栄養素を語らない心理栄養士ふじいくみこ

栄養素を語らずして、何を語る!?
いえ、栄養素以外にもとっても大切なモノがあるんです。
子育てを通して気が付いた、ママと子どもの「食」を中心に、
身体や心のお話をお伝えします。
離乳食や食物アレルギーでお困りの方、一度お読みください^^


テーマ:
「子どもが美味しそうに、周りのお友達を見ながら食べているのを見て、本当に嬉しかったです」

いつもありがとうございます。
ふじいくみこです。

先日、取り分け離乳食の料理教室を開催しました。

IMG_8107

自分で食べれるよ!これおいしいね〜^^

IMG_8073

お友達がいると、食べたくなるね

IMG_8089

ママに手伝ってもらわなくても、食べれるよ!

IMG_8117

もぐもぐ、おいしいね^^

IMG_8110


食べる意欲を感じますね!

講座では、一部ママに料理もしてもらいます。

IMG_8062

みんなで簡単なホイル焼き作り。

IMG_8064

何してるの〜?と興味津々でのぞいていました。


一緒に食べるコツ、食べさせ方などたくさんお話ししました。

なるべくシンプルなもので素材の味を味わってもらいたいと思って、茹で野菜やお米しかあげてなかったので、食べ飽きていたのか、少し味をつけたものや、いつも少し食べて投げている野菜をしっかり食べてくれて驚きました。
お米のパンもすぐにお口に入れて食べていたし、すごく離乳食を難しく考えてしまってたので、子どもの様子を見てなんでも食べさせてみるのも大切だと思いました。
子どもが美味しそうに周りのお友達を見ながら食べているのを見て、本当に嬉しかったです。
少しの調味料で簡単でとても美味しかったのが感動でした。
一人一人の悩みに丁寧に答えてくださって、ずっと話を聞いていたかったです。
(伊藤享子さん)

作っているところを直接見ることができたので、自分なりにアレンジしてやってみたいと思いました。
サツマイモも茹でるだけのことが多く、人参と炒めるというアイデアがなかったのですぐにでもやってみたいです。
親の夕ご飯の一品にもなって便利そう。
お米のパンが子どもは一番気に入ったみたいだったので、作ってみたいです。
(Kさん)

米を使ったパンの作り方が知れたのですごくよかったです。
新聞紙を使った椅子も作ってみようと思います。
手づかみ食べをし始めたばかりだったので、今回のメニューは娘には少し早いかな〜という感じだったけど、もう少ししたら試してみようと思います。
みんなが食べている間に眠っていたので、起きた時にはみんな食べ終わってしまっていて、一人で食べるのはつまらなそうにしていたので、やはり環境って大事だなぁと感じました。
同じ月齢くらいのお子さんの食べている姿を見れて、刺激になりました。
(末廣まゆ子さん)

今日はありがとうございました。
食材の切り方、大きさがとても参考になりました。
今日くらいの大きさだと、大人も食べ応えがあって満足がいきそうです。
私自身の食事も、こんなにしっかり1食分食べたのは久しぶりです!
親子でしっかり食べていきたいと思います。

調味料もいい勉強になりました。
(Nさん)

自分が料理があまり得意でないということもあり、なかなか取り分けのやり方がわからず、今回たくさん話が聞けてとても勉強になりました。
正直、調味料なども何を使っていいか分からなかったので、そうか塩こうじか!と目からウロコでした。
この味付けなら、赤ちゃんにも優しくて上の子もパパも満足いただけると思います。
最後の調味料の話、見直すのにいい機会だと思いました。
子どもの口に入れるものですものね〜。

(迫菜子さん)


・お友達がいると、つられて食べる子

・ママが一緒なので、安心して口を開ける子

・普段は歩き出してなかなか座らないのに、じっと座って食べる子

そして

・あれだけ食べないと悩んでたのに、子どもの変化にびっくりするママ

・子どもと一緒に料理を食べれて、びっくりするママ

・子どもが自分で手づかみしてる姿に、感動するママ


この講座では、そんなママと赤ちゃんの姿がたくさん見られます。

IMG_8071

IMG_8087

IMG_8084


IMG_8123

IMG_8111


普段、我が子以外の子と食事をする機会はあまりないと思うので、周りの子の様子が見れると参考になりますね。

悩みを共有することで、みんな一緒なんだ〜と思えるから、少し気持ちも楽になることも。

取り分け離乳食は、決して全てのメニューを食べさせることはしていません。

まずはママが食べてみて、これならうちの子もいけそうかな〜というのを判断してもらってから試しています。

同じ月齢なら同じものが食べられる、というわけではありませんからね。

IMG_5395

みんないい笑顔^^

少しでも気持ちが楽になってくれたみたいで、よかったです。

こちらの講座、8~9月に開催予定です。

リクエストがあれば、こちらからお問い合わせくださいね。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●クレオ大阪子育て館より、離乳食講座のご依頼を頂きました。

いつもありがとうございます。
ふじいくみこです。

クレオ大阪子育て館よりご依頼を頂き、秋に離乳食講座を開催することになりました。

【子育て支援セミナー】離乳食講座~3回食を始めるその前に不安を解消しよう!~

日時:9月14日(水)13:30~15:30

場所:クレオ大阪子育て館(地下鉄谷町線・堺筋線、阪急天神橋筋六丁目駅すぐ)

対象:概ね5~8か月の子どもを持つ保護者

なんと受講料は無料だそうです!

一度聞いてみたいな〜という方は、ぜひお申し込みくださいね。

詳細はこちらをどうぞ

クレオのような公共の場で開催するのはもちろん初めてですが、今からワクワクしています^^

フリーで活動している管理栄養士だから言えることがあります。

私がもし保健所に所属していたら、言えないことや言いにくいこともあるんです(苦笑)

当日は交流会もあるそうなので、少しでもママの気持ちが楽になるように、お手伝いさせていただきますね!

離乳食講座(スマイルママ)1_20151

離乳食料理講座


離乳食講座
(以前の離乳食講座の様子)


その他の講座
・目からウロコの離乳食講座(座学)
・手づかみ食べのイロハ(座学+試食)
・取り分け離乳食の料理教室(座学+試食)
・【新規開催】幼児食の料理教室(座学+試食)
・安心できる食品の選び方(座学)
は、現在日程調整中です。

参加のご希望がありましたら、こちらからお問い合わせくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
講座のお話でとても勉強になった「食べさせ方」を実践していきたいと思います。

いつもありがとうございます。
ふじいくみこです。

ベビーマッサージの教室をされている高橋真由美先生のところで、「ママの気持ちが楽になる!知りたいことが聞ける離乳食講座」をお話しさせていただきました。

離乳食講座(高橋さん)1_2016071


高橋先生のところでお世話になるのも、これで3回目。

高橋先生はママ目線で優しく新米ママさんをサポートされている先生なので、ベビーマッサージの教室もとても人気があります。

大阪市北区でされているので、お近くの方は一度行ってみてくださいね^^

今回もとても熱心なママさんが多くて、たくさんの質問がありました。

離乳食について何の知識もないまま始めたので、少しは学んでみたいと思い参加しました。
不安に思っていたことが聞けてよかったです。
あまり気にしない性格なので、ちょっとくらい気にしようと思えた有意義な講義でした。ありがとうございます。
(浅野知世さん)

これまで独学で離乳食を作っていて、分からないことがたくさんありましたが、講座のお話でとても勉強になった、教えていただいた食べさせ方を実践していきたいと思います。
(Kさん)

お砂糖について少し考えていました。
でんぷんで…と知れてよかったです。
今後悩むことが増えると思うので、またお世話になりたいです。
ありがとうございました。
(Tさん)

野菜などを無理に食べさせなくても良いというのは、すごくありがたいお話でした。
本の通りに完璧にしなくても子どもは育つんだと世界の離乳食のことを聞かせてもらえたので、気持ちが楽になりました。
マイペースに進めてみたいと思います。
(Yさん)

改めてふじい先生の離乳食講座を受講させていただいて、少し調味料に偏りがちだった食事を見直そうと思いました。
ありがとうございました!
(Sさん)

離乳食講座(高橋さん)2_2016071


限られた時間で、たくさんのことをお伝えするために、いろんな写真や食具を使って^^

離乳食が原因で下痢をしたらどうしたらいい?

おやつとジュースと上手に付き合うには?

アレルギーがもし出たらどう対応したらいい?

卵はどの辺りから試していくのか?

簡単な出汁の取り方は?

毎日同じ食材を食べさせてもいいのか?

調味料の使い方は?


お子さまたちも途中からZzz…と寝てしまい、ママさんには集中して聞いてもらえたかな?と思います。

私はこれが絶対にいいという離乳食の進め方が、はっきり言って分かりません。

ママの「こうしたいな〜」という進め方も千差万別です。


だから、いろんな情報を知った上で、こうしてあげたいな!を基準に進めてみて、赤ちゃんの様子を確認してはいかがですか?とお伝えしています。

離乳食講座(高橋さん)3_2016071


もちろんどんな方法にもメリットやデメリット、リスクもありますから、たくさんの先輩ママの事例、私自身の失敗談をお伝えすることで、「うちの子は、ここには気をつけよう。これを試してみよう」につなげてもらえたらと思います。

私自身、あ〜、こうしたらよかったな〜ということがたくさんありますので(笑)

高橋先生、何度もお声をかけていただきありがとうございます。

参加いただいた皆さま、素敵なご縁をどうもありがとうございました。

こちらの講座はリクエストがあれば、出張でお話しさせていただきます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「今すぐに改善したいと思ったのは、姿勢のことでした」

いつもありがとうございます。
ふじいくみこです。

「フォークはいつ頃から、どうやって使い方を教えたらいいですか?」

そんなご質問があったので、ボクにフォークを渡してみました。

離乳食講座3_20160607

まずは握って、嬉しそう^^

離乳食講座1_20160607

ん〜、これは何だろう?

じっと見つめていました。

フォークに抵抗感を示さず、興味深そうな様子。

じゃぁいけるかな?と思い、この後あることをすると、自らフォークを口に運べたんですね。

ママ「あっ、フォーク使えましたね(笑)」

赤ちゃんの内なる声を聞きながら、適切なサポートができると、案外スムーズに食具(フォークやスプーン、コップ)が使えるようになりますね。

ポイントは、無理強いしないことです。


幅広い視点でお話が聞けて、とても参考になりました。
これからどういう風に離乳食をしていけばいいのか、息子の食事に向き合っていけばいいのか、たくさんのヒントを頂けたので、不安も解消されすっきりした気持ちです。
ご飯を使って、実際にレクチャーもしていただけて嬉しかったです。
手作りグッズ、長く使えるグッズの紹介もすごく参考になったので、家に帰ってゆっくりと見てみたいと思います。
盛りだくさんの内容をありがとうございました。
(Aさん)

もう離乳食は終わってしまったんですが、マニュアル通りに進まないことにイライラして心が折れてしまい、偏食がすごくなってしまいました。
もし次また赤ちゃんを育てることがあれば、どんなことに気をつけていけばいいか教えて欲しくて参加しました。
今までマニュアル通りの離乳食しか知らなくて「え?それでいいの?」ということがいっぱいで、今後料理教室に来てくれるママたちにもお伝えしたいと思いました。
特に、今すぐに改善したいと思ったのは、姿勢のことでした。
今までずっと椅子とテーブルの高さが合わずに食べにくそうにしていたので、まずそれを改善したいと思いました。

これからお子さんが大きくなられたら、幼児食とかの話も聞きたいです。
(Aさん)

離乳食はこうするものだ〜という枠組みは、育児雑誌や、先輩ママ、NETの情報が積み重なってできていきます。

「離乳食は、たくさん一度に作って、冷凍すると便利よ〜」と先輩ママに聞くと「へ〜、そうやるもんなんだ」と思う。

味付けが難しいから、市販の赤ちゃん用のだしやホワイトソースの素を使うとアレンジしてるよと聞くと「へ〜、そうするもんなんだ」と思う。

水分補給にはスパウト、マグ、ストローの適した月齢を聞くと「へ〜、全部使うもんなんだ」と思う。

離乳初期に与えるうどんは、すり鉢ですりつぶすと雑誌で読むと「へ〜、そうしなきゃいけないんだ」と思う。

炭水化物は、おかゆ、おかゆ、パン、パン、うどん…と日替わりの例を見ると「へ〜、おかゆばかりではダメなんだ」と思う。

確かにそれも一つのアイデアだと思うけど、そうじゃなくても大丈夫!ということはたくさんあります。

冷凍しなくても、簡単に美味しく作れるコツがあります。

0歳児にホワイトソースを使ってバリエーションを増やさないと食べない、ということはありません。

水分補給は、いろんなコップを使わなくも、いきなり湯飲みで練習することもできます。

離乳初期は、わざわざ手間暇かけてうどんを与えないといけない理由もありません。


つまり、いろんな方法があるので、こうしなければならない!の枠にとらわれないでも大丈夫です。

私の講座ではそんなことをお伝えしています。


離乳食講座6_20160607

目からウロコの離乳食講座(座学120分)の次回の開催予定は未定です。

8月か9月、リクエストがあればこちらからお問い合わせくださいね。

さて今日は、ベビーマッサージの先生のご依頼で、離乳食のお話をしてきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
座面、足板の位置も調整し、食べやすい姿勢になりました。

いつもありがとうございます。
ふじいくみこです。

多くの赤ちゃん用の椅子には、ベビーガードが付いています。

自分で体を支えきれないうちは、ずり落ちないために必要なものです。

私は、先輩ママに紹介してもらった「ストッケ」の椅子を愛用しています。

食事の時はどんな椅子がいい?

次男はすでに3歳を超えましたが、ストッケの椅子のベビーガードをつけたままでも、まだ自分で出入りできます。

普通は1歳半くらいで外すのかな?

へぇ〜3歳でも入るんだ〜と、ちょっと驚きだったんですが…。

私がずっとガードをつけたままにしていたのは、自宅の離乳食講座に来られた赤ちゃんに試しに座ってもらう機会もあったためなんですが。

でも次男のために、もういい加減取り外してあげよう!と思い立ち、ようやく外しました。

IMG_0171

長いこと、ありがとう^^

たくさんの食べ物カスが、時の流れを物語っていました。

IMG_0175

椅子もスッキリ!

お兄ちゃんと一緒の椅子になって、次男も嬉しそうです。

座面、足板の位置も調整し、食べやすい姿勢になりました。

やはり、姿勢はこまめにチェックしてあげないといけませんね。

さぁ、たくさん食べて、大きくなあれ!


最後まで読んでいただきありがとうございました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)