ジオターゲティング
2016年12月04日(日) 09時02分13秒

当たり前にはありがとう

テーマ:説教

 当たり前が当たり前じゃなくなると、私たちはとても大きな混乱に陥ることは衆知の通りですが、当たり前って当たり前じゃ無いんだということを最近、しみじみと感じております。当たり前は、長い間をかけて形作られるものです。そして、その長い間には、多くの人たちの途方もない努力が存在しています。無論、その当たり前を維持するためにも多くの人たちが人知れず努力を重ねています。そんな人たちの事を私たちは知る由もありません。少しだけ垣間見ることができるとすれば、それはお金の動きということになるかも知れません。

 

 「当たり前」の語源を調べると「当然の当て字で当前となった」という説と「一人当たりの分け前のこと」という説があるそうで、どちらにしても「当然=まさにそうするべし(本当にそうあるべき)」という単語と重なったのであろうと思います。微妙なニュアンスで考えれば「当然」は与える方で「当り前」は受ける方という感じで広まったようですね。そう考えれば、今私たちが言う「当り前」は、受ける方としての自覚が強く働いていると言うことが言えます。しかし、その一方で私たちはお互いに授受を繰り返す社会の一員であるわけですから、与える方にも目を向けなければいけません。平和は当り前が狂う中で崩れていきます。お金の動きは、それを如実に示しています。

 

 デフレと言われ久しい昨今ですが、デフレとは「デフレーション」の略で、経済の解説では「簡単に言えば物やサービスの値段が下がっていくこと」です。でも、心理的には逆で「お金の価値が上がっていくこと」であろうと思います。何としてもお金を掻き集めようとして、安売り合戦が始まりますし、その結果、将来の需要までも食いつぶしてしまいます。その一方で、多くの人々は将来への不安や備えからお金を溜め込み始めます。

 

 たとえ一千万円の貯金があったとしても来年クビになるかも知れないと思えばお金を使うことなんてできないわけですから、なるべく倹約して少しでもお金を蓄えようと必死になるでしょう。つまり「世の中は金が全て」と多くの人が思い始めるとデフレは起こります。当たり前は崩れ去り、その崩れたところに人々は殺到します。

 

 こうなってくると当たり前は当たり前として機能しなくなります。当たり前が当たり前ではなくなりますので、分かりやすい金銭の授受に人々の関心はさらに集中していきます。当たり前は当たり前では無いので、色々なことにお金が必要になってきます。そして「お金が無ければいきていけない」ということが当たり前だということになると更にデフレは進行していきます。

 

 当り前とは、私たちが黙々と重ねる努力ということができます。私たちそれぞれが当り前のことを常に意識しつつ、互いに感謝を持って生きていくことによって日本が日本であり続けられるのです。

 

 「ありがとうございます」と笑顔で言うと、相手は笑いながら「いえいえ、当然のことをしたまでですよ」と答える、こんなやりとりが実は世界を支えていたのです。ヨセフとマリアを馬小屋に泊めた宿屋だってこう言ったでしょう。「ありがとう」と言う感謝の言葉はその「当たり前」と言う行為が、多くの人々の努力によって成り立っていることを忘れないための呪文のようにも思えてきます。皆様のお働きに主の祝福がありますように祈っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。