武蔵コーポレーション社長 大谷義武オフィシャルブログ

収益用不動産を通じて人生の安定を。武蔵コーポレーション社長 大谷義武オフィシャルブログ


テーマ:

全盲ろう者である福島智先生の講演DVDを観ました。

 

9歳で両目の視力を失い、18歳で両耳の聴力を失い、

つまり音と光を失ったなかで大学に行き、現在は大学の

教授を務めている方です。

日本のヘレンケラーという存在の方です。

 

光と音を失った中でも必死にかつ前向きに生きている福島先生

の姿に素直に感動を覚えました。

 

先生のお話のなかで印象的だったのは、

 

 ・人間は不完全の存在であるから他者に補ってもらっている

 

 ・辛く厳しい経験には何かしらの意味がある

 

・ たとえ目が見えなく耳が聞こえなくても生きている意味がある

  (自分の生きる使命がある)

 

・ (最後の片耳を奪われ)これ以上悪くならないと考えたらほっとした

 

等々のお言葉。

 

到底僕では出来ない境地に達しています。

ただただ頭の下がる思いでした。

 

恵まれている自分は、この命をどう使えば世の中の(日本の)ために

なることが出来るか、真剣に考えました。

 

 

 

 

いいね!した人

大谷義武さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります