ジオターゲティング
2012年01月21日(土) 18時02分50秒

除雪のその後

テーマ:びっくり津軽
青森では、冬になると海に雪を捨てに行き、海に転落し死亡する事故が毎年起こります。どうしてそんな事が起こるかと言いますと、後ろの「あおり板」(荷物が落下しない様に立てる板)を下ろし、バックし急ブレーキをかける事で、雪を下ろそうとするからで、うっかり車ごと海に落ちてしまうわけです。青森港などは排雪場にも指定されていますから、大量の雪が浮かぶ海。…こんな所に落ちてしまえば、ほぼ即死です。

その他にも落雪によって亡くなる人も少なくありません。

ある教会の牧師室-落雪


先日、我が家の屋根から落ちてきた落雪です。こんなのが5、6個落ちてきました。完全に氷塊となっていました。雪落とし中、一寸離れたらその場に落ちてきました。こんなのを頭に受ければ、そりゃあ、死ぬわな…。

この時期、足下に注意をし、上を見ながら歩かなければいけません。


さて、関東や北陸などでは、雪が降って大変だった様ですが、こちらはこの2日ばかり雪が降らず、穏やかな日が続きました。しかし、その一方で、放射冷却現象のためなのか、今シーズン発のマイナス10度以下…。つがる市には観測定点がありません。よって、隣の五所川原市のデータになるのですが、路上の気温表示などの数字がマイナス14度を記録したとか…。

それでも日中は穏やかな天気で、2度ぐらいまでは上がる暖かな日が続きました。

さて、こうなると、今まで積もった雪を何とか処分しようという事になります。如何せん、過去3シーズンと比べても飛び抜けて降雪が多いのですから、その分だけでも何とかしないと去年でもやっとやっとだった保育所は雪で埋もれてしまいます。

と言うわけで、昨日から排雪をしていました。

屋根の雪を落とし、園庭に積んだ雪山を崩し、軽トラックで排雪場まで運びます。…話は簡単なのですが、この作業がとてもきついのです。

一度山にした雪は締まって重くて固い代物。

これをスコップと除雪機を使って切り崩しながら、軽トラックに積み、公園などの指定された排雪場に運び、下ろしてくる訳です。

昨日と今日でこれを十数回繰り返しました。

やっと、5分の1は処分できたかしら。それでも、雪の山に阻まれていた視界が開け、なんか開放的な気分になりました。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年10月25日(火) 07時52分38秒

知らないこと

テーマ:びっくり津軽
先日、ひょんな事から、フジテレビでやっていたポンキッキーズという児童向けの番組を思い出しました。

ウィキペディアフリー百科事典には

フジテレビ系列で1993年10月1日から2001年3月31日及び2005年4月2日から2006年3月25日まで放送された子供向けテレビ番組。<中略>近年では数少ない民放子供番組であり、1973年より長期に渡って放送された『ひらけ!ポンキッキ』の後継番組である。主に就学前教育をメインとしていた前番組から、世代間のコミュニケーションを目的として視聴対象年齢を小学生以上まで広げるとともに、各コーナーやアニメーション、キャラクターなどに現代風のセンスや娯楽色を取り入れた「総合キッズエンターテインメント番組」と銘打ってスタートした。レギュラーおよびゲスト出演者は俳優・ミュージシャン・お笑い・文化人・スポーツ界など多岐にわたり、使用される楽曲も有名ミュージシャンによる幅広い年齢層に向けたものが中心となった。

と紹介されています。

いろいろな試みがなされていて、放映開始当時大学生だった私は、衝撃を覚えたことを記憶しています。

選曲も良く、また、その映像も飛び抜けていた事を思い出します。

斉藤和義の「歩いて帰ろう」



とか、

米米クラブ「Child's days memory」


とか、

和田アキ子「さあ冒険だ」


など覚えている方も多いのではないでしょうか。キーズラインダンスという子供達だけラインダンスも取り入れられたりセンスは飛び抜けていたと思います。

それから、デーモン小暮や、カールスモーキー石井などビックネームも登場していて、民間芸能界の総力を結集して作った児童向け番組というようなものであったように思います。


…で、それを保育所の職員に話すとみんな「?」という顔をするのです。

「あの、ポンキッキーズって、ガチャピンとかいうのと関係ありますか?」


うっかりしていました。

青森はフジテレビ系列の放送局がないんでした。つまり、青森の子供達は、今に至るまで幼児向け番組は「お母さんといっしょ」「いないいないばあ!」などに代表されるNHK教育番組しか見ていないわけです。

それじゃあ、話は通じない…orz

良いものがあったとしても、その存在さえ知らない地域というのが日本のあちこちに、しかも県単位で存在するんだという現実を見せつけられた次第。そう言えば離島や山間部などは、下手をすればBSしか見る事のできない地域というのがあるはずです。こんな所にも地域間格差が見られるとは思っていませんでした。

さて、私が懐かしく思い出していたのは、キーズラインダンス。

なんと、DVDになって発売されていました。


ポンキッキーズ21 キーズラインダンス [DVD]/出演者不明

¥3,000
Amazon.co.jp

早速買いました。

25分のDVDですがとても懐かしく、また、今見ても感動するDVDです。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2011年08月02日(火) 11時10分56秒

天才児の誉れ?

テーマ:びっくり津軽
我が家の子供達が燃えに燃えた地元つがる市のねぷた祭り。

最終日、息子も娘も、例の灰皿を使ったなんちゃって手振り鉦を手に盛り上がっていました。

その時の映像が、これ。一歳七ヶ月の娘が、見様見真似で手振り鉦を鳴らしています。




この映像、教会員さんの間で大評判。


「凄い、ちゃんと叩けてる!」


娘はちょっとした天才児扱い。


息子も娘も津軽ッ子の積もりなのでしょう。



そう言えば息子は最近、ティッシュペーパーのことを

てぃっす

と言います。

う~む。

津軽ッ子か~~~~(^^;


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2011年07月28日(木) 14時54分38秒

津軽の夏

テーマ:びっくり津軽
さあ、今年もやってきましたネブタの季節。

つがる市では、今日から三日間、ねぶた祭りが行われます。

何と言っても凄いのは、各町内会の有志でねぶたを作ること。寄付を集め、腕に覚えのある町内会のメンバーが、春から毎日のようにねぶたの制作に明け暮れています。

今日は市役所向かいの松の館にねぶたが勢揃いして、喧嘩囃子の共演が行われます。

ただ、心配なのは雨。

みんなヤキモキしながら、空を見上げているでしょう。



当然、我が家の子供達も、気分は朝からねぶた祭りです。少子化のせいか、息子にも同級生が、「私の所のねぶたに出ようよ」とお誘いを欠けてくれました。今年は、ちょっとおめかしさせて、町内会のねぶたについて歩けるようにお願いしました。

娘は生まれも津軽っ子。息子も気分は津軽っ子。

この二泊三日は保育園の園児たちにとっても、夢のような三日間。お陰で、保育園では寝不足と疲労がたたって機嫌が悪くなります。


でも、年に一度のこと。

目一杯楽しみましょう。



ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年03月03日(木) 16時32分26秒

地吹雪再び

テーマ:びっくり津軽
今日は久しぶりの日中氷点下。地吹雪も起こりました。

買い出しに出た時、面白い景色に合いました。

地吹雪の境目です。

ある教会の牧師室


ある教会の牧師室


ある教会の牧師室


画面左側、建物の向こうは真っ白ですね。右側には青空も見えています。

地吹雪は、左から右に進行しています。

この後、私もこの地吹雪に突っ込むことになりました。

でも、これも、今シーズン最後ではないかと…。


そう思えば、ちょっと名残惜しい感じもします。

春はそこまで来ています。

三寒四温。


明後日には、また暖かくなるそうです。

皆さんの所、春はどこまでやってきましたか?



ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2010年07月02日(金) 17時58分32秒

お地蔵さん

テーマ:びっくり津軽
先日、所要で通りがかったところにあるお地蔵さん。

ある教会の牧師室-2010070217570000.jpg


しっかりとお化粧してあり、なんか、生きているような雰囲気さえある。


しかも前掛けには、十字が…。


これを、キリスト教の影響と考えた人たちもいたようで、隠れキリシタンの遺跡だとか、もっとビックリはのは、イエスが日本までやってきたなんて考えた人もいたそうです。戸来村なんかの話もそうですね。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年04月19日(月) 12時21分35秒

罰当たり?

テーマ:びっくり津軽
津軽に限らず、田舎にはこういう農産物の無料販売所があります。「何でも一袋100円」と横には書いてありますね。規格外の野菜などを置いて、小遣い稼ぎをしているのでしょう。

ある教会の牧師室-2010040516470000.jpg


今日はリンゴが一袋4個入りで販売されていました。リンゴは息子の大好物。買って行くとしましょう。



あれ?


なんか書いてある…。

ある教会の牧師室-2010040516470001.jpg



「お金を払わないで持っていく人は事故に気をつけて下さい 神より」


それにしても、なんとも謙遜な神様の言い回し…(^^;

神様が「罰を当てるぞ」、ではなくて、「そんなヤツは私は守りませんよ。」とでもいうような意味かしら?


こんな田舎でも持ち逃げはいるようです。

そんな現代を嘆くべきなのか、それとも、そうされてもなお、こういう形で表現する田舎のおおらかさを誇るべきなのか…。


でも、きちんと買った私さえ、楽しくなったことは確か。




農家の現実は厳しいです。特にこの春の異常気象はいろいろな農業に打撃を与えそうです。農家一人ひとりが守られますようにと祈らないではいられません。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年02月05日(金) 17時07分09秒

地吹雪

テーマ:びっくり津軽
地吹雪…地元では、地吹雪になることを「吹く」と使います。

「あ、吹いてきた」と言えば、「地吹雪になってきた」と言う意味です。

地吹雪体験ツアーが一月の終盤から始まりましたが、むしろ天気が良かったりでなかなか体験できないのが毎年の悩みだそうですが、

ある教会の牧師室-2010020515520000.jpg


今シーズン、一番すごい地吹雪です。信号待ちにパチリ。これでもまだ見える方でした。今日、地吹雪体験ツアーに参加された人たちは念願が叶ったものと思われます。

気温もぐんと下がり、日中にも氷点下7度。こんな吹雪の中でも郵便配達のバイクが走り回っていますし、小、中、高校生は歩いて下校しています。恐るべし、津軽!!さらに、自転車に乗っている人もいます。すごいぞ津軽人!!

そして、以前は気にならなかった北海道の天気予報が気になるようになりました。内陸部にいたっては氷点下20度!!以前は、凄過ぎて現実感がなかったんですね。でも、ちょっと近い環境を味わっているからこそ、「なんだ、津軽が寒いなんていっていられないぞ、頑張っている人がいるんだ!!」って思えるのだと気付きました。

以前、八甲田にある開拓集落の話を八甲田伝道所で聞きました。行方不明者が出れば集落を挙げて捜索をしたそうですし、また、近隣が支えあって厳しい季節をやり過ごしたと言う話を聞きました。

車に乗っていると、余りの過酷な様子に、耳を真っ赤にし、顔を手で覆いながらて歩いている通行人を見かけると思わず「乗っていきませんか?」と声を掛けたくなります。でも、そんな素朴な思いが中々難しい世の中です。こんな時、助け合いの姿は、その地方によって違うべきなのだと改めて思わされます。

今、地域の中でも人間の関係がズタズタになっていると言う話をよく聞きます。

「郷に入れば郷に従え」と昔からよく聞きますが、それは生活の苦楽を共にするということ。逆に言えば生活を共にしないのであればそこには、何の同情も思いやりも生まれないでしょう。「たとえ郷に入っても、従う郷はそこに無し」なんて現実が今の日本の姿なのかもしれません。

東北地方では最近、「いつもの挨拶だって防災になる」というACジャパン(旧名称は公共広告機構)のコマーシャル(http://www.ad-c.or.jp/campaign/self_area/02/index.html)をやっているのですがそれを見て、本当にその通り!と思わされました。やっぱり、大切なことは単純なことの繰り返しと再確認なんだと…。社会においてそれは、共に生きている実感に裏打ちされた挨拶が基本なのだと思わされるのです。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年01月27日(水) 21時17分49秒

出れるもんなら…

テーマ:びっくり津軽
今日は気温が6度ぐらいまで上がって、相当雪が解けました。それでも、明日の夜からはまた雪が降るという事のようです。雪が降れば除雪はしなければいけないのは同じ事です。それより何より解けると逆に滑って危険です。「乾いた氷は滑らない」とスタッドレスタイヤのコマーシャルで言っていましたが、解けるという事は、「濡れた氷」があちこちに出現する訳です。

ところで、今日、駐車場の奥の方ですごい事になっている車を発見しました。

ある教会の牧師室-P1001128.jpg


真ん中をよく見て下さい。車が雪の中に埋まっています。もはや、完全に雪解けするまで脱出もできません。他にも見かけたことがあります。

最初から動かすつもりがないのか、それともうっかり閉じ込められてしまい諦めているのか、どっちにしてももはや、春まで動かす事もできませんね。それどころか、車にたどり着くのも大変でしょうけど…。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年01月16日(土) 11時11分49秒

新記録??

テーマ:びっくり津軽
大雪だと騒いでいますが、テレビのニュースで、新潟のこと(http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/7965.html)を知ったら、そんな騒ぐことでもないか…と思ってみたりしながら、日々の除雪に勤しんでおります。

木造は雪は降りますが、さらさらの雪、地吹雪になれば飛んで行きます。吹き溜まりなどに沢山雪がたまっていたりもしますが、一番大変なのは除雪機が置いていった雪です。除雪機からこぼれた雪が凍って押しつぶされてカチカチになって、道端に高さ50センチほどの山になって残されます。これを除けなければ車も出せません。

それから、寒さが厳しいところでは、冬は頭上にも注意しましょう。ツララや雪が落ちてきます。下に人がいたら危険です。ですから道具を使って屋根の雪やツララを落とします。

さてはて、娘が生まれてから、夜の授乳もありますので、夜も暖房しています。で、今年は、屋根からの落雪は少ないのですが、そうすると出来るのが、これ、見事なツララです。

ある教会の牧師室-2010011610250000.jpg


このところ、日中でも氷点下、昨日はマイナス6度でした。。暖房の熱で屋根の雪がゆっくりと溶け、ツララを作ります。まるでサメの歯みたい。よく見ると、風に吹かれて曲がっているツララもありますね。


その中でも圧巻は、これ。

ある教会の牧師室-P1001122.jpg

左側のは、もうすぐ地面に付きそうです。下には大量の雪で物理的に回りこめないため、このツララは成長するに任せることになりそうです。さて、どうなるか。楽しみでもあり、恐怖でもあり…。



ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。