武蔵コーポレーション社長 大谷義武オフィシャルブログ

収益用不動産を通じて人生の安定を。武蔵コーポレーション社長 大谷義武オフィシャルブログ


テーマ:

昨日は当社の創立記念日。

満11年になりました。

 

創立記念日と忘年会を兼ねてパーティーを開催しました。

社員と家族あわせて総勢140名。

社内での開催では過去最大になります。

 

各部門対抗の余興大会で大盛り上がりでした。

 

僕がたった一人で始めた会社が100名を越える規模になり、

今のようになるのは本当に感慨深いものがあります。

すべては社員の皆を始めとするご縁をいただいた方々の

お陰です。

感謝しかありません。

 

またそれだけ社会から期待されているということでもあり

その期待に応えていかなければと強く思います。

 

働く人が幸せで取引する方々が幸せになる皆が幸せになる

日本的経営を実現できるようにがんばっていきます。

 

来年は12周年ですので大々的にやります。

 

 

 

いいね!した人
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

全盲ろう者である福島智先生の講演DVDを観ました。

 

9歳で両目の視力を失い、18歳で両耳の聴力を失い、

つまり音と光を失ったなかで大学に行き、現在は大学の

教授を務めている方です。

日本のヘレンケラーという存在の方です。

 

光と音を失った中でも必死にかつ前向きに生きている福島先生

の姿に素直に感動を覚えました。

 

先生のお話のなかで印象的だったのは、

 

 ・人間は不完全の存在であるから他者に補ってもらっている

 

 ・辛く厳しい経験には何かしらの意味がある

 

・ たとえ目が見えなく耳が聞こえなくても生きている意味がある

  (自分の生きる使命がある)

 

・ (最後の片耳を奪われ)これ以上悪くならないと考えたらほっとした

 

等々のお言葉。

 

到底僕では出来ない境地に達しています。

ただただ頭の下がる思いでした。

 

恵まれている自分は、この命をどう使えば世の中の(日本の)ために

なることが出来るか、真剣に考えました。

 

 

 

 

いいね!した人

テーマ:

早いもので12月に入り今年も残り1ヶ月を切りました。

 

12月は僕にとって大きな意味があります。

それは会社を創った月だからです。

 

この12月9日をもって創立11年になります。

あっという間ですが、いろいろなことがあった11年でした。

(もちろん今でも毎日いろいろなことが起きていますが。)

 

昨年は10年の区切りということで、大きなパーティーを開催

しましたが、今年は11年なので大人しく。

来年は12年なので盛大にやろうと思っています。

干支で一周しますので。

 

会社の創業日というのは、創業者にとっては自分の誕生日以上の

意味というか思い入れがあります。

誕生日は忘れても、創立記念日は忘れないということです。

これは創業者でなければわからない独特の感覚です。

 

11年前400万円で会社を始めました。

お金も経験も知識も実績も何も無かったので苦労しました。

 

手元資金(全財産)が残り10万円を切ったタイミングで

はじめての売上があがりました。

1000万円程だったと記憶しています。

 

不思議とお金の心配はしていなかったのですが、今思うと

怖いことです。

当時は若くて、何事にも恐れなかったので、それが良かった

なと思います。

今は41歳になっているので、同じことは出来ません。

 

ですので、お金を稼ぐというのは本当に大変だと身に染みました。

世の中の人々の役に立って、その対価としてお金をもらうこと

が出来るのです。

この感覚は、就職してからずっと給料をもらっていたので

わかりませんでした。

 

毎月決まった日にお金をもらえるのは当たり前ではなくなった

からこそわかる感覚です。

 

その創業期にお取引いただいた方は今でも忘れず、感謝の

気持ちでいっぱいです。

物件を購入いただいたお客様、お金を貸していただいた金融

機関の支店長さん、そして専務の太田を始めとして一緒に

働いてくれる社員のみんな。

 

その後11年間で多くの苦労をしましたが、楽しかったこと

うれしかったことの方が圧倒的に多かったと思います。

本当に苦しかったことは今までに二回。

僕の社長としての力の無さゆえに、社員の退職が

続いた時期です。

だけどこの辛い時期も今では僕にとって良い経験です。

これ乗り越えたら何でも出来るだろという風に今は思えます。

社員の幸せを実現できないと会社の意味が無いと悟りました。

 

楽しかったことは、社員や社員のご家族皆で旅行に行ったり

運動会をしたり。

うれしかったことは、お客様から本当に感謝されたことです。

辛いことよりも圧倒的に、楽しいことうれしいことが多いのが

ベンチャーをやる醍醐味です。

 

こういった経験が出来ていることは、当たり前ではなくありがたい

として言えません。

 

一緒に働いてくれる社員の皆、社員のご家族、お取引いただく方々、

これは皆ご縁だと思います。

 

僕は、独立するときに周りから反対され、馬鹿にされました。

でも、当時の僕に迷いは無く、今では本当に独立してよかったと

思っています。

 

こんなすばらしいご縁をいただいたからです。

独立していなかったらそのご縁はありません。

前職とはまったく関係なく、独立して一から築いたご縁です。

たくさんのことを経験し学ばせていただきました。

絶対に普通では出来ない出会いがあり、経験も多々しました。

 

すべては感謝で、この気持ちを忘れずに、これからも一所懸命

がんばっていく所存です。

 

 

 

 

いいね!した人