ジオターゲティング
2017年04月16日(日) 07時54分44秒

社会をどうする?

テーマ:ブログ

資本主義社会では、リーダーには賞味期限がある。
 

リーダーは自分の生存をかけて社会を守らなければならないからだ。

それは、長期間そこにとどまることを意味するのではなく、自分がリーダーになって気がついたリソースの欠けを補うために任期を区切るということ。その人がリーダーから外れてからこそ、その人がリーダーであったことの価値が現出する。


つまり、リーダーそのものも一つのこなさなければならないキャリアに過ぎないということ。


もし、仮にその職位に満足し、天職だと思い、そこに長く留まることを許されてしまえば、組織の大小に関わらず傲慢にもなるし、独裁も自ずから求めてしまう。


キャリアは半自動的に次に譲っていかなければならないものなのだし、だからこそ、その組織の構成員は、誰がリーダーになっても、たとえ、リーダーがいなくても動くことができるようにキャリアの構築を求められる。

コンプライアンスとガバナンスの構築は、そのようなスタイルを構築すること。


それが市民教育と言われるものであるし、それが義務教育の必要性にも繋がる。

アメリカ市民はその辺をしっかり理解している。

何も、日本がアメリカ流になれという話ではない。でも、アメリカに追従する限り、私たちは「真の資本主義社会」になるために、今まで保ってきたことを捨てることをこれまで以上に求められるのは受け入れるしかない。

もし、それが嫌なら、私たちは人間というものの罪深さに向き合いながら自分達で自分達を処するやり方を、紡ぎださねばならない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ちばさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。