせよりお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

●色々ありまして(笑)

いつもありがとうございます。
ふじいくみこです。

 

あけましておめでとうございます。

 

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

ブログの更新が滞っていました。

 

その理由はま〜、色々とあるんですが。

 

この1ヶ月、人生を揺るがすような激動の変化がありました。

 

あまりにもすごくて、こちらのブログに書く余裕すらなく…。

 

その時その時の心情の変化、生き方の変化は

 

実はFBで綴っていました。

 

FBを見ている人からは「くみちゃん、別人になったね〜」と言われます(笑)

 

自分でもその変化に驚いているんですが、まぁ、人生楽しくなった!!!

 

生まれ変わった感じですね〜。

 

わたしの変化に興味のある方は、ぜひFBの方を見てください。

 

リクエストしてもらえると嬉しいです。

 

(その際、ブログからきました、と一言メッセージくださると、喜びます❤️)

 

FBはこちら

 

バナーを貼りたかったけど、うまくできずに断念。

 

これからどうなるんだろう、わたし…という感じですが、どうぞよろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「離乳食講座を受けたいです!」というお声をいただきました。

いつもありがとうございます。
ふじいくみこです。

離乳食講座を受けたいです!というお声をいただきました。

 

嬉しいですね^^

 

こちらの講座は、座学(120分)で「離乳食の悩みの解決策」をぎっしりお伝絵しています。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

今のところ、年明け1月11日(水)を予定しています。

 

しかも!

 

「お米のパンも知りたいです〜!!」というリクエストもあったので、今回はプラスアルファでお伝えするかもしれません。

 

うふふ。

 

楽しみにしておいてください。

 

近日中に募集を開始しますね。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【募集開始】12/19「すぐ実践できる!安心できる食品の選び方」

(12/4追加)開催時間が10:00からに変更になっています。

いつもありがとうございます。
ふじいくみこです。

ちょっと食のことに意識を向けてみたら…

醤油も、特売の数百円のものから、1000円を超えるものもあるなぁ…。

砂糖って…、色のついている方がミネラルがあるんだっけ?

みりんも、すごく値段の差がある!

合成清酒って安いけど、普通のお酒と違うの?

みそは、だし入りとか液体みそもあるし…。


だしの素はよくないって聞くけど、だしを取るのも手間だし…。

子ども用に売られているソーセージは、化学調味料無添加だからいいのよね?

1歳からのお菓子は、子どもが食べても安全だから、売られているのよね?

〇〇の素って、便利だからよく活用してしまうんだけど…。

大豆(遺伝子組み換えではない)って書いてあるけど、書いてないものは、危険なの?

肉は、国産と外国産で値段の差が激しいけど、あれってどうなの?

卵は、茶色い方が栄養があるの?

みなさんは、そんな経験がありませんか?

ちょっと意識を向けると、途端に食品の選択ができなくなってしまいます。

調味料


でも、ちょっとしたポイントさえ理解しておけば、安心してお買い物ができます。

何を見て、選べばいいのか?
どんな場所で、買えばいいのか?
子どもの食事は、これでいいの?


そんなコツをお伝えする講座を開催します。(お子さま連れでも、受講していただけます)

今回は、小さな子どもを持つママが、普段の生活の中で気をつけることのできるポイントを、分かりやすくお伝えしようと思っています。

【注意】食の安全安心に関して、ある程度の知識のある方に対する、専門的な講座ではありませんので、お間違いのないようにしてくださいね。

食品の選び方講座1_20160127


以前、こちらの講座にご参加下さった方の感想をご紹介します。

食の安全について、少しかじり出した所ですが、知ったことで自分の首を締めるような状態になっていたので、自分の中の基準を作るポイントが詳しく知れて良かったです。
まずは、調味料から気をつけていきたいと思いました。
(Mさん)

表示義務のない食品添加物の恐ろしさ。
日本産は安心っと思い込んでいましたが、逆にEU の方が規制を厳しくしているという事実。
とりあえず、赤色○号や亜硝酸ナトリウムは避けることからやってみます。
食品添加物、、挙げるときりがなく、そして、抜け道まで用意されている?なんて、、、、と、一体どーやって食を選んだらいいんだ!?と、ちょっと焦りました。
でも、藤井さんの要所要所で言ってくださった『ただ、知っておくだけで選び方が変わってくる』『無理なく』という言葉に、救われた気がします。
私も、今日の教えていただいたことを頭に入れて『無理なく』自分なりに選択しようと思います。
(奥菜穂子さん) 

添加物入っているものが多すぎて、何を避ければいいのか全くわからず、子供の湿疹が出る原因を探れなくてこまっていたので、参加しました。
「できる範囲で、人間関係を壊さない程度に」というセリフが印象的でした。
ムキになって、排除してしまいがちですが、その言葉でブレーキをかけていただきました(笑) 開催していただいて良かったです。
知らないより知っていないと駄目だと心から思いました。
国絡みの陰謀か??と思ってしまいました。 
添加物の入っていないもので作る、美味しいおかずについて知りたいです。
リラクゼーションサロンBLUE BIRD 星川千亜紀さん) 

子供に、出来る限り添加物を避けた食事を…と思いながら、知識なく、とにかく無添加と書いてあるものを購入してました。
でも、信じていいの?と疑問で、しっかり知りたいと思い参加しました。
家に帰って、無添加と書いてあるものを詳しく見ると、しっかり、入ってました。
全部避けることは不可能ですが、まずは、調味料だけでも本物にしようと思います。
(Aさん)

食品添加物のこと、食材の選び方、調味料の選び方が知りたくて、今回のセミナーに参加しました。
食品添加物のすべてを避けることはもちろん難しいことだと思っていたのですが、知った上で、自分のルールの上で選ぶことが大事だと思いました。
商品のパッケージの表だけじゃなく、裏の表示をよく見た上で選んでいきたいと思います。
自分の家での食材選びの参考になりました。
パン教室でもお伝えしていたいと思います^^
遺伝子組み換えの意味もよく分かりました。
ストイックになりすぎず、食材選びや食事を楽しみたいと思います。
今日は本当にありがとうございました!
(加古川の手ごねでふんわりパンが作れるパン教室講師 足立千晶さん)

1歳6カ月の息子のために知りたいと思い、参加しました。
離乳食を作るようになってから、食材や調味料を気にするようになったのですが、ちゃんとした知識がなかったので、判断もできず…。
そろそろ味付けをしようかと考えていた(今まではだしばかり)ので、とっても参考になりました。
裏ラベルをしっかり見て、購入を考えていきたいと思います。
(Kさん)

両親が昔から食品添加物には注意して食品を選んだり、調理する家庭で育ったのに、私はといえば、これまであまり意識した生活をしていませんでした。
実際のお話をきいてみて、GM作物についてや食品表示の見方などを知り、今まで知らずにいたことを恐ろしく感じました。
これから、今までよりも少し気をつけて表示を見たいと思いました。
しょうゆを選ぶとき、安いものにはほとんど「アルコール」と混ぜ物が書いてあるので、それは買わない方がいいよ、と母が昔言っていたのは、本当だったんだな…と、子どもや家族のために食に気を使ってくれていた母に感謝するきっかけにもなりました。
(Kさん)


開催レポはこちら(1回目)
開催レポはこちら(2回目)

将来、その生活を続けると、子どもは本当に健康になれるんだろうか?

あまりストイックにはなりたくないけど、普通に売られているものを何でも与えるのはどうかと思うし…。

ママが知ることが、将来の子どもの身体を左右するかもしれません。


売れているものが、身体にいいとは限りません。

食品添加物は、100%安全とは言い切れません。

加工食品


化学調味料無添加!とアピールしている商品にも、実は落とし穴があるケースもあるんですよ。

でも、食品添加物は、悪者ではありません。

今の世の中から、食品添加物が全てなくなったら…。

私たちの食生活は大変なことになりますよ。


この講座では、いろんな視点から、今日から改善できるポイントをたくさんお伝えします。

ぜひ、ちょっとしたコツをつかんで、子どももママもパパも、今より少し身体に負担を掛けない生活ができるようになってもらえたら…と思います。

家族


ちょっと意識を向けることで、家族みんなが笑顔になれるといいですね。

それでは、講座の内容です。

「すぐ実践できる!安心できる食品の選び方」
~子どもの食事、どうしたらいいの?~


●講座のプログラム
・食品添加物のイロハ
・遺伝子組み換え食物とは?
・肉・魚・野菜の選び方
・本物の調味料と、にせものの調味料
・食べ物以外に気をつけたいもの
・子どもの食事の考え方
・子どものお菓子の選び方

注:内容は一部変更になる場合があります。

●日時 
2016年12月19日(月)
10:30~12:30
※10:00〜12:00に変更になりました!

●場所 
講師自宅(大阪市城東区関目)
自宅教室のため、予約時に詳細をご案内致します。
※京阪関目駅、地下鉄今里筋線関目成育駅より徒歩6~7分
地下鉄谷町線関目高殿駅より徒歩13〜14分

●受講料 
4,000円

※再受講をご希望の方…3,000円

●こんな方におすすめ
食の安全、安心に関して、学びたい方
食べ物が気になるけど、表示の見方がわからない方
子どもの食事に関して、知りたい方

※このセミナーは、どなたでもご参加いただけますが、初歩的な内容なので、専門的な講義ではありません。

●定員 
6名

●その他
この講座は、お子様連れでご参加頂けます。
お一人でご参加の方も大歓迎です。
(お子様連れの方がおられることをご了承ください)

【重要】
お申し込みの前に、必ずご予約前の注意点・キャンセルポリシーをご一読いただき、同意された上で、お申し込みくださいますよう、よろしくお願いします。

>>ご予約前の注意点・キャンセルポリシーについては、こちら

●講座の申し込みはこちらからお願いします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2709001f407933

気楽な気持ちでお越しくださいね。

あなたとお会いできることを楽しみにしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)