ジオターゲティング
2016年08月23日(火) 17時12分03秒

消えるお手伝い

テーマ:ブログ

「子供の育ちを保証する」ことはなんと難しいものなのだろうと思います。

 

自分が子供の頃に当たり前だったものが、当たり前ではない時代、しかし、その一方で、「現代の当たり前」が子供の育ちを奪っていることは、まかり間違いようのない事実です。お手伝い一つにしてもそうです。掃除も洗濯も、ボタン一つで終わらせられる世の中になってくると、子供に巡ってくるお手伝いのチャンスが消えるわけです。

 

大人も忙しくなってきましたから、子供に手伝わせるのは非効率的だというふうに思う向きも増えています。そんな中、保育所は第二の家庭としての機能を求められ始めました。

 

園児はみんなお手伝い好きです。

 

「先生、お手伝いしたい」とみんなが訴えてくるのは、そういう理由かなあと思います。生活習慣をはじめとして、様々なことをこれからも経験してもらう努力をしなければいけないと感じています。

AD
2016年08月22日(月) 17時29分24秒

コミュニティーススペースにじの樹

テーマ:ブログ

「保育支援センターにじの樹」内に、妊産婦サロン(仮称)の部屋を確保しました。

コンセプトは以下の通りになります。

 

対象:①妊婦もしくは産後の母親
   ②子育て中の母親

目的:対象者の居場所の確保を前提に、母親同士の情報交換、産前産後の相談支援や情報提供などを行う場所とする。

 

設置にあたって:
つがる市の「子ども子育て支援」の実態は、子供の処遇については、保育料の軽減策や、医療費の中学までの無償化など数多くの支援策が盛り込まれていますが、産前産後の支援については、まだまだやるべきことが山積しています。

 

特に、産前産後については保健師の巡回指導などしか実施されておらず、初産の母親にたいする支援はまだまだ拡充しなければならないと考えています。

 

私事になりますが、転勤族の我が家では、一人目の子供が生まれた時には退院後の生活は試行錯誤の連続でした。病院で数回練習しただけで、授乳や沐浴などを退院したその日から行うことは相当勇気のいることでもありました。

 

そのような経験から、産休入りしたお母さんたちの居場所の確保と伴奏支援の必要性を実感し、妊産婦を中心にした母親のコミュニティースペースとするべく、この部屋を整備しました。

 

なるべく早期の正式運用を考えておりますが、現在は、上記コンセプトを実現するために、試用期間として解放してまいります。お近くにお越しの際は、ぜひお寄りいただければ幸いです。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。