武蔵コーポレーション社長 大谷義武オフィシャルブログ

収益用不動産を通じて人生の安定を。武蔵コーポレーション社長 大谷義武オフィシャルブログ


テーマ:

日本と外国の根本的な違いは性善説と性悪説にあると

思います。

 

日本は性善説の国です。

外国は基本的には性悪説の国です。

 

これは、京都の御所と外国の王様の城壁に

その違いがあります。

 

御所は無防備です。

誰でも天皇を殺せることができる状態です。

その無防備のなかに天皇は住まわれました。

国民を信頼している証です。

もっと言えば、天皇の徳で治められた国が

わが日本です。

 

ちなみに、僕の小さいころ熊谷の実家では鍵を

かけていませんでした。

これも日本らしいです。

(最近は変わってしまい僕が住んでいるマンションは

5重ロックを売りにしています。)

 

しかし、外国の王様は何重にも壁に守られたお城に

暮らしています。

国民から殺される可能性があるからです。

無防備ではいられません。

武力で国民を治めるということになります。

 

同じ治めるのでも性善説で治めるのと性悪説で

治めるのでは大きな違いです。

徳と武力の違いです。

 

ここに日本と外国の違いがあります。

 

僕は日本的経営を志向しているので、会社運営は基本的に

性善説で行っています。

 

しかし、日本でも戦後西欧的な思想が流入し、性悪説に

基づいて運営している会社が多くなりました。

 

ルール、規則を作って運用していくわけです。

ベースには社員を信用しないということがあります。

 

株式を上場すると性悪説で運用しなければならなく

なります。

性悪説にたっている株主に対してはすべて説明

できなければならないからです。

事細かに規則をつくって社員を縛っていかなければ

いけなくなります。

 

僕が、株式を公開するのをやめたのは、ここがもっとも

大きかったと思います。

やはり社員を信用して会社運営をしていきたいというのが

根底にあるからです。

出光佐三氏が出光興産を上場させなかったのはそこに

あります。

 

ルールや規則がなくても運用できる会社がいい会社だと

思います。

社員一人ひとりの規範意識です。

 

社員数が多くなると、なかなか難しくなっていく面はあります

が、いけるところまでというかずっとこの性善説にたった、

社員の規範意識を信頼する経営を実現できればと考えて

います。

これこそが日本的経営だと信じているので。

 

いいね!した人

テーマ:

今年の業務が始まりました。

 

恒例の社員全員での氷川神社に参拝。

日頃の感謝を伝えました。

「神仏を尊び神仏に頼らず」を実践できれば

と日々思っています。

 

今年は明治150年、明治天皇陛下御親祭150年の

記念の年になります。

氷川神社では盛大な式典をやるとのことです。

僕に出来ることは可能な限りしないと。

 

そして、参拝後は皆で会食(昼食)。

 

翌日から本格的に業務スタート。

 

今年は東京本部を開設したり、支店を開設したり、

新規事業を始めたり、忙しくなりそうです。

 

そのためには、まずは健康でいることが大切かなと。

去年厄年だったので本当にたくさん病院にいきました。

病気をしていると健康のありがたさを再認識します。

 

昨日は、毎年の恒例で年初の仲人さんへ家族四人で

のご挨拶に訪問。

小児科の先生ご夫妻でいつも子供をよく診てくれます。

特に去年は僕がいろいろ病気になって、いろいろな

専門医をご紹介いただきました。

感謝です。

いろいろ問題はありながら、結婚してから十二三年

家族でいられるのはありがたいことです。

妻にも(一応)感謝です。

 

平成29年が当社に関わるすべての皆様にとってよい年

でありますように。

 

 

 

 

 

いいね!した人

テーマ:

あけましておめでとうございます。

本年も引き続きよろしくお願いいたします。

 

今年は

 

 平成29年

 皇紀2677年

 明治150年

 大正106年

 昭和92年

 基督暦 2017年

 

になります。

 

平成(今上陛下)の御代になりもう30年近くなります。

時がたつのは早いなと改めて実感します。

 

また、明治150年の節目ですね。

地元氷川神社では、明治天皇陛下ご親祭150年の節目

の今年は盛大にお祝いをしますので、当社でもやれることを

やりたいと思います。

 

今回の年末年始は長野の奥の温泉で家族11人で過ごして

いました。

うちの子たちと甥っ子姪っ子入れて子供が5人になりますので

にぎやかでした。

 

でも僕は仕事をしているほうが数百倍楽で楽しいので

新年の休みは早々に切り上げて今日から仕事です。

 

本当は昨日からしたかったのですが、昨日温泉から帰って

きてバタバタやることがあって今日からになってしまいました。

 

だから、やっと仕事を始められてうれしくてしょうがないです。

仕事のないお盆と年末年始は本当に憂鬱です。

長期休みは元気がなくなります。

いつも早く休みが終わらないかなと仕事が始まるのが

待ち遠しいわけです。

 

今日は早速一年の目標を手帳に書き込しました。

これに二時間くらい費やします。

これは毎年年初のルーティーンで、自分の人生における使命、

人生を通じてなすべき目標、一年の目標、そしてやるべき具体的

業務内容を手帳に書いていきます。

 

人生の使命や目標はほとんど変わらないのですが、毎年同じ

ことを手帳に書きます。

一年の目標はその年々で考え目標設定します。

 

不思議なことに、昨年の手帳を見返したところ、一年前に

書いた目標の七割がた達成していました。

科学的な根拠はわかりませんが、目標をたて、きちんと

自分の字で書くということは目標を達成することに大きく

近づくのではないかと思っています。

 

実は、僕はこの目標を書くというのを高校生のときから

やっていて、当時は、部屋や辞書、教科書等に

「東大合格」というのを書きまくっていました。

それで受かったかどうかはわかりませんが、それなので

目標を書くことにこだわっています。

 

 

 

さて、昨年当社はお陰さまで大きな飛躍を遂げることが

出来ました。

今年は昨年以上のエキサイティングな年にできればと

思います。

 

まずは、3月初旬に、当社東京本部のパシフィックセンチ

ュリープレイス丸の内(PCP)への拡張移転を成功させ、

工事の外販体制やや2支店(拠点)の開設等をやっていきます。

社員数も管理戸数も大きく増えるでしょう。

 

また、事業ではありませんが、奨学金制度(公益財団法人)を

作って発足させます。

 

当社が社会から期待される役割は大きいと実感しています。

その役割に応え、社員を始めとして関係する人々の幸せに

寄与できるよう全力で努めてまいります。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

いいね!した人