万華鏡の光と花のパステルアート福岡~HeART Garden(ハート・ガーデン福岡)~

  自由に指で描くパステルアートは癒しのアート。
  表現をもっと自由に、気楽に。人生はアートです。
  「色」という「光」を感じながら、パステルアートを通して
  あなたらしさを咲かせましょう♪

お越しいただきありがとうございます♪
すべての講座はリクエスト開催ですので、気になる講座があればご連絡くださいね。「どの講座から受けたらいいかわからない…」という方も、お気軽にお問い合わせください。

オープニングへの一歩に、あなたのエネルギーをお貸しください。
パワーを動かしブレイクスルーすることで
あなたのエネルギースペースや未来の可能性を広げます。
なにかが繋がって、ステキな変化が起こるかも♪

ご連絡をお待ちしています(^ ^)

手紙 メールでのお問い合わせ・お申し込みはこちらから 手紙

携帯は0☆0-5210-1229へ。

(☆を 8 に変えてくださいね)
NEW !
テーマ:

万華鏡の光と花のパステルアート福岡~HeART GARDEN~の麻生anna(アンナ)君枝です。

 

万華鏡ワークショップ&インストラクター講座を

開催します花火

リクエスト、ありがとうございますラブラブ

ワークショップのみの参加も大歓迎です。

 

オイルタイプの万華鏡をご自分でもつくることが

できるようになる万華鏡インストラクター講座。

大阪の手作りの店ワンタローの店認定の資格です。

 

癒しの万華鏡作りワークショップ&インストラクター講座
**********************************
万華鏡作りワークショップ&インストラクター講座  
**********************************

 見るたびにゆっくりと動く、美しいオイルタイプの万華鏡。  
その万華鏡を自分で作れるようになりたいと思いませんか?  
この講座を受講すると、あなたも万華鏡作りのワークショップを開催することができるようになります。  
 
【日時】2017228日(火)  
     10:00~12:00 万華鏡作りワークショップ (これのみ参加も大歓迎/4000円) 
     12:00~13:00 お昼休み
     13:00~17:00 インストラクター講座 テキスト&実技  
 
【場所】 
アートサロン HeART GARDEN

      (福岡市南区大楠3-22-17-207 )

西鉄高宮駅から歩いて1分、100歩くらいです。高宮駅 北口から出て高架沿いに天神方面へ歩くと、右手にセブンイレブンが見えます。そのまままっすぐ高架下を歩くと、右手に白い3階建てのアパートがあり、そこの207号室です。車でお越しの場合は、近くにコインパーキングがたくさんあります。


 
【対象】大阪/ワンタロー手作りの店認定インストラクターによる万華鏡ワークショップを受講したことのある方。当日10時からのワークショップにおいでいただければ大丈夫です。  
 
【内容】万華鏡の歴史や種類・構造などを知っていただき、万華鏡を3本をご自分で作っていただきます。   
【講座費】ワークショップは万華鏡一本につき4,000円
インストラクター講座は 28,000円(テキストと万華鏡作りスターターキットおよび認定料2,000円を含む)  
 
【持ってくるもの】ワークショップは手ぶらでどうぞ。
インストラクター講座は 筆記用具や眼鏡等が必要な方はご持参ください。  
 

【インストラクターを取得すると】

*修了後、ワンタロー手作りの店より、万華鏡作りインストラクターの修了証が発行されます。  
*テキスト付き  
*万華鏡は、高さ10cmのアクリルで、オイルタイプの万華鏡です。  
*スターターキットは、万華鏡3本分のキットを始め、特殊な接着材やオイルなどを含んでいます。  
*修了後、万華鏡作りのワークショップを開催することができます。  
 
↓TNCテレビ「ももち浜ストア」で紹介された癒しの万華鏡作り
 
 

 

image
 
手紙 メールでのお問い合わせ・お申し込みはこちらから 手紙

携帯電話は0★0-5210-1229(★を8にかえてね)


 

いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

万華鏡の光と花のパステルアート~HeART GARDEN~ハートガーデン福岡の麻生anna(アンナ)君枝です。


「結晶の花との出会い」

「始めて結晶の花を描いたとき」

「結晶の花~試行錯誤しながら見つけたこと」

 

をブログにまとめてきました。

自分がたどってきた道を振り返るのは結構、面白いものですね。

「麻生さんもそうだったのね、安心しました!」

「心が軽くなりました」「心に響きました」とご感想をいただき、私も嬉しいなぁ~と思っていますラブラブ

 

さて今日は、「初めて結晶の花マイスター講座を開講した日」のつもりだったのですが、その前に、少しパステルアートとの出会いを振り返ってみます。

2011年の春、私は結晶の花を習う前に、パステル和(NAGOMI)アートの正インストラクターを取得しました。

 

とある熊本の友人が、こころ実 さんの準インストラクター講座を受講すると聞きました。
それで「へぇ~パステルアートねぇ」と、絵に興味があった私は「じゃ、私も行く―ドキドキ」てなノリ(←またこれだよ)で、一緒に行きました。

そしてこれまた当然ですが最初から思うように描けたわけではなく、でも絵が描けることが嬉しくて、時間を作って練習していました。

 

時は東北大震災直後、日本は深い悲しみとともにありました。

遠く離れた九州で、なにをすることもできず、私はこんなことを始めました。

パステルアート・マラソン for Love & Peace

フルマラソン42.195キロになぞらえて、43枚のパステルを描いていきました。

まぁ~最初の絵の・・・素朴なこと!(笑)

 

全部見たいと思う 怖いもの見たさの方はこちらをクリック

これを見ると分かりますが、自分で言うのもなんだけど、枚数を描くうちに、だんだん描くことに慣れて上手に(!?)なっていってますね(笑)。

 

そして当時は、パステルアートを知ってもらいたいな~見てもらいたいな~と思って、無謀にも市民センターで個展を開いています

なんて図々しいんでしょう!いま振り返って自分でもビックリしました。

そして市民センターの一室を借りたり、カフェのスペースを借りたりして、何度かパステル和(NAGOMI)アートの体験会をやったりしていました。


ワークショップや講座を開催するのに、場所はどうしても必要ですね。
5年前はともかく、今はカフェだったりレンタルスペースとかも増えたので、初めての方はそういったところを探すのもいいのではないでしょうか。もちろん、ご自宅で開講できる方は、それがいちばん経費がかからなくていいですねラブラブ


てなわけで、私的な振り返りでしたが最後まで読んでいただいてありがとうございました照れ

 

明日から3日間、大阪に行きますので、続きはしばらくお待ちくださいませ~。


今日、描いた「結晶の花~聖花ステンドグラス~」

続けていけば、成長できますねキラキラ
この女神(マーメイド)のように、楽しみながら好きなことを追って・・・。
 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

万華鏡の光と花のパステルアート~HeART GARDEN~ハートガーデン福岡の麻生anna(アンナ)君枝です。

 

昨日のお話しの続きからですが、結晶の花を習ったけれど自分で納得できるお花が描けなかった私。

 

当時、描いてみたものはこんな感じです。

私は頭が固いのかエゴが強いのか、曼荼羅を習っていたのでそこから抜け出せませんでした。

「もしかして私はお花は向いてなくて、曼荼羅を描くほうが向いているのかしら?」なんて思っていました。いま思うと、向いているとかじゃなくて、どちらを描くと楽しいのか、好きなのか。それが大事です。

(今はお花と曼荼羅のモチーフの違いも分かるようになったので、どちらも好きです)

 

無理やりお花っぽくしてもこれくらい。

 

ううぅー、なぜmaruさんのようにならないんだ!ショボーンしょぼーん。

と、いま思うと笑えるんですけど、そう思っていました(笑)。

 

そこで師匠の結晶の花アートアカデミーの石丸留美さん(maruさん)の描いた画像をネット上から盗み、プリントアウトして凝視しました。

 

そこで自分の絵と「比べて」みて感じたこと。

講座のなかでもお伝えしていますが、

 

曼荼羅は静、お花は動。

maruさんのお花には動きがあって、生き生きとしているのです。そう、お花は生き物なのです。みずみずしさ、生命力、動き。それが色とともに表現されていてとても美しい。

(動きのある曼荼羅もあります)

もちろんmaruさんのお花は技術の高さもありますが、まずはその時に自分に出来ることとして動きをつけてみようと思いました。

↑で、たぶんひゅるーんとしたお髭をつけてみたりしたんだと思う(笑)。

 

↑動きをつけたらなんとかならんかな?と思ったんだと思う(笑)。

 

ここに載せてる画像は「まぁ、いいんじゃないか」と思ったので写真を撮りましたが、これ以外に試行錯誤してお蔵入りしたお花ちゃんたちもたくさんあります。

そうして「こうしてみてはどうだ?」「これは?」と描いてみているうちに、曼荼羅っぽさはなくなり、花らしくなっていきました。

 

お花はその人らしく咲かせるのが一番です。
maruさんの結晶の花を模写するように真似したとしても、まったく同じにはなりません。

でもそれが、いいところなんですよ。

それと、自分では「あ~このお花、ちょっとイマイチだなぁ」と思って隠していたところ、他の方から「これが好き!」と言われることがあります。…ビックリしますぅ(笑)。

 

そう、絵なんて「好み」に寄るところも大きいのです。

だから自分だけの判断で絵をジャッジしないであげてください。お友達やご家族に見せたり、ネットにアップして陽の目(人の目)=太陽を浴びさせてあげてください。

そのあとも、maruさんの絵を見ながらみつけた美しさのコツはありますが、それは講座のなかでお伝えしていますドキドキ


調子にノッてきたので、次回は初めてマイスター講座を開いた時のことを書こうと思います爆  笑


 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)