ジオターゲティング
2016年06月06日(月) 06時11分44秒

情けは自分の為なり

テーマ:説教
皆さんは自分は幸せだと思っているでしょうか?それとも自分は不幸せだと思っているでしょうか?それはどうしてでしょうか?よくよく考えてみれば、幸せも不幸せも「他人と比べて」という話か、そうでなければ、「過去と比べて」という話で判断するのではないかと思います。よく、不幸に見舞われたとき、「私は何もしていないのになんでこんな目に合わなければいけないのだ」と口走るのは、そんな現実からなのだろうと思います。その一方で、幸運だなあと感じるときだって、子供が生まれたとか、恋人ができたなど相手があることによって味わえる感情です。

よく知られた「情けは人の為ならず」は、最近誤用が後を絶たない慣用句の一つとして紹介されますが、じゃあ、正解は?と問うと「「情けは人の為ではない、(巡り巡って)自分のためなのだ」という意味づけが一般的に言われています。でも、この「巡り巡って」はどこから現れたのでしょう。
 古語の文法に照らして考えても、本来は「人の為なり(古語:「だ・である」という「断定」の意)+ず(打消)」、すなわち「他人のためではない」となるわけです。そして、それは「自分のためだ」という意味に転換されます。

じゃあ情けとはそもそもなんでしょうか?辞書で調べると「1 人間味のある心。他人をいたわる心。人情。情愛。思いやり。2 男女の情愛。恋情。また、情事。いろごと。3 風情。おもむき。あじわい。 4 もののあわれを知る心。風雅を解する心。風流心。」とあります。つまり、情けとは、その人らしさを表すものであり、情けとは自分の心そのものなのです。

「あの人は情け深い」と褒める言葉がありますが、それは、立ち居振る舞いに心が籠っている人に対する褒め言葉です。逆に言えば、「薄情」という言葉は、立ち居振る舞いが場当たり的で自己中心的な人を指す言葉です。これを容れて、現代語に直訳すれば、「心は人のためにあるのではない」となり、転じて「心は自分のためあるのだ」ということになります。自分が自分であるために心はあると考えれば、「情けをかける」ことは自分が自分であるためにやってしまう行為と言うことになります。イエスは「サマリア人の喩え」の中で、情けをかけることを「隣人となる」と教えました。

先だって、イジメを受けた子に対して、同級生の女の子が二人、「今度は私たちが助けるから早く学校に来てね」と手紙を出した話を耳にしました。いい話だなあと思う一方で、この二人の女の子の決意が見えてきました。多分、彼女たちは、イジメの現場に遭遇しても止められなかったことを悔いていたのでしょう。そして「今度同じようなことがあったらは私たちが助ける」と決意をしたからこの手紙を出すことができたのでしょう。

私たちは、出会いの中で、心を成長させていきます。多くの人々との歩みの中にあって、ある時には喜び、ある時には怒り、ある時には哀しみ、ある時には楽しみ、そうやって、自分の心が育てられてきたことを知るでしょう。「情けは人の為ならず」はそのような歴史を背負っている自覚の上に立ち、自分の過去を否定しない強さを持って行うからこそ、そう言い切れるのだと思います。「情けは人の為ならず」とは、実は「自分が自分であるための、プライドをかけた行い」であり、自分の心を磨き続けることなのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。