ジオターゲティング
2005年01月21日(金) 16時49分25秒

性犯罪の再犯防止??

テーマ:犯罪
性犯罪者の再犯防止が今、テレビニュースで盛んに論議されています。なぜ彼らは、再度罪を犯すのかと言うことと、どうしたら再犯を食い止めることができるかがだいたいの焦点のようです。被害者に対する感情などが極度に欠落しているそうです。でも、ここに問題があります。これは、何も性犯罪に限ったことではありません。その筋では、刑務所に行ったこと自体に箔がつく世界だってあるってことです。どうしてそうなるのでしょうか。要は、教育なのでしょう。再犯うんぬんよりも本当は、罪を犯す者を出さないことこそが求められているのではないでしょうか。

教育とは、何も学校の先生たちだけがするものではない。むしろ親や近しい存在の者しかできない教育というものもあるのです。巷では、教育の崩壊が言われています。

でも教育と言うときに二つの意味合いが存在するはずなんです。一つは、学力、技術の伝授…もう一つは、隣人を愛する人間としての基本を教えるもの。これは相矛盾するものだ。学校や塾などで教えるものは、学力や技術で、学校も塾もそれに特化してきたはずでした。逆に言えば「生き方」は学校で教えるべき事柄ではないのです。

「こどものにおいで判るんです…今日もいっぱい遊んだねって」というコマーシャルがあります。すごく子供のことを理解している父親の姿として、表現されているのだろうと思います。でも時々保育園の手伝いをしたりもする私にとっては、チャンチャラおかしくってと言う感じがします。確かに子供たちは保育園で先生や友達を相手に力一杯遊んでいます。でも、その子が1,2歳なんです。しょうがないのかもしれません。でも、保育園にいると判るんです。「夕べは寝るのが遅かったのね」とか「お父さん、お母さんの帰りは遅かったのね」という会話が保育士たちの間で交わされています。保育士たちこそ…親よりも…子供たちのことを理解しているのです。それこそ教育の危機ではないかと思います。

親や保護者の最大の努めは、子供たちに生き方を教えること…。学校でも、保育園でも先生と呼ばれる人々は、最大限の努力をしてそれを教えようとしますが、親にかなう訳はないのです。「親と先生、どっちとる?」と子供たちに問えば当然、大多数の子供は、親を選ぶわけですから…。

保育園に入れるのが悪いのではありません。しかし、保育園に入れたからと言って親の務めはなくなるわけではないのです。親たち一人一人が、自分の子供を罪を犯させないように守り育てていくことこそ、大切なことなのではないかと思います。

再犯防止も確かに重要なのですが、しかし、これ以上再犯を犯す可能性をもった初犯者をが出ることを私たちはどのように食い止めるかということが論議されない以上、再犯の度に凶悪性を増すという悪循環は基本的に断ち切れないと思うのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年01月21日(金) 16時34分54秒

はじめまして。

テーマ:ブログ
はじめまして。
私は34歳の牧師でございます。
新婚の妻と猫2匹とで教会に暮らしています。
教会で暮らす生活ってどんなものだと思います?
どんな人の生活でもそうだと思いますが、
教会での生活だって良い部分と良くない部分があります。
教会にはいろんな人が来ます。
人生に行き詰まった人、病気に悩む人、寂しい人、子供、大人…
そんな人たちの行き交う人生の一つの交差点が教会です。
ここでは、他とは違う日常をご紹介できればって思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。